89件中 41 - 50件表示
  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た冤罪

    第二の帝銀事件として世間から騒がれたこの事件で、被疑者として逮捕・起訴された奥西勝(おくにし まさる、事件当時35歳、1926年1月14日 - 2015年10月4日)は、刑事裁判で死刑判決が確定していたが、冤罪であるとの主張と、支援者らによる合計9回にわたる再審請求、再審請求中は刑の執行が行われないことから、死刑判決確定後、死亡するまでの43年にわたり確定死刑囚のまま収監され続け、刑が執行されることなく89歳で獄死した。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た判決 (日本法)

    第二の帝銀事件として世間から騒がれたこの事件で、被疑者として逮捕・起訴された奥西勝(おくにし まさる、事件当時35歳、1926年1月14日 - 2015年10月4日)は、刑事裁判で死刑判決が確定していたが、冤罪であるとの主張と、支援者らによる合計9回にわたる再審請求、再審請求中は刑の執行が行われないことから、死刑判決確定後、死亡するまでの43年にわたり確定死刑囚のまま収監され続け、刑が執行されることなく89歳で獄死した。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た逮捕

    第二の帝銀事件として世間から騒がれたこの事件で、被疑者として逮捕・起訴された奥西勝(おくにし まさる、事件当時35歳、1926年1月14日 - 2015年10月4日)は、刑事裁判で死刑判決が確定していたが、冤罪であるとの主張と、支援者らによる合計9回にわたる再審請求、再審請求中は刑の執行が行われないことから、死刑判決確定後、死亡するまでの43年にわたり確定死刑囚のまま収監され続け、刑が執行されることなく89歳で獄死した。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た八王子医療刑務所

    奥西は2012年6月に肺炎を患って体調が悪化、名古屋から八王子医療刑務所に移送され、人工呼吸器を装着して寝たきりの状態になっていた。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た山添村

    名張毒ぶどう酒事件(なばりどくぶどうしゅじけん)とは、1961年(昭和36年)3月28日の夜、三重県名張市の実質飛地と奈良県山辺郡山添村に跨がる葛尾(くずお)地区の公民館で、酒席で振る舞われたぶどう酒(ワイン)に、毒物(農薬・ニッカリンT)が混入され、そのぶどう酒を飲んだ女性17人が中毒し、5人が死亡した大量殺人事件。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た自白

    その後、重要参考人として「三奈の会」会員の男性3人を聴取する。3人のうち、1人の妻と愛人が共に被害者だったことから、捜査当局は、「三角関係を一気に解消しようとした」ことが犯行の動機とみて、奥西を追及。4月2日の時点では自身の妻の犯行説を主張していたが、4月3日には農薬混入を自白したとして逮捕された。逮捕直前、奥西は名張警察署で記者会見に応じた。しかし、逮捕後の取り調べ中から犯行否認に転じる。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見たクローズアップ現代

    クローズアップ現代「揺らぐ死刑判決 〜検証・名張毒ぶどう酒事件〜」(NHK総合テレビ、2010年4月8日放送)1名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た公民館

    名張毒ぶどう酒事件(なばりどくぶどうしゅじけん)とは、1961年(昭和36年)3月28日の夜、三重県名張市の実質飛地と奈良県山辺郡山添村に跨がる葛尾(くずお)地区の公民館で、酒席で振る舞われたぶどう酒(ワイン)に、毒物(農薬・ニッカリンT)が混入され、そのぶどう酒を飲んだ女性17人が中毒し、5人が死亡した大量殺人事件。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た被疑者

    第二の帝銀事件として世間から騒がれたこの事件で、被疑者として逮捕・起訴された奥西勝(おくにし まさる、事件当時35歳、1926年1月14日 - 2015年10月4日)は、刑事裁判で死刑判決が確定していたが、冤罪であるとの主張と、支援者らによる合計9回にわたる再審請求、再審請求中は刑の執行が行われないことから、死刑判決確定後、死亡するまでの43年にわたり確定死刑囚のまま収監され続け、刑が執行されることなく89歳で獄死した。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た弁護人

    1993年に名古屋高裁が異議申立の棄却、4月に弁護団が最高裁に特別抗告。1997年に最高裁が特別抗告の棄却、同年に第5次再審請求の棄却、1998年10月に名古屋高裁が第6次再審請求を棄却、弁護団が異議申し立て、1999年9月に名古屋高裁が異議申立の棄却、弁護団が最高裁に特別抗告、2002年4月に最高裁が特別抗告の棄却。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

89件中 41 - 50件表示

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード