60件中 41 - 50件表示
  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た名古屋拘置所

    2010年3月上旬、名古屋拘置所で面会した特別面会人によれば、再審開始決定された布川事件や、再審無罪が確実視されていた足利事件などに触れた際、奥西は、「布川や足利はよかった。私も最高裁決定に非常に期待している」と述べたという。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た豊橋事件

    過去の死刑求刑事件では土田・日石・ピース缶爆弾事件、豊橋事件が一審で殺人に関して無罪となり、事実上無罪判決が出ているが、別件の軽微な事件で有罪となっているため、記録上は有罪判決となっている。土田・日石・ピース缶爆弾事件は一審、二審と続けて無罪判決が出て検察が上告を断念して、豊橋事件は一審無罪判決で検察が控訴断念をしてそれぞれ無罪判決が確定している。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た村八分

    事件当時の葛尾は娯楽に乏しく、総会に際して行われる宴会は数少ない楽しみの一つだった。その最中に起こった惨劇は地域社会に疑心暗鬼を生んだ。奥西が逮捕された当初は、「犯人が特定された」という安堵により、むしろ奥西の家族にも愛の手をさしのべようという呼び掛けが行われた。しかし、奥西が否認に転じたことを知ると、家族への迫害が始まった。家族には一切口をきかず、家には投石された。果ては夕食中の被告宅に被害者遺族が押しかけ「土下座して謝れ」と詰め寄る事もあったという。こうした村八分の結果、家族が葛尾を去ると、何者かによって共同墓地にあった奥西の家の墓が暴かれ、墓地の外にうち捨てられた。葛尾は、事件当時、人口100人程度の集落であった。奥西が無罪であった場合、葛尾の中に真犯人がいる可能性が高いと思われたため、地域の「和」に再び波風を立てる結果になることを恐れたのである。一方、小さな集落が全国区で話題になったことへの反発もあった。その結果、奥西の無罪の可能性について公言することは憚られる状況になっているという。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た名張市

    名張毒ぶどう酒事件(なばりどくぶどうしゅじけん)とは、1961年3月28日の夜、三重県名張市葛尾(くずお)地区の公民館で起きた毒物混入事件。5人が死亡し、「第二の帝銀事件」として世間から騒がれた。逮捕・起訴され、容疑者の奥西勝(おくにし まさる)は死刑判決が確定している。日本弁護士連合会が支援する再審事件である。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た異議申立

    1993年に名古屋高裁が異議申立の棄却、4月に弁護団が最高裁に特別抗告。1997年に最高裁が特別抗告の棄却、同年に第6次再審請求の棄却、1998年10月に名古屋高裁が再審請求を棄却、弁護団が異議申し立て、1999年9月に名古屋高裁が異議申立の棄却、弁護団が最高裁に特別抗告、2002年4月に最高裁が特別抗告の棄却、同年に第7次再審請求。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た中華青年会館殺人事件

    本事件は最高裁判所の記録に残る1958年以降では中華青年会館殺人事件、熊本県玉名市家族殺傷事件、宮崎県三ヶ所村雑貨商一家強盗殺傷事件に続く死刑求刑での無罪判決であり、その後死刑求刑事件で一審で無罪判決は出ていなかったが、2005年に北方事件において約40年ぶりとなる一審での無罪判決が出た。その後、一審判決順に高岡暴力団組長夫婦射殺事件、広島保険金目的放火殺人事件、土浦一家3人殺害事件、鹿児島高齢夫婦殺害事件、平野母子殺害事件と7件で死刑求刑事件で一審段階で無罪判決が出ている。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た自判

    これに対し、弁護側が、2007年1月4日、最高裁に特別抗告したところ、最高裁は2010年4月5日付決定で、犯行に用いられた毒物に関し「科学的知見に基づき検討したとはいえず、推論過程に誤りがある疑いがある。事実解明されていない」と指摘し、再審開始決定を取り消した名古屋高裁決定を審理不尽として破棄し、審理を名古屋高裁に差し戻した(類似の事件はここ)。田原睦夫裁判官は、同最高裁決定で補足意見として、「事件から50年近くが過ぎ、7次請求の申し立てからも8年を経過していることを考えると、差し戻し審の証拠調べは必要最小限の範囲に限定し、効率よくなされるべき」と述べている。翌日に弁護団は「第7次再審請求最高裁決定についての弁護団声明」を、また同じ日に日本弁護士連合会(会長・宇都宮健児)は「名張毒ぶどう酒事件第7次再審請求最高裁決定についての会長声明」で、「既に重大な疑いが存在することは明らか」であるから原決定を取り消したうえで最高裁の判断で再審開始決定すべきだったと述べ、差し戻ししたことを「遺憾である」と批判した。また、日本国民救援会(会長・鈴木亜英)も、2010年4月7日付の会長声明「名張毒ぶどう酒事件第7次再審最高裁決定について」で、「『再審開始のためには確定判決における事実認定につき合理的な疑いを生ぜしめれば足りる』という1975年の白鳥決定の見地からすれば、差戻しによってさらに審理を継続させることなく、自判して、再審開始決定を確定させるべきであった」と述べている。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た中京テレビ放送

    NNNドキュメント「裁きの重み 名張毒ブドウ酒事件の半世紀」(中京テレビ制作、2006年11月26日放送)名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た高岡暴力団組長夫婦射殺事件

    本事件は最高裁判所の記録に残る1958年以降では中華青年会館殺人事件、熊本県玉名市家族殺傷事件、宮崎県三ヶ所村雑貨商一家強盗殺傷事件に続く死刑求刑での無罪判決であり、その後死刑求刑事件で一審で無罪判決は出ていなかったが、2005年に北方事件において約40年ぶりとなる一審での無罪判決が出た。その後、一審判決順に高岡暴力団組長夫婦射殺事件、広島保険金目的放火殺人事件、土浦一家3人殺害事件、鹿児島高齢夫婦殺害事件、平野母子殺害事件と7件で死刑求刑事件で一審段階で無罪判決が出ている。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た佐賀女性7人連続殺人事件

    本事件は最高裁判所の記録に残る1958年以降では中華青年会館殺人事件、熊本県玉名市家族殺傷事件、宮崎県三ヶ所村雑貨商一家強盗殺傷事件に続く死刑求刑での無罪判決であり、その後死刑求刑事件で一審で無罪判決は出ていなかったが、2005年に北方事件において約40年ぶりとなる一審での無罪判決が出た。その後、一審判決順に高岡暴力団組長夫婦射殺事件、広島保険金目的放火殺人事件、土浦一家3人殺害事件、鹿児島高齢夫婦殺害事件、平野母子殺害事件と7件で死刑求刑事件で一審段階で無罪判決が出ている。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード