89件中 61 - 70件表示
  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た仮処分

    2005年4月5日、名古屋高裁(第1刑事部・小出錞一裁判長)は再審開始を決定した。同時に死刑執行停止の仮処分が命じられた。王冠を傷つけずに開栓する方法がみつかったこと、自白で白ワインに混入したとされる農薬(ニッカリンT、有機リン系の殺虫剤、TEPP(テップ)剤の一種)が赤い液体だと判明したこと、残ったワインの成分からしても農薬の種類が自白と矛盾すること、前回の歯形の鑑定にミスがみつかったことなどが新規性のある証拠だと認めた。なお、小出錞一は2006年2月に依願退官した。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た日本弁護士連合会が支援する再審事件

    当事件を題材とした出版物、ドキュメンタリー番組、テレビドラマも多く制作されたが、そのほとんどが、当事件は冤罪であるとの立場に立ったものである。日本弁護士連合会が支援する再審事件である。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た白鳥事件

    これに対し、弁護側が、2007年1月4日、最高裁に特別抗告したところ、最高裁は2010年4月5日付決定で、犯行に用いられた毒物に関し「科学的知見に基づき検討したとはいえず、推論過程に誤りがある疑いがある。事実解明されていない」と指摘し、再審開始決定を取り消した名古屋高裁決定を審理不尽として破棄し、審理を名古屋高裁に差し戻した。田原睦夫裁判官は、同最高裁決定で補足意見として、「事件から50年近くが過ぎ、7次請求の申し立てからも8年を経過していることを考えると、差し戻し審の証拠調べは必要最小限の範囲に限定し、効率よくなされるべき」と述べている。翌日に弁護団は「第7次再審請求最高裁決定についての弁護団声明」を、また同じ日に日本弁護士連合会(会長・宇都宮健児)は「名張毒ぶどう酒事件第7次再審請求最高裁決定についての会長声明」で、「既に重大な疑いが存在することは明らか」であるから原決定を取り消したうえで最高裁の判断で再審開始決定すべきだったと述べ、差し戻ししたことを「遺憾である」と批判した。また、日本国民救援会(会長・鈴木亜英)も、2010年4月7日付の会長声明「名張毒ぶどう酒事件第7次再審最高裁決定について」で、「『再審開始のためには確定判決における事実認定につき合理的な疑いを生ぜしめれば足りる』という1975年の白鳥決定の見地からすれば、差戻しによってさらに審理を継続させることなく、自判して、再審開始決定を確定させるべきであった」と述べている。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た特別抗告

    1993年に名古屋高裁が異議申立の棄却、4月に弁護団が最高裁に特別抗告。1997年に最高裁が特別抗告の棄却、同年に第5次再審請求の棄却、1998年10月に名古屋高裁が第6次再審請求を棄却、弁護団が異議申し立て、1999年9月に名古屋高裁が異議申立の棄却、弁護団が最高裁に特別抗告、2002年4月に最高裁が特別抗告の棄却。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た検察

    1964年12月23日、第一審・津地方裁判所(小川潤裁判長)は、検察側の死刑求刑を退け、奥西に無罪判決を言い渡した。津地裁は判決理由で、自白の任意性を否定しなかったが、目撃証言から導き出される犯行時刻や、証拠とされるぶどう酒の王冠の状況などと奥西の自白との間に矛盾を認め、同日、奥西は釈放された。検察側はこの判決を不服として、名古屋高等裁判所に控訴した。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た宴会

    事件当時の葛尾は娯楽に乏しく、総会に際して行われる宴会は数少ない楽しみの一つだったとされた。奥西が逮捕された当初は、「犯人が特定された」という安堵により、むしろ奥西の家族をサポートしようという呼び掛けが行われたとされた。しかし、奥西が否認に転じたことを知ると、集落ぐるみで家族への迫害や差別が始まったとされた。こうした村八分の結果、家族が葛尾を去り市内に転居すると、これを口実に共同墓地にあった奥西の家の墓は墓地隣接の畑に一基だけ追い出されたとされた。奥西へ死刑判決が下った後に犠牲者慰霊碑が建立された。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た布川事件

    2010年3月上旬、名古屋拘置所で面会した特別面会人によれば、再審開始決定された布川事件や、再審無罪が確実視されていた足利事件などに触れた際、奥西は、「布川や足利はよかった。私も最高裁決定に非常に期待している」と述べたという。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た肺炎

    奥西は2012年6月に肺炎を患って体調が悪化、名古屋から八王子医療刑務所に移送され、人工呼吸器を装着して寝たきりの状態になっていた。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た村八分

    事件当時の葛尾は娯楽に乏しく、総会に際して行われる宴会は数少ない楽しみの一つだったとされた。奥西が逮捕された当初は、「犯人が特定された」という安堵により、むしろ奥西の家族をサポートしようという呼び掛けが行われたとされた。しかし、奥西が否認に転じたことを知ると、集落ぐるみで家族への迫害や差別が始まったとされた。こうした村八分の結果、家族が葛尾を去り市内に転居すると、これを口実に共同墓地にあった奥西の家の墓は墓地隣接の畑に一基だけ追い出されたとされた。奥西へ死刑判決が下った後に犠牲者慰霊碑が建立された。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た小法廷

    2013年10月16日、最高裁判所第1小法廷(桜井龍子裁判長)は名古屋高等裁判所の再審取り消し決定を支持し、第7次再審請求にかかる特別抗告について棄却する決定を下した。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

89件中 61 - 70件表示

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード