前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
257件中 1 - 10件表示
  • 本庄川

    本庄川から見た名水百選名水百選

    本庄川(ほんじょうがわ)は宮崎県の小林市、東諸県郡綾町・国富町、宮崎市を流れ大淀川に注ぐ一級河川である。綾北川と合流する国富町からの上流域では綾南川とも呼ばれ、上流及び綾北川合流点周辺は九州中央山地国定公園の区域であり、名水百選、水源の森百選 - 綾の照葉樹林、「21世紀に残したい日本の自然百選」- 綾渓谷の照葉樹林、森林浴の森百選 - 九州中央山地国定公園綾地区にも選定されている。また、照葉樹林都市・綾として水の郷百選に選定されている綾町を形成する川である。本庄川 フレッシュアイペディアより)

  • 桂葉清水

    桂葉清水から見た名水百選名水百選

    桂葉清水(かつらはしみず)は、宮城県栗原市高清水長福寺26にある桂の木の大木の根元から湧き出る湧水であり、1985年(昭和60年)名水百選のひとつに選定された。地元では「かつらっぱ」と親しまれて呼ばれている。桂葉清水 フレッシュアイペディアより)

  • 名水

    名水から見た名水百選名水百選

    1985年(昭和60年)3月、環境庁水質保全局(当時)によって「名水百選」が選定された。また、2008年 (平成20年) 6月には、環境省水・大気環境局によって新たに「平成の名水百選」が選定された。重複はなく、合わせて200選となる。名水 フレッシュアイペディアより)

  • 白川 (熊本県)

    白川 (熊本県)から見た名水百選名水百選

    白川(しらかわ)は、熊本県中北部を流れる一級河川。一級水系白川の本流である。水源は環境省により、名水百選に指定されている。白川 (熊本県) フレッシュアイペディアより)

  • 奥豊後

    奥豊後から見た名水百選名水百選

    大野川の上中流域にあたるこの地域は、阿蘇山系、九重山系、祖母・傾山系といった九州を代表する山岳に囲まれており、これらの山々から湧き出す豊富な良水に恵まれ、名水百選に選ばれた白山川や竹田湧水群をはじめとする清流や湧水に富んでいる。また、河川が作り出す奇観が各所に見られ、多くの名瀑を擁する。さらに、豊かな水を農業に利用するために中世から近代にかけて造られた水利施設が数多く残っている。奥豊後 フレッシュアイペディアより)

  • 紀三井寺

    紀三井寺から見た名水百選名水百選

    伽藍は山の中腹にあって、境内から和歌山市街を一望できる。山内に涌く三井水(吉祥水・清浄水・楊柳水)は、「名水百選」に選ばれている。また、境内は関西一の早咲き桜として知られており、観桜の名所として名高く、日本さくら名所100選にも選ばれている。紀三井寺 フレッシュアイペディアより)

  • 龍泉洞

    龍泉洞から見た名水百選名水百選

    また、地底湖は龍泉洞地底湖の水として1985年(昭和60年)名水百選のひとつに選定された。龍泉洞 フレッシュアイペディアより)

  • 屋久島

    屋久島から見た名水百選名水百選

    こうした条件により、豊富な流水や湧水に恵まれ、1985年、宮之浦岳流水は名水百選に選ばれている。また、2007年、日本の地質百選にも選定された。屋久島 フレッシュアイペディアより)

  • 彦根市

    彦根市から見た名水百選名水百選

    1985年(昭和60年)3月:彦根市西今町563番地(旧・犬上郡十王村)の湧水「十王村の水」が環境庁(現・環境省)の「名水百選」(昭和の名水百選)に入選する。彦根市 フレッシュアイペディアより)

  • 国分寺市

    国分寺市から見た名水百選名水百選

    市域の大部分を占める高台上の平坦地である武蔵野台地と、国分寺崖線を境に一段低い立川台地、および高台を刻んで流れる野川上流の谷でできている。国分寺崖線は「ハケ」とも呼ばれ、大昔立川台地の形成期に多摩川が武蔵野台地を浸食してできた浸食崖である。上流は武蔵村山市残堀付近から始まり、市内西町5丁目(高さ約5m)、光町1丁目(高さ約11m) 、西元町(高さ約12m)及び東元町1丁目と南町の境(高さ約16m)へと続き、さらに野川の東岸に沿って大田区丸子橋付近まで伸びている。また、「お鷹の道・真姿の池湧水群」(名水百選に選定)と言われる湧水群があり、ハケ下の野川に流れ込んでいる。国分寺市 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
257件中 1 - 10件表示

「名水百選」のニューストピックワード