102件中 71 - 80件表示
  • 和楽器

    和楽器から見た絹糸

    また西洋楽器が操作機能や音域拡大、分担化の追求により分化、発展したのに比べ、和楽器は音色の追求により分化、発展したといえる。三味線音楽の種目ごとに楽器各部や撥、駒、弦 (糸) に微妙な違いがあるのがその好例である。胡弓の弓も、ヴァイオリンの弓が機能的に改良されたのとは違って、音色の追求により改良され現在の形になった。弦楽器は現在でも絹糸の弦にこだわるが(箏は経済的な事情でテトロンが多くなった)、これも絹糸でしか出せない音色を尊重するからである。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た金管楽器

    和楽器の場合、弦楽器は糸 (絹糸) を用い 、管楽器は竹でできているので、楽器、ひいては音楽を「糸竹 (いとたけ・しちく)」と呼ぶこともある。古代中国では楽器を材料で8種に分類し、これを「八音」と呼んだ。日本でも古くはこれに従ったが、普通は「弾き物 (弦楽器) 」「吹き物 (管楽器) 」「打ち物 (打楽器)」に分けることが多い。和楽器においても西洋楽器と同様に弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器に分ける事はできる。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た歌舞伎

    一方、祭礼(祭囃子、神楽など)のために屋外で演奏される分野の楽器は、音量が大きい。和太鼓、鉦、鐘、篳篥、横笛、法螺がこれに相当する。また、浄瑠璃や長唄の三味線は歌舞伎・文楽・日本舞踊といった伝統芸能と共に用いられてきたため、広い劇場でもよく聞こえるよう、音量を増す方向に進化した。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た転調

    木・竹・皮など天然素材を生かしたものが多く、近代・現代西洋音楽の複雑な機構を備えたピアノやベーム式フルートなどの楽器と比較すると、構造は簡潔で、操作のための器具がシンプルであったり無かったりする。西洋音楽は、その発達の段階で旋法から調性に基づくようになり、純正律に代えて転調に有利な平均律を導入してきた。そのような体系化の中で、楽器に複雑な機構を要求するようにもなった。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た十七絃箏

    十七絃箏(じゅうしちげん そう)和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た木鉦

    木鉦(もくしょう)和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た板木

    魚板(ぎょばん)、板木(ばんぎ)和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た古典派音楽

    西洋音楽の「モダン」な同属楽器と比較すると、音が小さいものが多い。古典派以降の西洋音楽ではコンサートホールのような広い空間で演奏するために大音量を要求され、そのために、音色の繊細さや演奏の容易さ、楽器自体の手触りなどの要素を犠牲にしても大きな音が出るような改良がなされ(ヴァイオリン、フルートなど)、それに向かなかった楽器(ヴィオール属、リュート、リコーダーなど)が淘汰されたのに対し、日本の楽器の多くはその淘汰を受けなかったからである。和楽器ではむしろ室内で耳をこらしてデリケートな音色の変化を賞玩するために、音量よりも音色の洗練、追求に力が注がれた。ただし音量の増大を目的とした改良も行なわれている(山田検校の箏改良など)。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た篳篥

    一方、祭礼(祭囃子、神楽など)のために屋外で演奏される分野の楽器は、音量が大きい。和太鼓、鉦、鐘、篳篥、横笛、法螺がこれに相当する。また、浄瑠璃や長唄の三味線は歌舞伎・文楽・日本舞踊といった伝統芸能と共に用いられてきたため、広い劇場でもよく聞こえるよう、音量を増す方向に進化した。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た楽太鼓

    楽太鼓(がく たいこ)、大太鼓(だだいこ)、釣太鼓(つりだいこ)和楽器 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「和楽器」のニューストピックワード