前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 胡弓

    胡弓から見た和楽器和楽器

    thumb|胡弓(右)和楽器であり、多くのものは3本の弦を持ち(4本のものなどもある)、ほぼ三味線を小型にした形をしている。素材も三味線とほぼ同じで、現在では棹に紅木 (こうき) 、紫檀 (したん) 、普及品には花梨 (かりん)が使われ、胴は花梨で、皮は猫または犬、弦 (糸) は絹製である。三味線と大きく異なるのは駒で、設置する位置も全く違うが、作りや材質も大きく異なっている。弓は紫檀、花梨、竹などを用い、漆が塗られることもある。弓の棹は中央部が毛側に向けてやや湾曲し、つまり内向きにわずかに反っているものが多い。これは弓に弾力を持たせるためで、現代のヴァイオリンと同じである。たいていは中央部で二つに分解できるようになっている。細部の仕様は流派、個人により異なる。毛は円筒状に束ねた馬尾毛である。これは取り外しができ、手元側に紐が付けられ、それを弓の棹に取り付けられた金属の小さな輪に結わえて留める。三曲系で使われる弓は長いものが多く、毛の長さ70センチメートル、全長1メートルを超えるものも珍しくない。また毛の量も非常に多く、それを緩やかに張るのが特徴である。流派によっては手元に大きな絹製の房をつける。いっぽう民謡系で使用される弓は非常に短く、棹も細い。毛の量もごくわずかであり、世界的に見ても同じ楽器で種目によりこれほど弓に大きな差があるものは珍しい。音楽としては、胡弓楽、地歌、義太夫節などで用いられる。「三曲」のひとつであり、三曲合奏の構成楽器の一つ。また日本の民謡で、特に北陸から関西にかけて使用されるほか、各地の民俗芸能や一部の宗教において演奏される。特徴として、弾く弦を変えるために弓ではなく本体を回す。胡弓 フレッシュアイペディアより)

  • 音孔

    音孔から見た和楽器和楽器

    音孔(おとあな、おんこう)は、音の高さを変えるために管楽器(気鳴楽器)の管の側面に穿たれた孔。トーンホール、指穴(ゆびあな)とも呼ぶ。もともとは「笛」に分類される原始的な小型木管楽器の側面に開けられた、指で押さえる(ふさぐ)穴のことで、「指孔」「手孔(しゅこう)」とも呼ばれる。和楽器や民族楽器に分類される単純な笛では、現在でも「指穴」の呼称が一般的である。音孔 フレッシュアイペディアより)

  • HARP ON MOUTH SEXTET

    HARP ON MOUTH SEXTETから見た和楽器和楽器

    テノリオン奏者として活動している京都の電子音楽家RUBYORLA(ルビオラ)を中心とし、日本の伝統音楽を伝統和楽器を全く用いず独自の手法で演奏する電子音楽プロジェクト。2000年に結成。HARP ON MOUTH SEXTET フレッシュアイペディアより)

  • 鶴亀 (山田耕筰)

    鶴亀 (山田耕筰)から見た和楽器和楽器

    山田耕筰は日本の作曲家の中で西洋のクラシック音楽を学んだ第一世代であり、日本で初めて交響曲とオペラを作曲した人物である。山田は1921年に作曲した交響曲『明治頌歌』で西洋楽器と和楽器(篳篥)を用い、クラシック音楽と邦楽の融合を目指した。『鶴亀』はその路線の集大成である。鶴亀 (山田耕筰) フレッシュアイペディアより)

  • 古典楽器

    古典楽器から見た和楽器和楽器

    日本の古典楽器の詳細は和楽器を参照。古典楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 太古の響き

    太古の響きから見た和楽器和楽器

    太古の響き(たいこのひびき)は、栃木県足利市在住の陶芸家・篠崎孝司が創作した和楽器群の総称。太古の響き フレッシュアイペディアより)

  • MODERN VISION (原田真二のアルバム)

    MODERN VISION (原田真二のアルバム)から見た和楽器和楽器

    ジャズ/ダンス/ブラック/ポップ・ロック/シティ・ポップス/&和楽器の融合など、様々な要素のポップサウンドを場面に合わせて展開している。MODERN VISION (原田真二のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 伝統工芸品

    伝統工芸品から見た和楽器和楽器

    伝統工芸品(でんとうこうげいひん)は、一般的には日常生活の用に供され、手工業により製造される織物、染色品、陶磁器、漆器、木工品、竹工品、金工品、仏壇、仏具、和紙、文具(筆、墨、硯、そろばん)、石工品、人形、郷土玩具、扇子、団扇、和傘、提灯、和楽器、神祇調度、慶弔用品、工芸用具、工芸材料などを指す。しかし、明治時代以降、工業的な大量生産を取り入れたものもあり、用具や材料は日常において用いられないものもあることから、厳密に定義することは難しい。伝統工芸品 フレッシュアイペディアより)

  • 鳳凰が舞う

    鳳凰が舞うから見た和楽器和楽器

    コントラバスのメロディーから曲が始まる斬新な形となっている。その後、京都の印象を和楽器なども利用しながら表現している。最後のクライマックスでは、鳳凰の印象を表現している。鳳凰が舞う フレッシュアイペディアより)

  • 鯉沼廣行

    鯉沼廣行から見た和楽器和楽器

    1967年に国立音楽大学を卒業し、はじめリコーダー奏者として活動していた。後、和楽器の横笛に惹かれるようになり、六代目福原百之助(現:四代目寶山左衛門)に篠笛と能管を師事した。1977年に最初の横笛リサイタルを開いて以来、フィンランド、中華人民共和国、ロシア、アメリカ合衆国、ブルガリア、フランス、イタリア、エストニアといった海外を含め、各地で横笛の演奏活動を行っている。CDも多い。鯉沼廣行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「和楽器」のニューストピックワード