和歌山電鉄 ニュース&Wiki etc.

和歌山電鐵株式会社(わかやまでんてつ、WAKAYAMA ELECTRIC RAILWAY Co., Ltd.)は、和歌山県和歌山市に本社を置き、鉄道路線貴志川線を経営する会社である。岡山電気軌道(岡電)の完全子会社で、両備グループに属する。 (出典:Wikipedia)

「和歌山電鉄」Q&A

  • Q&A

    動物が駅長をしている鉄道会社を教えてください。 和歌山電鉄以外で・・・。

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月6日 08:15

  • Q&A

    水戸市と和歌山市はどちらが都会ですか? 人口 和歌山36万人 > 水戸27万人…

    [続きを読む]

    回答数:6質問日時 - 2017年2月2日 12:34

  • Q&A

    日時はまだ決めていないのですが、和歌山に行く用事があるので写真撮影できるようなスポッ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月21日 18:24

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「和歌山電鐵」のつながり調べ

  • 水戸岡鋭治

    水戸岡鋭治から見た和歌山電鐵

    その他、和歌山電鐵の「たま電車」や富士急行の「富士登山電車」のデザインを手がけるなどしている。(水戸岡鋭治 フレッシュアイペディアより)

  • 奥中山高原駅

    奥中山高原駅から見た和歌山電鐵

    2008年(平成20年)6月24日に、犬(ヨークシャー・テリア)のマロン(雄・2001年(平成13年)8月19日 - 2009年(平成21年)8月29日)が名誉駅長に就任した。マロンは同駅の委託駅員に飼われていて、生後45日頃から飼い主と一緒に駅に出勤していた。和歌山電鐵貴志駅の「たま駅長」や会津鉄道芦ノ牧温泉駅の「ばす駅長」といった「動物駅長」が話題を呼ぶ中での就任となった。たまなどと同様の制帽に加え、マロンには特製の制服も支給されていた。またマロンの顔写真入り携帯ストラップも当駅で販売されていた。2008年(平成20年)11月6日に写真集『駅長マロン』が全国発売されている(講談社刊、書店店頭およびネット販売のみの扱いで駅では販売せず)。(奥中山高原駅 フレッシュアイペディアより)

「和歌山電鉄」のニューストピックワード