360件中 91 - 100件表示
  • 味の素

    味の素から見た日医工

    みんなのニュース(2017年10月-、日医工から引き継いだ)味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たモンデリーズ・インターナショナル

    8月 - アメリカゼネラルフーヅ社(後の旧クラフトフーズ、現在のモンデリーズ・インターナショナル)との合弁で味の素ゼネラルフーヅ株式会社(現:味の素AGF株式会社)を設立味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たカゴメ

    3月 - 味の素物流の100%子会社だった北海道エース物流の全株式を当社およびカゴメ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社の4社で均等取得して合弁会社化され、F-LINEに商号変更される。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見た味の素AGF

    8月 - アメリカゼネラルフーヅ社(後の旧クラフトフーズ、現在のモンデリーズ・インターナショナル)との合弁で味の素ゼネラルフーヅ株式会社(現:味の素AGF株式会社)を設立味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たプリマハム

    プリマハム - 味の素が大株主味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見たギャバン (香辛料販売)

    ギャバン - 子会社であったが、2016年(平成28年)6月にハウス食品グループ本社のTOBに応じ保有全株式を売却。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見た武田薬品工業

    「うま味調味料」には「ハイミー」(味の素)、「シマヤだしの素」(シマヤ)、「フレーブ」「日東味の精」(ヤマサ醤油)、「いの一番」(武田薬品工業→武田食品工業→武田キリン食品→キリンフードテック→キリン協和フーズ→MCフードスペシャリティーズ)、「ミタス」(旭化成→日本たばこ産業→富士食品工業)、「味楽」(新進)、「グルエース」(キリン協和フーズ→MCフードスペシャリティーズ)、「味元」(韓国・大象)、「味全」(台湾・味全食品工業)などがあり、類似商品・商標に対して法的手段に訴えたこともある。「ハイミー」はリボヌクレオタイドナトリウム(呈味性ヌクレオチド)の含有量を8%にまで引き上げた派生商品である。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見た太田出版

    1997年(平成9年)に商法違反事件が発覚し、総会屋に対し利益供与を行っていたとして、担当社員が起訴された。起訴事由の供与金額は1千万円ほどだったが、実際には1億円もの金額が動いたという説もあり、経営陣の関与も取りざたされた。当時は、大手証券会社などが同様の事案で次々と立件され社会問題となっていたが、同社は国民生活に密着した企業だけに、イメージダウンは大きかった。「ちゃんとちゃんとの味の素」というキャッチフレーズを使用したテレビCMの放送が中止され(公共広告機構(現:ACジャパン)に差し替え)、日本テレビ系の「ごちそうさま」などメインスポンサーを務めていた番組が打ち切りになった。当時、同社で総会屋対策に当たっていた石神隆夫が『汚れ役 -「味の素総務部」裏ファイル』(太田出版)という本を出版している。味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見た双日

    1912年 - 合資会社鈴木商店に社名変更(双日などの前身の鈴木商店とは無関係)味の素 フレッシュアイペディアより)

  • 味の素

    味の素から見た伊藤ハム

    伊藤ハム - 2008年(平成20年)に業務提携。伊藤ハム米久ホールディングス傘下。味の素 フレッシュアイペディアより)

360件中 91 - 100件表示