652件中 101 - 110件表示
  • 小原秀一

    小原秀一から見た味の素味の素

    代表作に『Qoo』、『ごはんがススムくん』、『MEMORIES 大砲の街』など。小原秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 中華料理店症候群

    中華料理店症候群から見た味の素味の素

    MSGが最初に工場で生産され、製品化されたのは1900年代の日本で、理学博士の池田菊苗が創業した味の素株式会社によるものであった。1950年代になるとアメリカ合衆国では社、キャンベル社、社、リビー社、ゼネラルフーズ社など多数の食品メーカーが製品にMSGを利用し始め、アメリカでもMSG自体がスーパーマーケットで販売されるようになった。中華料理店症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 麻婆春雨

    麻婆春雨から見た味の素味の素

    当時永谷園の開発企画室長であった能登原隆史をぶらぶら社員として任命し、日本だけではなく、世界中を旅行、レストラン・料理店を食べ歩くうちに、春雨と豚肉、たけのこ、きくらげ、ピーマンを使用した惣菜、『麻婆春雨』を開発する。1981年(昭和56年)11月から九州地方で先行発売。発売後、月商1億円の売り上げを達成し、西日本、信越まで販売地域を拡大。永谷園の『麻婆春雨』はヒットし、のちの『チャーハンの素』や『すし太郎』の開発のノウハウ、販売するきっかけになっているという。永谷園の麻婆春雨は1983年(昭和58年)には和田アキ子のCMで爆発的ヒットし、年売上7億となる。1988年(昭和63年)には、年10億円、1994年には年13億の売り上げとなる。1997年(平成9年)には年30億円の売り上げを達成するも、このころになると、類似商品が市場に進出している。同年にはケンミン食品の『麻婆ビーフン』に対して販売差し止めの裁判も起こしている。1999年(平成11年)には味の素から『ごはんがススムくん 麻婆春雨』、丸美屋食品工業から『春雨シリーズ』、が発売されている。麻婆春雨 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立栄養短期大学

    神奈川県立栄養短期大学から見た味の素味の素

    食物栄養科:栄養士及び食品関係の研究員など食に係る業務に就く人が多いものとなっていた。森永乳業・味の素・キリンビバレッジ・日清医療食品・雪印乳業・永谷園・日清製油・ニチロ・日本製粉・協和醗酵工業・資生堂・理研など一般企業や各種医療機関や学校給食など多岐にわたっていた。専門職以外では、日本電気・キヤノン・佐川急便などがある。神奈川県立栄養短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内康雄

    堀内康雄から見た味の素味の素

    東京都出身。國學院大學久我山高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。味の素株式会社に3年間勤務の後、1991年ミラノ・ヴェルディ国立音楽院へ留学。堀内康雄 フレッシュアイペディアより)

  • 嵯峨公元

    嵯峨公元から見た味の素味の素

    嵯峨 公元(さが きんもと、大正11年(1922年)1月12日 - 平成10年(1998年)10月26日)は、日本の華族。嵯峨実勝の子。母は浜口容所(吉右衛門)の娘の尚子(ひさこ)。嵯峨家31代当主。長姉が嵯峨浩(愛新覚羅溥傑妃)。ほかに姉に池見啓子、福永泰子、町田幹子(詳細は嵯峨実勝を参照)。息子に嵯峨実充。東京大学を卒業し陸軍に入り、終戦時は陸軍少尉。1941年、杉並の邸宅を鈴木三郎助(味の素創業社長)に売却し、横浜市港北区日吉に移住する。嵯峨公元 フレッシュアイペディアより)

  • 道面豊信

    道面豊信から見た味の素味の素

    道面 豊信(どうめん とよのぶ、1888年4月9日 - 1981年3月8日)は、日本の実業家。元味の素社長。広島県広島市仁保島本浦(現南区本浦)出身。道面豊信 フレッシュアイペディアより)

  • 木口千佳

    木口千佳から見た味の素味の素

    テレビCM:『mamaごはん』(2010年6月17日公開、味の素木口千佳 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ブレッスン・フォー

    ザ・ブレッスン・フォーから見た味の素味の素

    お歳暮に味の素(味の素ザ・ブレッスン・フォー フレッシュアイペディアより)

  • 河西りえ

    河西りえから見た味の素味の素

    味の素「クノールふんわりたまごスープ」河西りえ フレッシュアイペディアより)

652件中 101 - 110件表示

「味の素」のニューストピックワード