87件中 21 - 30件表示
  • 現代音楽/地域別の動向

    現代音楽/地域別の動向から見た邦楽器和楽器

    1964年からは邦楽器ブームが起こり、日本の西洋系現代音楽の作曲家の間で邦楽器を使った現代邦楽作品が多数作曲される。特に武満徹の「ノヴェンバー・ステップス」(琵琶、尺八とオーケストラのための)は国際的にも広く認知され、この分野で最も成功を収めた作品である。後には邦楽器ブームは近世邦楽のみならず雅楽の楽器にも広がり、国立劇場の委嘱活動として雅楽の編成を用いた現代雅楽作品が黛敏郎、武満徹、カールハインツ・シュトックハウゼンらにより作曲される。1970年には大阪万博が開かれ、大掛かりなテープ音楽の上演を含む多くの催しが行われた。この万博をもって日本の現代音楽、さらに日本の前衛現代芸術はひとつの頂点を迎える。日本中のゲーテ・インスティチュートで日独現代音楽演奏会が行われていたのも、このころであった。現代音楽/地域別の動向 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・マイヤー=フィービッヒ

    トーマス・マイヤー=フィービッヒから見た和楽器和楽器

    作曲活動の中心はパイプオルガンの作品であるが、交響曲、室内楽曲、声楽曲から和楽器のアンサンブル曲等の分野においても創作活動を続ける。トーマス・マイヤー=フィービッヒ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 道山

    藤原道山から見た和楽器和楽器

    藤原 道山(ふじわら どうざん、1972年 - )は、東京都生まれの尺八演奏家、作曲家。ニックネームは ”和楽器の貴公子"。藤原道山 フレッシュアイペディアより)

  • 厚化粧

    厚化粧から見た和楽器和楽器

    音楽系の発表会では、洋楽系の場合は化粧しない場合が多いが、民謡、和楽器の場合は和服を着る場合が多く、それに合わせて、時には厚化粧になる。歌舞伎舞踊、民謡舞踊の場合は上記の舞台化粧を専門家が化粧する場合が多く、非常に美しい仕上がりになる。バレエの場合は保護者が化粧する場合が多いため、専門家が化粧する場合より、仕上がりにばらつきが見られる場合が多い。厚化粧 フレッシュアイペディアより)

  • HARIO

    HARIOから見た和楽器和楽器

    2003年以降、世界初のガラスのバイオリン、チェロ・ビオラ、世界最大ガラス楽器・ガラスの琴、ガラスのコーンスピーカー、そして2010年には日本伝統和楽器の笛・小鼓・大鼓・太鼓の製作に成功している。ガラス素材は湿気に強く、硬度が高いため、ゆがみが少ないといった特徴があり、特に低音域では迫力の良音を出すことができる。HARIO フレッシュアイペディアより)

  • quaff

    quaffから見た和楽器和楽器

    誠也の演歌調の歌唱法とロックを融合させたらどうなるのか、という探究心から、楽曲に和の要素が入り始める。きっかけは『歳月の岩』(2002年発表)。ガンター・グングル・ディジュリドゥ・パンデイロ・笛子といった民族楽器の使用による、独特の曲調が特徴。歌詞には古語が多く見られ、啓示的要素を含む楽曲が多い(『舟歌』『IN ME』等)。「和ロック」と称されることがあるが、実際には和楽器の使用は皆無であり、メンバーに和文化を学んだ者はいない。日本人としての日々折々に対する感性や、自らの音楽的バランス感覚によって作られた楽曲という意味も込め、和ロックという言葉の代わりに『ハイブリッド・ジャパニーズ・ロック』という造語が好んで使用された。この頃のバンドコピーには「和とオリエンタルの融合」「独自の世界観とスタイルを貫く」「エモーショナルで繊細な楽曲」といった言葉が並ぶ。quaff フレッシュアイペディアより)

  • 砂川憲和

    砂川憲和から見た和楽器和楽器

    砂川 憲和(すながわ・のりかず、1974年6月26日 - 2006年4月22日)は、奈良県出身の演奏家。琴古流の尺八奏者であり、和楽器バンド・ZAN結成時からのリーダーでもあった。砂川憲和 フレッシュアイペディアより)

  • 祭囃子

    祭囃子から見た和楽器和楽器

    使用する楽器は、和楽器である。その中でも笛(篠笛・能管・龍笛など)、和太鼓(中音の打楽器を担当する締太鼓や、低音の打楽器を担当する大太鼓や大胴、そのほか大拍子、団扇太鼓、担ぎ太鼓など)、鉦(摺鉦・当たり鉦、高音の打楽器を担当する)の3種が多いが、地域によっては弦楽器などを取り入れるところもある。また、神輿に太鼓を結びつけ、その太鼓のみを打つ場合もある。また謡が入る場合や木遣り(手古舞)と合わさる場合、掛け声が入る場合もある。祭囃子 フレッシュアイペディアより)

  • 千鳥の曲

    千鳥の曲から見た和楽器和楽器

    のちに、中島雅楽之都(なかしまうたしと(1896年 - 1979年)箏曲家・正派邦楽会の創始者)が、千鳥の曲に合奏できる箏曲『四方(よも)の海』を作曲している。また、何人かの作曲家により、和楽器の合奏用や洋楽器との合奏用に編曲されてもいる。千鳥の曲 フレッシュアイペディアより)

  • THE WORLD (BENNIE Kのアルバム)

    THE WORLD (BENNIE Kのアルバム)から見た和楽器和楽器

    和楽器を取り入れるなど日本を表現した楽曲。THE WORLD (BENNIE Kのアルバム) フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示