119件中 51 - 60件表示
  • 千鳥の曲

    千鳥の曲から見た和楽器和楽器

    のちに、中島雅楽之都(なかしまうたしと(1896年 - 1979年)箏曲家・正派邦楽会の創始者)が、千鳥の曲に合奏できる箏曲『四方(よも)の海』を作曲している。また、何人かの作曲家により、和楽器の合奏用や洋楽器との合奏用に編曲されてもいる。千鳥の曲 フレッシュアイペディアより)

  • GOGO DEMPA

    GOGO DEMPAから見た和楽器和楽器

    インストゥルメンタル。ファンクに和楽器を散りばめたオリエンタルなテイストと評される。GOGO DEMPA フレッシュアイペディアより)

  • Save Our Soul

    Save Our Soulから見た和楽器和楽器

    アメリカ留学時は有線放送かけっぱなし状態など、積極的に時代との接点を探りつつも、日本人としての個性を取り入れるべく和楽器の音色(琴・和太鼓等)を研究。Save Our Soul フレッシュアイペディアより)

  • 柳生あばれ旅

    柳生あばれ旅から見た和楽器和楽器

    和楽監修 : 中本敏生 (1)柳生あばれ旅 フレッシュアイペディアより)

  • 島原 (京都)

    島原 (京都)から見た和楽器和楽器

    能太夫、舞太夫をルーツに持つとされる島原の太夫にとって「舞踊」(ここでは「歌舞伎舞踊」または「上方舞」をさす)は必須である。島原の舞踊の流派は、江戸時代後期まで篠塚流、その後明治の初めまで井上流であった(三世井上八千代が当流派を「祇園の御留流」とするまで)が、後に花柳流に変わった。現在は特定の流派はない。茶道もおもてなしの技術として必須とされるが、現在特定の流派はない(かつては藪内流が稽古されていた)。その他和楽器(箏、三味線、胡弓、囃子、一絃琴、琵琶 など)、唄(地唄、長唄、小唄、常盤津 など)、島原 (京都) フレッシュアイペディアより)

  • こども音楽コンクール

    こども音楽コンクールから見た和楽器和楽器

    合奏の部第1部門(弦楽、器楽、和楽器、打楽器、電気楽器合奏は35人以内、または1クラス単位、リコーダー、ギター・マンドリン合奏は人数制限なし 7分以内)こども音楽コンクール フレッシュアイペディアより)

  • 祭囃子

    祭囃子から見た和楽器和楽器

    使用する楽器は、和楽器である。その中でも笛(篠笛・能管・龍笛など)、和太鼓(中音の打楽器を担当する締太鼓や、低音の打楽器を担当する大太鼓や大胴、そのほか大拍子、団扇太鼓、担ぎ太鼓など)、鉦(摺鉦・当たり鉦、高音の打楽器を担当する)の3種が多いが、地域によっては弦楽器などを取り入れるところもある。また、神輿に太鼓を結びつけ、その太鼓のみを打つ場合もある。また謡が入る場合や木遣り(手古舞)と合わさる場合、掛け声が入る場合もある。祭囃子 フレッシュアイペディアより)

  • 弦 (楽器)

    弦 (楽器)から見た和楽器和楽器

    弦(げん)とは、弦楽器の発音体、すなわち、最初に振動する部分である。糸状になっており、材質や太さはなるべく均質に作られている。両端または片方の端は、さまざまな方法によって弦楽器の本体に固定され、張力を持って張られている。表記については、絃とするのが正式である。また、和楽器においては糸 (いと)と呼ばれる。弦 (楽器) フレッシュアイペディアより)

  • 新井智恵

    新井智恵から見た和楽器和楽器

    2003年4月 和楽器ユニット・Rin'のメンバーとして、avexからメジャーデビュー。新井智恵 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木楽

    鈴木楽から見た和楽器和楽器

    母親はつるの剛士と坪田塁の中学校時代の同級生であり、和楽器奏者として琴のコンクールでの受賞歴やテレビやラジオで和楽器を演奏した経験もある。現在は東京都内の自宅で子ども向けの和楽器リトミック教室を主宰している。鈴木楽 フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「和楽器」のニューストピックワード