508件中 21 - 30件表示
  • 中山 美穂

    中山美穂から見た味の素味の素

    2007年から集英社の女性月刊誌『LEE』でエッセイの連載を開始した。同年コカコーラ社の缶コーヒージョージアや味の素のCMにも出演。また、夫とツーショットで女性誌にも登場した。中山美穂 フレッシュアイペディアより)

  • ミニ番組

    ミニ番組から見た味の素味の素

    YOSHI!SPO!VITAL!(味の素提供) ※終了ミニ番組 フレッシュアイペディアより)

  • 石川 雅宗

    石川雅宗から見た味の素味の素

    味の素 『アミノバイタル』 - (2003年)石川雅宗 フレッシュアイペディアより)

  • 杉真理

    杉真理から見た味の素味の素

    いとしのテラ/BACKSTAGE DREAMER(7インチアナログシングル・CBSソニー・1984年4月21日)…『いとしのテラ』:テラ【TERRA】(味の素がかつて発売していたスポーツドリンク)CMソング杉真理 フレッシュアイペディアより)

  • カルピス

    カルピスから見た味の素味の素

    カルピス本社は、東京都渋谷区に所在している。2012年(平成24年)10月に味の素が保有していた全株式をアサヒ飲料等を傘下に持つアサヒグループホールディングスに譲渡され、同社の完全子会社となった。カルピス フレッシュアイペディアより)

  • 安藤 聖

    安藤聖から見た味の素味の素

    味の素 「Do you know umami?/おいしさの真ん中にうま味篇」(2008年)安藤聖 フレッシュアイペディアより)

  • 五木ひろし

    五木ひろしから見た味の素味の素

    1976年、猪俣公章の作曲による第三弾「愛の始発」は、最高位10位、登場週数21週、25万枚を超える売上げを記録。この年の勝負作として投入した「北酒場」は、森進一「襟裳岬」のヒットに触発された形で“フォークの神様”と評価されていた岡林信康を作曲に迎え、五木が初めて取り組んだフォーク作品であるが、最高位13位、登場週数17週、15万枚を超える程度の売上げを記録するに留まり、期待されたほどの大きな成果を収めることはできず。五木は人気者であったにも拘らず、これまでテレビのコマーシャル・メッセージ(CM)に出演したことがなく、“CM最後の大物”との異名をとるほどに稀有な存在であったが、ついに「味の素」バラエティギフトのCMに出演。その契約金は当時、歴代最高額と云われている。「旅人」はCMソングとして発売されたものであり、ヒットさせることを目指した作品ではないため、テレビ歌謡番組等では積極的に披露してはいない。原点へ立ち返るとして、久々に平尾昌晃を作曲に起用した「どこへ帰る」は最高位16位、登場週数19週、15万枚を超える売上げを記録。ラスベガス公演をラスベガス・ヒルトンに於いて興行。「どこへ帰る」で第2回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭ゴールデングランプリを初受賞。かねてより日本レコード大賞歌唱賞と日本歌謡大賞放送音楽賞をそれぞれ十年連続して受賞することを最大の目標として掲げていただけに、記録がともに途絶えてしまったことで、五木と関係者等はそのショックに拉がれる。第27回NHK紅白歌合戦では「愛の始発」で2年連続2回目となる白組トリを務める。五木ひろし フレッシュアイペディアより)

  • 7月25日

    7月25日から見た味の素味の素

    1908年 - 池田菊苗が「グルタミン酸塩を主成分とする調味料製造法」(後の味の素)の特許を取得。7月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 観月 ありさ

    観月ありさから見た味の素味の素

    味の素 『クノール カップスープ』(1994年 - 1995年)観月ありさ フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀市

    佐賀市から見た味の素味の素

    また、諸富町の味の素九州工場も古くから立地している主力の地場企業である。諸富町は対岸の福岡県大川市と並んでたんすを主とする家具産業も盛んで、多くの中小企業が集まっており地場産業となっている。また久保田町には1923年操業開始の王子マテリア佐賀工場が立地している。佐賀市 フレッシュアイペディアより)

508件中 21 - 30件表示

「味の素」のニューストピックワード