119件中 11 - 20件表示
  • Chie

    Chieから見た邦楽器和楽器

    日本の女性邦楽器演奏家3名によるバンド、Rin'のメンバーの1人。新井智恵を参照。Chie フレッシュアイペディアより)

  • 厚化粧

    厚化粧から見た和楽器和楽器

    音楽系の発表会では、洋楽系の場合は化粧しない場合が多いが、民謡、和楽器の場合は和服を着る場合が多く、それに合わせて、時には厚化粧になる。歌舞伎舞踊、民謡舞踊の場合は上記の舞台化粧を専門家が化粧する場合が多い。厚化粧 フレッシュアイペディアより)

  • 川村旭芳

    川村旭芳から見た和楽器和楽器

    和楽器ユニット「おとぎ」代表。川村旭芳 フレッシュアイペディアより)

  • 鯉沼廣行

    鯉沼廣行から見た和楽器和楽器

    1967年に国立音楽大学を卒業し、はじめリコーダー奏者として活動していた。後、和楽器の横笛に惹かれるようになり、六代目福原百之助(現:四代目寶山左衛門)に篠笛と能管を師事した。1977年に最初の横笛リサイタルを開いて以来、フィンランド、中華人民共和国、ロシア、アメリカ合衆国、ブルガリア、フランス、イタリア、エストニアといった海外を含め、各地で横笛の演奏活動を行っている。CDも多い。鯉沼廣行 フレッシュアイペディアより)

  • 愛の唄 (新選組リアンの曲)

    愛の唄 (新選組リアンの曲)から見た和楽器和楽器

    前2作と違い、表題曲・カップリングのどちらにも編曲に和楽器が用いられていない。衣装もそれまでの西陣織のものではなく、細身のスーツタイプのもの。次作「色糸」披露の際に森公平が「前作(本作)から印象が変わって、和に戻った」っと言っているように、楽曲・衣装とも和の要素があまりない作品となった。愛の唄 (新選組リアンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • PACIFIC COAST HIGHWAY

    PACIFIC COAST HIGHWAYから見た和楽器和楽器

    PACIFIC COAST HIGHWAY(パシフィック・コースト・ハイウェイ)は1999年結成の日本のロックバンドである。略称はP.C.H、パシコス。地元大阪での活動を経て、2006年に活動拠点を東京へ移す。アコギロックという独自のスタイルを確立。演劇・和楽器・格闘技・アカペラ・クラシック・ダンス等、様々なジャンルとのコラボレーションライブを敢行。現在も精力的に活動中。PACIFIC COAST HIGHWAY フレッシュアイペディアより)

  • 寺嶋陸也

    寺嶋陸也から見た邦楽器和楽器

    オペラから合唱曲まで幅広い作品を作曲している。邦楽器のための作品も多い。寺嶋陸也 フレッシュアイペディアより)

  • quaff

    quaffから見た和楽器和楽器

    誠也の演歌調の歌唱法とロックを融合させたらどうなるのか、という探究心から、楽曲に和の要素が入り始める。きっかけは『歳月の岩』(2002年発表)。ガンター・グングル・ディジュリドゥ・パンデイロ・笛子といった民族楽器の使用による、独特の曲調が特徴。歌詞には古語が多く見られ、啓示的要素を含む楽曲が多い(『舟歌』『IN ME』等)。「和ロック」と称されることがあるが、実際には和楽器の使用は皆無であり、メンバーに和文化を学んだ者はいない。日本人としての日々折々に対する感性や、自らの音楽的バランス感覚によって作られた楽曲という意味も込め、和ロックという言葉の代わりに『ハイブリッド・ジャパニーズ・ロック』という造語が好んで使用された。この頃のバンドコピーには「和とオリエンタルの融合」「独自の世界観とスタイルを貫く」「エモーショナルで繊細な楽曲」といった言葉が並ぶ。quaff フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・マイヤー=フィービッヒ

    トーマス・マイヤー=フィービッヒから見た和楽器和楽器

    作曲活動の中心はパイプオルガンの作品であるが、交響曲、室内楽曲、声楽曲から和楽器のアンサンブル曲等の分野においても創作活動を続ける。トーマス・マイヤー=フィービッヒ フレッシュアイペディアより)

  • PASSAGE (宮野真守のアルバム)

    PASSAGE (宮野真守のアルバム)から見た和楽器和楽器

    和楽器が活躍するR&B風の曲で、日本の侘び寂びが表現されている。PVでは和洋折衷と振袖風の和服の2パターンの衣装を着こなしている。PASSAGE (宮野真守のアルバム) フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示

「和楽器」のニューストピックワード