102件中 21 - 30件表示
  • 和楽器

    和楽器から見た

    一方、祭礼(祭囃子、神楽など)のために屋外で演奏される分野の楽器は、音量が大きい。和太鼓、、鐘、篳篥、横笛、法螺がこれに相当する。また、浄瑠璃や長唄の三味線は歌舞伎・文楽・日本舞踊といった伝統芸能と共に用いられてきたため、広い劇場でもよく聞こえるよう、音量を増す方向に進化した。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た神楽笛

    大陸文化の影響を受ける以前から伝承される日本固有の楽器としては、和琴(わごん)があげられる。神楽笛(かぐらぶえ)、笏拍子(しゃくびょうし)も日本固有のものと見なされ得る。そのほかの和楽器のほとんどは、大陸から渡来した楽器を基としているが、日本の文化や美意識のなかでそのかたちを変え、独自に完成されていった。「雅楽の琵琶」 (楽琵琶) のように、大陸では失われてしまった古い姿を残している楽器も多いが、三味線、尺八、能管、小鼓・大鼓のように独特な進化を遂げたものもある。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た三線

    アイヌ音楽の楽器であるムックリやトンコリ、沖縄音楽の楽器三線もこの項の解説に含む。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た近親調

    また、楽器の改良もシンプルな方向に進むことが多かった。尺八、幕末の一弦琴や二弦琴はその最たる例である。簡潔さの中にこそ美があり、そこにこそ魂、霊が宿り、神や仏に近づくという日本古来の美意識、思想が音に反映された現れといえる。ただし、近親調への転調は近世邦楽では非常に多い。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た盲僧琵琶

    盲僧琵琶(もうそう びわ)和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た文楽

    一方、祭礼(祭囃子、神楽など)のために屋外で演奏される分野の楽器は、音量が大きい。和太鼓、鉦、鐘、篳篥、横笛、法螺がこれに相当する。また、浄瑠璃や長唄の三味線は歌舞伎・文楽・日本舞踊といった伝統芸能と共に用いられてきたため、広い劇場でもよく聞こえるよう、音量を増す方向に進化した。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た八音

    和楽器の場合、弦楽器は糸 (絹糸) を用い 、管楽器は竹でできているので、楽器、ひいては音楽を「糸竹 (いとたけ・しちく)」と呼ぶこともある。古代中国では楽器を材料で8種に分類し、これを「八音」と呼んだ。日本でも古くはこれに従ったが、普通は「弾き物 (弦楽器) 」「吹き物 (管楽器) 」「打ち物 (打楽器)」に分けることが多い。和楽器においても西洋楽器と同様に弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器に分ける事はできる。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見たポリエステル

    また西洋楽器が操作機能や音域拡大、分担化の追求により分化、発展したのに比べ、和楽器は音色の追求により分化、発展したといえる。三味線音楽の種目ごとに楽器各部や撥、駒、弦 (糸) に微妙な違いがあるのがその好例である。胡弓の弓も、ヴァイオリンの弓が機能的に改良されたのとは違って、音色の追求により改良され現在の形になった。弦楽器は現在でも絹糸の弦にこだわるが(箏は経済的な事情でテトロンが多くなった)、これも絹糸でしか出せない音色を尊重するからである。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た梵鐘

    梵鐘(ぼんしょう)和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見たこきりこ

    こきりこ、びんささら(びんざさら、こきりこささら)和楽器 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「和楽器」のニューストピックワード