前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
360件中 1 - 10件表示
  • 味の素

    味の素から見たJ-オイルミルズ

    提携事業:油脂(J-オイルミルズ)、かつおぶし(ヤマキ)味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たカルピス

    1991年(平成3年) - カルピス食品工業(現:カルピス)の第三者割当増資を引き受け、味の素グループ傘下におさめる。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見た協和発酵キリン

    食用グルタミン酸ナトリウム生産の先駆けである味の素社は当初小麦などのグルテンを加水分解することによって生産していた。しかし、コストが非常に高くつくため、石油由来成分(アクリロニトリルなど)による合成など様々な手法が試みられた。しかし協和発酵工業(現・協和発酵キリン)によりグルタミン酸生産菌が発見され、これに廃糖蜜(サトウキビもしくはトウモロコシやキャッサバから砂糖を搾り取った残滓)あるいは米などをエネルギー源として与え発酵させてグルタミン酸を得る手法が安全性、コスト面において優れていることから、現在ではこのグルタミン酸生産菌による発酵法が主流となっている。発酵過程でビオチンを阻害するなどの、グルタミン酸生産菌のグルタミン酸生産を活性化する添加剤や、窒素源(硫酸アンモニウムなど)、発泡を調整する薬剤(消泡剤)が加えられる。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たやしきたかじん

    M10 - テレビ朝日の深夜番組。当時の番組内において、レギュラーMCを務めていたやしきたかじんが「味の素事件」を起こし降板した経緯がある(「M10 (テレビ番組)」「やしきたかじん」もそれぞれ参照)。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たSMAP

    SMAP(クノールカップスープ)味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たアサヒグループホールディングス

    2012年(平成24年)10月 - カルピスの全株をアサヒグループホールディングスに譲渡(2016年1月に同社子会社のアサヒ飲料へ吸収合併され機能子会社化)。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見た関西テレビ放送

    1909年(明治42年)の発売当初は、新製品だったことに加え、なかなか売れずに苦戦を強いられたが、鈴木が販売促進のために大阪に出掛けたところ、うどんが食文化として定着していたことや、またうどんの出汁を昆布で取ることから、昆布のうま味成分を抽出した味の素は格好の市場となり、鈴木は大阪市内のうどん屋や高級料亭などに向けて、味の素を売り込みに回ると共に、大阪で大きな足掛かりを築き、これがその後の味の素の評判につながることになる。また「大阪の食文化への貢献」もあり、1996年(平成8年)には「ほんだし うどんおでんだし」(通称・どんでん、現在は販売終了)の発売に際し、吉本興業の所属タレント・坂田利夫をテレビCMに起用したり、1993年(平成5年)には「ほんだし かつお・こんぶだし」のテレビCMには吉本興業所属のタレント・間寛平が出演した。また関西テレビの制作で関西ローカルで放送された「素のよしもと」のスポンサーを担当するなど、今日に至るまで吉本興業との関係が続いている。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たハウス食品グループ本社

    3月 - 味の素物流の100%子会社だった北海道エース物流の全株式を当社およびカゴメ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社の4社で均等取得して合弁会社化され、F-LINEに商号変更される。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たアサヒ飲料

    2012年(平成24年)10月 - カルピスの全株をアサヒグループホールディングスに譲渡(2016年1月に同社子会社のアサヒ飲料へ吸収合併され機能子会社化)。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たメルシャン

    メルシャン - 味の素が筆頭株主だったが、麒麟麦酒(キリンホールディングス)がTOB(味の素も賛同・参加)により2007年(平成19年)7月に事業子会社化。2013年(平成25年)1月にキリンホールディングスの中間持株会社で綜合飲料会社のキリン株式会社の傘下へ移行。味の素 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
360件中 1 - 10件表示