119件中 81 - 90件表示
  • 上々颱風

    上々颱風から見た和楽器和楽器

    バンジョーに三味線の弦を張った「三線バンジョー」の演奏をベースに、ドラム、ベースギター、キーボードのみならず、しの笛、団扇太鼓などの和楽器、チャンゴ、ケンガリといった民族楽器など、通常のバンドでは見られない楽器と、琉球音階などアジアの民謡を取り入れたいわゆる「無国籍音楽」を女性二人の「ツインヴォーカル」という独特のスタイルにより演じられる楽曲は「ちゃんちきミュージック」と自称し、多彩な衣装を特徴として日本のみならず世界各地の市場や寺社、ときには養護学校や講演会場など、通常はコンサート会場としては使用されないような場所で行っている。上々颱風 フレッシュアイペディアより)

  • メギツネ

    メギツネから見た和楽器和楽器

    歌詞は、“生まれた時から女は女優よ…”というテーマを元に、様々な表情で力強く生きていく女性の物語を歌っているほか、サウンドは、硬派なヘヴィメタルをベースに、祭りや和楽器など“和”のフレーバーをミックスした和洋折衷な世界が表現されており、YUIMETALとMOAMETALが先導する“祭り”パートや、SU-METALが歌う演歌風メロディー、オマージュを盛り込んだブレイクダウンパートなど、バラエティ豊かな楽曲に仕上がっている。メギツネ フレッシュアイペディアより)

  • AUN J-CLASSIC ORCHESTRA

    AUN J-CLASSIC ORCHESTRAから見た和楽器和楽器

    AUN J-CLASSIC ORCHESTRA(アウン ジェイ クラシック オーケストラ)は、和楽器のみで構成されるユニット。AUN J-CLASSIC ORCHESTRA フレッシュアイペディアより)

  • 白浜久

    白浜久から見た和楽器和楽器

    2006年はオーストラリアの民俗楽器・ディジュリドゥーと和楽器・尺八と三味線をフィーチャーしたグループ「和豪」を結成。ギタリスト、作曲家、プロデューサーとして貢献。白浜久 フレッシュアイペディアより)

  • ピッチパイプ

    ピッチパイプから見た邦楽器和楽器

    弦楽器の調弦用には楽器別に用意される。弦(コース)の数分の笛が一体になっており、通常行われる調弦の際の各弦の開放弦の音程が得られるようになっている。無伴奏合唱、ポピュラーのアカペラ演奏の場合は、基準となる音をとるために、半音階で13個の笛が一体になったものが用いられる。音叉も同様に用いられるが、調子笛は多くの団員に同時に聞こえる利点がある。邦楽器用のものもある。ピッチパイプ フレッシュアイペディアより)

  • 百人町

    百人町から見た和楽器和楽器

    コリア・タウンとなる前は、新宿界隈とともに「音楽の町」「楽器の町」として知られていた。戦前にはドイツ人の音楽家などや日本のクラシック音楽家が多く住み着き、また梅屋庄吉は邸宅と「百人町撮影所」を所有し、片岡松燕プロダクションとしても稼動させているほか、M・パテー商会/M・カシー商会などもあった映画撮影所の町でもあった。終戦直後、今度は戦地から復員した人々が新大久保駅付近に楽器修理店を出したことが契機となり楽器店が増加。音楽関係者が集まる町となっていった。1950年代から1960年代には歌声喫茶やジャズ喫茶が多い町として知られた。1960年代後半にはライブハウスが増え、当時のグループ・サウンズ・フォークソングブームの発信源となった。1967年には百人町にて黒澤楽器店が創業。しかし1980年代以降は「若者の町」としてあらゆる流行の発信源となった原宿・渋谷に圧倒されるようになり、「音楽の町」としては衰退。1990年頃のアマチュアバンドブームにも乗り遅れた。しかし現在も黒澤楽器店本社のほか複数の楽器店やライブハウスが多数存在しており、また前述の修理店・修理工場も10ほどあり現在も稼動、西武新宿線の線路沿いに楽器の街新大久保へようこその看板もかかげられ、「音楽の町」の命脈は保っている。特に宮中音楽・雅楽に関連する和楽器や伝統音楽の楽器店が比較的多く存在する。この他、東京交響楽団は、日本キリスト教婦人矯風会に事務局と練習場を設けているほか、フィズサウンドクリエイションや、隣接の大久保一丁目には労音大久保会館アールズアートコートなどがある。百人町 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立今宮高等学校

    大阪府立今宮高等学校から見た和楽器和楽器

    同窓会は「自彊会」と称し、構内に「自彊会館」という建物を所有している。なお、自彊会館は、特別授業や文化祭などでも幅広く利用され、昼休みには軽音楽部、エレクトーン・和楽器の科目選択者による演奏会が開かれている。大阪府立今宮高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 助川敏弥

    助川敏弥から見た邦楽器和楽器

    第一作がオーケストラのためのパッサカリアOp.1(1954)(日本音楽コンクール受賞作品)であるように、初期の作品群にはオーケストラや室内楽編成の曲が多く、東京芸術大学卒業後にNHKをはじめとして放送音楽の世界に入ると、オーケストラの技術を生かした作曲・編曲をする傍ら、合唱曲、室内楽曲、邦楽器へと創作を広げ、1970年代以降は特にピアノ曲に集中している。助川敏弥 フレッシュアイペディアより)

  • 箏座

    箏座から見た邦楽器和楽器

    箏座(ことざ、Koto-Za)は、日本のポピュラー音楽のユニット。邦楽器を中心に構成されたインストゥルメンタルの楽曲が多い。箏座 フレッシュアイペディアより)

  • アミューズミュージアム

    アミューズミュージアムから見た和楽器和楽器

    6階にあるステージでは定期的に和楽器などのライブ公演を行っている。アミューズミュージアム フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「和楽器」のニューストピックワード