前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示
  • 南海電気鉄道

    南海電気鉄道から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    1944年に、元阪和電気鉄道の路線を戦時買収で運輸通信省に譲渡(阪和線となる)した後、戦時企業統合政策(陸上交通事業調整法)により関西急行鉄道(関急)と合併、近畿日本鉄道(鉄道線は難波営業局・軌道線は天王寺営業局の管轄)となる。しかしこの合併は、殆ど接点のない、経緯や社風が全く異なる者同士のものであって、当初から体制に無理が生じていた。当時の関急側の代表者であり、関急成立の立役者である種田虎雄でさえ、「南海との合同だけは、政府から無理強いされたもので、自分が望んだものではなかった」と語っていた。そういう理由もあって、終戦後に難波営業局員主導で分離運動が起こり、1947年に高野下 - 高野山間を運営していた高野山電気鉄道へ旧・南海鉄道の路線を譲渡する形で、南海電気鉄道が発足した(このため法人としての南海電気鉄道の設立日は高野山電気鉄道の設立日である1925年3月28日となっている)。1961年には、貴志川線(2006年に和歌山電鐵へ譲渡)や和歌山軌道線(1971年廃止)を経営していた和歌山電気軌道も統合している。南海電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山電気軌道

    岡山電気軌道から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    また2004年に鉄道事業廃止提出書を提出し、廃止が予定されていた南海電気鉄道の貴志川線の事業を引き継ぐことを2005年4月28日に発表し、子会社の和歌山電鐵が2006年4月1日に貴志川線の事業を南海電気鉄道から引き継いだ。他にも名古屋鉄道の岐阜地区600V線区(岐阜市内線・揖斐線・美濃町線・田神線)や日立電鉄、北海道ちほく高原鉄道の廃止後の受け皿として名前が浮上したが、これらは実現することなく廃線となっている(詳細は「事業撤退が表明された鉄道路線の運行支援」の節を参照)。岡山電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海22000系電車

    南海22000系電車から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    本項では本系列の改造(車体更新)により派生した系列のうち2200系電車、2230系電車についても記載する。和歌山電鐵に引き継がれた2270系電車については和歌山電鐵2270系電車を参照のこと。南海22000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の鉄道

    2006年の鉄道から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵(わかやま電鉄)2006年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事業者

    鉄道事業者から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵 - 廃線となる南海貴志川線を、和歌山市などの自治体が公的な財政補助を前提に存続させることになった。しかし、沿線自治体の財政状況の関係で第三セクター設立は困難だったために、経営企業を公募した。不動産会社や外食産業など何社か異業種からの応募もあり、異業種からの参入の可能性もあった。最終的には、他地域の鉄軌道事業者である岡山電気軌道が経営することに決まった。鉄道事業者 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山電鐡

    和歌山電鐡から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐡 フレッシュアイペディアより)

  • わかやま電鉄

    わかやま電鉄から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    わかやま電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山電鉄

    和歌山電鉄から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 関西私鉄

    関西私鉄から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    ここに挙げる会社の内、関西大手私鉄との資本関係がない水間鉄道、和歌山電鐵、近江鉄道、紀州鉄道は「関西私鉄」という括りで語られることが少ない。関西私鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 桃山町

    桃山町から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    町内を通る鉄道路線はない。旧貴志川町に和歌山電鐵(2006年4月1日に南海電気鉄道から継承)和歌山電鐵貴志川線、岩出市・旧打田町・旧粉河町・旧那賀町に西日本旅客鉄道(JR西日本)和歌山線が通っている。桃山町 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
79件中 1 - 10件表示

「和歌山電鉄」のニューストピックワード