味の素 ニュース&Wiki etc.

味の素株式会社(あじのもと)は、日本の食品企業である。「味の素」は、同社が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料で、同社の登録商標(登録番号第34220号他)。同社の製品には「味の素KK」のブランドが表記されていることが多いが、実際の英文表記はAjinomoto Co., Inc.である。 (出典:Wikipedia)

「味の素」Q&A

  • Q&A

    いろんな料理に味の素をかけてしまいます。 まさに「白い粉依存症」のような感じですが、…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年12月1日 08:49

  • Q&A

    卵焼きを作るときに味の素を入れますよね?

    [続きを読む]

    回答数:13質問日時 - 2016年11月27日 22:23

  • Q&A

    味の素を肉じゃがに使います?

    [続きを読む]

    回答数:15質問日時 - 2016年11月24日 16:24

「味の素」マーケット概況 / 関連情報

チャート

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「味の素」のつながり調べ

  • ミッキーマウス

    ミッキーマウスから見た味の素

    日本にミッキーマウスが紹介されたのは「蒸気船ウィリー」が公開された翌年の1929年のことで阪和電気鉄道(現在のJR阪和線)が1935年頃に発行した「天恵の楽園」砂川遊園(1940年閉園)のパンフレットのキャラクターに用いられていた。日本オリジナルのミッキーマウス関連の楽曲として、1934年には「ミッキー・マウスの結婚」(作詞:佐伯孝夫 作曲:加藤しのぶ 歌:平井英子 & 藤山一郎)、1935年頃には「ミッキーマウス」(歌:望月誠)などが発表された。子年だった1936年には、ミッキーマウスを描いた年賀状などの葉書が見受けられており、都市部ではかなり知名度が高かったと思われる(その後子年にちなんで2008年の年賀はがきにミニーマウスと共にデザインとして印刷された)。また、この年の元旦の大阪朝日新聞にはミッキーマウスが描かれた味の素の新聞広告が掲載された。慶應義塾大学の旧マスコットキャラクターであった。慶應義塾のシンボル(ミッキーマウス フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・NSR250R

    ホンダ・NSR250Rから見た味の素

    また、MC18からは上位グレードとしてSP(Sports Production)が限定リリースされた。これらはマグネシウムホイールと乾式多板クラッチ('89)が装備され、'88NSR SPには、ロードレース世界選手権 (WGP) GP500クラスで活躍するワークスチーム、ロスマンズ・ホンダレーシングのNSR500と同じ「ロスマンズカラー」、'89NSR SPには、WGP GP250クラスで活躍するワークスチーム、味の素・ホンダレーシングの清水選手の「味の素テラカラー」軽量のマグネシウム製ホイールや高効率の乾式多板クラッチを標準装備した2サイクル・スーパースポーツバイク「ホンダNSR250 SP」が、それぞれ用意された。(ホンダ・NSR250R フレッシュアイペディアより)

「味の素」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「味の素」
地図情報

「味の素」のニューストピックワード