79件中 21 - 30件表示
  • 岡崎前駅

    岡崎前駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    岡崎前駅(おかざきまええき)は、和歌山県和歌山市朝日にある和歌山電鐵貴志川線の駅。岡崎前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 山東駅

    山東駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    山東駅(さんどうえき)は、和歌山県和歌山市永山にある和歌山電鐵貴志川線の駅。山東駅 フレッシュアイペディアより)

  • 甘露寺前駅

    甘露寺前駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    甘露寺前駅(かんろじまええき)は、和歌山県紀の川市貴志川町長原にある和歌山電鐵貴志川線の駅。甘露寺前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 交通センター前駅

    交通センター前駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    交通センター前駅(こうつうセンターまええき)は、和歌山県和歌山市西にある和歌山電鐵貴志川線の駅。交通センター前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 大池遊園駅

    大池遊園駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    大池遊園駅(おいけゆうえんえき)は、和歌山県紀の川市貴志川町長山にある和歌山電鐵貴志川線の駅。大池遊園の最寄り駅で、和歌山市と海南市および紀の川市が接する付近にある。大池遊園駅 フレッシュアイペディアより)

  • ハロー・トーキョー

    ハロー・トーキョーから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    2008年に岡山県を代表する企業「両備グループ」が新設した「両備ホールディングス株式会社」へ事業譲渡が行われ、出資率100%の完全子会社「株式会社ハロー・トーキョー」として再出発した。従って、現在の同社沿革では設立年度を2008年としており、代表取締役には「公共交通の救世主」の呼び名や猫の駅長「たま」のアイデアで和歌山電鐵株式会社を再生に導いたことなどで知られる両備グループの代表・小嶋光信が就任している。ハロー・トーキョー フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山市民球場

    和歌山市民球場から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵貴志川線 神前駅から徒歩約10分和歌山市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 伊太祈曽駅

    伊太祈曽駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    伊太祈曽駅(いだきそえき)は、和歌山県和歌山市伊太祈曽にある和歌山電鐵貴志川線の駅。伊太祈曽駅 フレッシュアイペディアより)

  • タマ

    タマから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵貴志駅駅長の「たま」。たま (猫の駅長)を参照。タマ フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋光信

    小嶋光信から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    2006年、南海電気鉄道が運営を断念した貴志川線の経営を引き継ぐため和歌山電鐵を設立し社長に就任。各社員が一人三役をこなす徹底した合理化に加え、両備グループデザイン顧問の水戸岡鋭治のデザインによるユニークな改装電車(和歌山電鐵2270系電車参照)や、貴志駅の猫の駅長たまなどのアイデアで再建を進めている。和歌山電鐵の出発式当日には、伊太祈曽駅で小嶋の姿を見つけた老婦人達から手を合わせて感謝されたという逸話も残っている。同年12月には経営が行き詰まった広島県福山市の中国バスを再建するために受け皿会社を設立し社長に就任するなど、公共交通の再建に積極的に乗り出している。2007年、両備ホールディングス社長に就任。2011年、両備ホールディングスと岡山県内のグループ会社の社長の座を松田久へ譲り、両備ホールディング会長兼代表経営責任者となる(岡山県外のグループ会社の社長は引き続き小嶋が兼務)。小嶋光信 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「和歌山電鉄」のニューストピックワード