119件中 31 - 40件表示
  • Luna (1984年生のシンガーソングライター)

    Luna (1984年生のシンガーソングライター)から見た和楽器和楽器

    琴、三味線、琵琶などの和楽器を用いたハードロック。Luna (1984年生のシンガーソングライター) フレッシュアイペディアより)

  • 鳳凰が舞う

    鳳凰が舞うから見た和楽器和楽器

    コントラバスのメロディーから曲が始まる斬新な形となっている。その後、京都の印象を和楽器なども利用しながら表現している。最後のクライマックスでは、鳳凰の印象を表現している。鳳凰が舞う フレッシュアイペディアより)

  • 怪談 (小泉八雲)

    怪談 (小泉八雲)から見た邦楽器和楽器

    八雲の作品に基づく、全4篇から成るオムニバス映画。第2篇「雪女」と第3篇「耳無芳一の話」は、作品集『怪談』に含まれた短篇によるもの。ちなみに、第1篇「黒髪」は作品集『影』の「和解」を、第4篇「茶碗の中」は作品集『骨董』の「茶碗の中」を原作としている。テープ変調を伴う邦楽器を駆使した武満の音楽・音響がジョルジュ・オーリックやヤニス・クセナキスなど世界的な音楽家達に絶賛された。怪談 (小泉八雲) フレッシュアイペディアより)

  • キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ

    キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつから見た和楽器和楽器

    和楽器を駆使した歌謡的風の楽曲で、赤崎も「ムーディーで懐かしい気持ちになる曲」と語っている。なお合い間には宇宙的な箇所も挿入されている。キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ フレッシュアイペディアより)

  • 見台

    見台から見た邦楽器和楽器

    このように、語り、唄の場合は上演の際に必ず見台を用いるのがしきたりとなっていることが多いが、邦楽器を演奏する際に譜面台として用いるのは、稽古の場合が主で、上演時に使用することは基本的にないといってよい。これは、邦楽においては楽器は暗譜、ことばのパートは本を見ながらという、西洋音楽とは逆の考え方があるからである。なお能楽の上演では、地謡、楽器の両者とも見台を使用しない。見台 フレッシュアイペディアより)

  • ZAN

    ZANから見た和楽器和楽器

    ZAN(ザン)は、日本の音楽バンド。日本の伝統楽器である箏、尺八、篠笛、民謡で音楽活動を行う、和楽器専門のバンド。ZAN フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩琵琶

    薩摩琵琶から見た和楽器和楽器

    昭和に入ると、錦心流から現れた水藤錦穣が筑前琵琶の音楽要素や三味線音楽の曲風を取り入れた「錦琵琶」を創始した。楽器も筑前琵琶を取り入れて五弦五柱を持つよう改良された。その後、錦心流から出た鶴田錦史が五弦五柱をさらに改良するとともに、音楽的にも新しい分野へ飛躍させた。それまで語りの伴奏として用いられてきた琵琶に器楽的要素を大きく取り入れ、語りを伴わない琵琶演奏、西洋楽器やこれまで協奏することのなかった他の和楽器との合奏、また錦心流を基礎とした琵琶歌の改良など斬新なアプローチを行ったのである。鶴田錦史の流れを汲むこの一派を「鶴田流」あるいは「鶴田派」と呼称し、近年、注目を浴びている。薩摩琵琶 フレッシュアイペディアより)

  • WhiteFlame

    WhiteFlameから見た和楽器和楽器

    杵家七三社中の和楽器にるVOCALOID曲のカバーを収録したアルバム。「紅一葉」、「千本桜」を提供。WhiteFlame フレッシュアイペディアより)

  • 芝浜ゆらゆら

    芝浜ゆらゆらから見た和楽器和楽器

    曲のジャンルは演歌だが、収録曲はどちらも和楽器を用いないJ-POPである。芝浜ゆらゆら フレッシュアイペディアより)

  • 一五一会

    一五一会から見た和楽器和楽器

    また、全国に点在する教室などでは三線や三味線の教室に倣ってF-C-F-Cを基本とするところもある。和楽器の性質を持つため、相対音程として「1度-5度…」さえ守られていればよく、その限りで調弦を変えることができる。専用弦を張ってある場合、ゲージ(弦の太さ)との兼ね合いでD-A-D-AぐらいからA-E-A-Eぐらいまで使用可能。一五一会 フレッシュアイペディアより)

119件中 31 - 40件表示

「和楽器」のニューストピックワード