87件中 61 - 70件表示
  • 三味線

    三味線から見た和楽器和楽器

    成立は15世紀から16世紀にかけてとされ、和楽器の中では、比較的歴史が浅いと言える。基本的にはヘラ状の撥を用いるが、三味線音楽の種目により細部に差異がある。近世邦楽の世界、特に地歌・箏曲の世界(三曲)等では「三弦(さんげん)」、または「三絃」と呼称し、表記する事も多い。雅語として「みつのお(三つの緒)」と呼ばれることもある。沖縄県や鹿児島県奄美群島では三線(さんしん)とも呼ぶ。三味線 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ体操

    ラジオ体操から見た和楽器和楽器

    2010年前後から、各地のことばによる掛け声や和楽器・琉球楽器を用いたローカル版が盛んに制作されるようになった。これらは掛け声や伴奏が異なるだけで、曲や体操はNHKが放送しているラジオ体操と同じである。CD制作又は商業配信されているものを以下に挙げる。ラジオ体操 フレッシュアイペディアより)

  • マウスピース (楽器)

    マウスピース (楽器)から見た和楽器和楽器

    和楽器や民族楽器の原始的な横笛は分割されない1本の管より成り、総木製フルート族と同様に、マウスピースと呼べる別部品は存在しない。マウスピース (楽器) フレッシュアイペディアより)

  • 山口喬司

    山口喬司から見た和楽器和楽器

    宮崎県宮崎市出身。茨城大学工学部メディア通信工学科卒業。プロデュース劇団『K.B.S.Project』を主宰。小劇場『高田馬場ラビネスト』の支配人でもある。代表作は、「能舞エヴァンゲリオン」、「超青春合唱コメディSING!」等。作風はコメディ色が強く、能や和楽器、書道等の伝統芸能を取り入れた舞台や、芸能タレントが数多く出演する舞台も多い。山口喬司 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロフォン

    マイクロフォンから見た和楽器和楽器

    リボンが折り目を付けてゆるく張られているため、人の息など「吹かれ」と呼ばれるノイズや振動に弱い反面、振動系が軽くて動きやすい為、低音域から高音域の音に良く反応し、広い周波数帯域を持つ。音質が柔らかい事から、音声や和楽器、弦楽器などの集音に好んで使われる。マイクロフォン フレッシュアイペディアより)

  • 弦 (楽器)

    弦 (楽器)から見た和楽器和楽器

    弦(げん)とは、弦楽器の発音体、すなわち、最初に振動する部分である。糸状になっており、材質や太さはなるべく均質に作られている。両端または片方の端は、さまざまな方法によって弦楽器の本体に固定され、張力を持って張られている。表記については、絃とするのが正式である。また、和楽器においては糸 (いと)と呼ばれる。弦 (楽器) フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市博物館

    仙台市博物館から見た和楽器和楽器

    また、児童向けのプレイミュージアムでは、児童用鎧の試着や和楽器を試すことができる。仙台市博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋原

    嶋原から見た和楽器和楽器

    能太夫、舞太夫をルーツに持つとされる嶋原の太夫にとって「舞踊」(ここでは「歌舞伎舞踊」または「上方舞」をさす)は必須である。嶋原の舞踊の流派は、江戸時代後期まで篠塚流、その後明治の初めまで井上流であった(三世井上八千代が当流派を「祇園の御留流」とするまで)が、後に花柳流に変わった。現在は特定の流派はない。茶道もおもてなしの技術として必須とされるが、特定の流派はない(かつては藪内流が稽古されていた)。その他和楽器、唄、書道、香道、華道、詩歌、古典的遊び(貝合わせ、囲碁、盤双六、投扇興など)に通じていることも必要とされる。話術も比較的重視されている。嶋原 フレッシュアイペディアより)

  • WhiteFlame

    WhiteFlameから見た和楽器和楽器

    杵家七三社中の和楽器にるVOCALOID曲のカバーを収録したアルバム。「紅一葉」、「千本桜」を提供。WhiteFlame フレッシュアイペディアより)

  • 一五一会

    一五一会から見た和楽器和楽器

    また、全国に点在する教室などでは三線や三味線の教室に倣ってF-C-F-Cを基本とするところもある。和楽器の性質を持つため、相対音程として「1度-5度…」さえ守られていればよく、その限りで調弦を変えることができる。専用弦を張ってある場合、ゲージ(弦の太さ)との兼ね合いでD-A-D-AぐらいからA-E-A-Eぐらいまで使用可能。一五一会 フレッシュアイペディアより)

87件中 61 - 70件表示