271件中 11 - 20件表示
  • 島本町

    島本町から見た名水百選名水百選

    水無瀬神宮 - 客殿と茶室が国の重要文化財に指定、境内の湧き水「離宮の水」は名水百選に選出、また石川五右衛門がつけたといういわれのある手形が門の右手上に残っている。この手形は、石川五右衛門が盗みに入ろうとしたが、神威により入れなくて、逃げ去る時、付けたと言われている。島本町 フレッシュアイペディアより)

  • 国分寺市

    国分寺市から見た名水百選名水百選

    市域の大部分を占める高台上の平坦地である武蔵野台地と、国分寺崖線を境に一段低い立川台地、および高台を刻んで流れる野川上流の谷でできている。国分寺崖線は「ハケ」とも呼ばれ、大昔立川台地の形成期に多摩川が武蔵野台地を浸食してできた浸食崖である。上流は武蔵村山市残堀付近から始まり、市内西町5丁目(高さ約5m)、光町1丁目(高さ約11m) 、西元町(高さ約12m)及び東元町1丁目と南町の境(高さ約16m)へと続き、さらに野川の東岸に沿って大田区丸子橋付近まで伸びている。また、「お鷹の道・真姿の池湧水群」(名水百選に選定)と言われる湧水群があり、ハケ下の野川に流れ込んでいる。国分寺市 フレッシュアイペディアより)

  • 安曇野

    安曇野から見た名水百選名水百選

    1985年(昭和60年)環境庁(当時、現・環境省)が指定した名水百選に選定されるとともに1995年(平成7年)3月には国土庁から水とロマンあふれる安曇野として水の郷百選の認定を受けた。安曇野 フレッシュアイペディアより)

  • 赤穂市

    赤穂市から見た名水百選名水百選

    のちに忠臣蔵として語り伝えられることとなる赤穂事件ゆかりの地である。毎年12月14日には赤穂市最大の催しとして赤穂義士祭が行われている。古くから塩田(入浜式塩田・揚浜式塩田・流下式塩田)が栄え、生産されている塩は「赤穂の塩」として全国に流通している。市の中心部を流れる、千種川(名水百選)の豊富な水系に恵まれた赤穂市は水道料金(簡易水道を除く家庭用水道料金)が国内で一番安い。400年前(1616年)に敷設され、現在でも市内の随所にその遺構が残る赤穂上水は、神田上水(東京都)福山上水(広島県)と並んで日本三大上水道(江戸三大上水道)のひとつに数えられる。平成24年2月、赤穂市は「健康とスポーツを新機軸としたスポーツ先進都市」の実現を目指すため「スポーツ都市」とすることを宣言している。赤穂市 フレッシュアイペディアより)

  • 千歳市

    千歳市から見た名水百選名水百選

    市域は東西に長く広がっており、面積は594.5 km?。西部は山岳地帯で支笏洞爺国立公園になっている。市街地は石狩平野南部に位置しており、標高15 m前後の低地である。千歳飛行場付近には日本国内で最も低い標高25 m前後の分水嶺がある。東部は馬追丘陵がある丘陵地帯になっている。豊かで清澄な水資源に恵まれており、ナイベツ川湧水(内別川)の水は「名水百選」に認定されているほか。2009年(平成21年)には「ちとせのしゃっこい水」として市内で販売された、支笏湖は湖沼の水質ランキングで度々日本一になっている。支笏湖湖畔には温泉(支笏湖温泉・支笏湖いとう温泉・丸駒温泉)がある。千歳市 フレッシュアイペディアより)

  • 屋久島

    屋久島から見た名水百選名水百選

    こうした条件により、豊富な流水や湧水に恵まれ、1985年、宮之浦岳流水は名水百選に選ばれている。また、2007年、日本の地質百選にも選定された。屋久島 フレッシュアイペディアより)

  • 彦根市

    彦根市から見た名水百選名水百選

    3月:彦根市西今町563番地(旧・犬上郡十王村)の湧水「十王村の水」が環境庁(現・環境省)の「名水百選」(昭和の名水百選)に入選する。彦根市 フレッシュアイペディアより)

  • 蕎麦

    蕎麦から見た名水百選名水百選

    地産そば粉と名水百選にも選ばれている磐梯西山麓湧水群の天然水を使用した蕎麦。磐梯そばの知名度向上と地域活性化を目的として2007年に磐梯町で「第13回日本そば博覧会 in 会津・磐梯」が開催された。蕎麦 フレッシュアイペディアより)

  • 寄居町

    寄居町から見た名水百選名水百選

    また、1985年(昭和60年)に環境庁(現在の環境省)から「風布川(ふうぷがわ)・日本水(やまとみず)」が名水百選、1995年(平成7年)には国土庁(現在の国土交通省)から町全域が水の郷百選、林野庁からは「日本水の森」が水源の森百選、2006年(平成18年)には鉢形城が財団法人日本城郭協会から日本100名城の認定を受けている、豊かな自然と歴史を有する町でもある。寄居町 フレッシュアイペディアより)

  • 西条市

    西条市から見た名水百選名水百選

    西条市は、国の名水百選にも選出されている「うちぬき」と呼ばれる自噴水(地下水)やカブトガニなどで広く知られる。市が力を入れて取り組んで来た、製造業を中心とする産業振興方針を今も継承し、同市の工業出荷額は四国の市町村の中でも上位に位置する金額である。2000年代前半においては製造品出荷額などにおいて四国最大を誇っていた時期もあったが、その後今治造船や日本食研などを擁する今治市や、番の州臨海工業団地を擁する坂出市に抜かれ、2009年時点では四国3位になっている。臨海部には国内最大級の今治造船のドックを有する。西条市 フレッシュアイペディアより)

271件中 11 - 20件表示

「名水百選」のニューストピックワード