97件中 11 - 20件表示
  • 和歌山電鉄

    和歌山電鉄から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • T.J GrosNet

    T.J GrosNetから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵が2007年に運行開始したおもちゃ電車のスポンサーともなったT.J GrosNet フレッシュアイペディアより)

  • ハロー・トーキョー

    ハロー・トーキョーから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    2008年に岡山県を代表する企業「両備グループ」が新設した「両備ホールディングス株式会社」へ事業譲渡が行われ、出資率100%の完全子会社「株式会社ハロー・トーキョー」として再出発した。従って、現在の同社沿革では設立年度を2008年としており、代表取締役には「公共交通の救世主」の呼び名や猫の駅長「たま」のアイデアで和歌山電鐵株式会社を再生に導いたことなどで知られる両備グループの代表・小嶋光信が就任している。ハロー・トーキョー フレッシュアイペディアより)

  • タマ

    タマから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵貴志駅駅長の「たま」。たま (猫の駅長)を参照。タマ フレッシュアイペディアより)

  • 阪神701形電車

    阪神701形電車から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    701形のうち、704,707,710の3両が野上電気鉄道へ、702が和歌山電気軌道鉄道線(現在の和歌山電鐵貴志川線)に譲渡された。和歌山電軌は1961年に南海電気鉄道に合併されて鉄道線は同社の貴志川線となるが、702(譲渡後は605)は、1969年に南海標準型車両に置き換えられるまで使用された。また、野上電気鉄道では使い勝手がよかったことから、1994年の廃線時まで使用された。しかし、阪神から野上に譲渡された他形式とは異なり、701形譲渡車が阪神に戻ってくることはなかった。なお、どちらの路線も軌間の幅が1067mmのため、手持ちの台車に換装されて使用された。阪神701形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 水軒駅

    水軒駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    当初は木材輸送を目的とした駅だったため、構内に荷役作業用の側線が設けられていた。この側線が、南海貴志川線(当時、現・和歌山電鐵貴志川線)で最後の活躍をしていた1201形を廃車解体する時に使われた。水軒駅 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴神社

    鳴神社から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵貴志川線 日前宮駅 (徒歩約12分)鳴神社 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸ベイクルーズ

    神戸ベイクルーズから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    2001年6月、久我祐二らによって設立され、同年の8月に運航開始。以後、神戸港での観光船事業を行っていた。しかし、2009年に創業者の久我が急死してしまい、久我の妻子が会社を継いだが折からの不況で事業環境が悪化したことなどから、岡山県を中心にバス・鉄道事業を営み、中国バスや和歌山電鐵などで地方交通の再生を手がけていた両備グループに事業を譲渡した。2010年4月1日、同社は両備ホールディングスの100%子会社となり、両備ホールディングスの社長小嶋光信が代表取締役社長となった。神戸ベイクルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山地方検察庁

    和歌山地方検察庁から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    JR紀勢本線・阪和線・和歌山線・和歌山電鐵貴志川線 和歌山駅から和歌山バスに乗車,「公園前」バス停から徒歩3分和歌山地方検察庁 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山市民球場

    和歌山市民球場から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵貴志川線 神前駅から徒歩約10分和歌山市民球場 フレッシュアイペディアより)

97件中 11 - 20件表示

「和歌山電鉄」のニューストピックワード