97件中 41 - 50件表示
  • 6月22日

    6月22日から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    2015年 - たま、和歌山電鐵貴志川線貴志駅名誉永久駅長(* 1999年)6月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 名草山

    名草山から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    距離は長いが、きのくに線の黒江駅で降りて冬野まで県道を歩き、そこから登山することや、和歌山電鐵貴志川線の竈山駅から竈山神社のそばの県道を通り、はさみ池(Y字型の池)からの登山も可能。名草山 フレッシュアイペディアより)

  • カプセルトイ

    カプセルトイから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    日本には1965年にアメリカから輸入され、1970年代に全国各地に広まった。参入するメーカーも増えていき、オリジナル玩具に加えて版権キャラクターものも投入されるようになるとますます普及していった。駄菓子屋やスーパーマーケットなどによく設置されており、一箇所に複数台の機器が置かれている場合が多い。食玩やフィギュアなどの流行とともにカプセルトイも多種多様に増え、2000年代以降はカプセル自動販売機のみを数十あるいは百台以上並べた専門店も登場したり、観光地に設置してご当地グッズを扱うケースもある。ユニークな設置例として、和歌山電鐵の「おもちゃ電車」では鉄道車両の車内に、西日本鉄道の観光向け循環バス「ぐりーん」ではバス車内にカプセル自動販売機を設置している。カプセルトイ フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県の観光地

    和歌山県の観光地から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵貴志駅(猫の駅長がいる)和歌山県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • ネコの文化

    ネコの文化から見た和歌山電鉄和歌山電鐵

    2010年代に入り、日本では和歌山電鉄貴志駅の名物三毛猫、たま駅長が火付け役となり、空前の猫ブームが巻き起こった。たま駅長の経済効果だけで年間11億円にも上った。2012年から2016年の4年間で飼い猫の頭数が30万匹増え987万匹となり、いずれ飼い犬の頭数を抜くことが予想され、猫の餌代や特集本や猫グッズの売上など、経済効果は関西大学のの宮本勝浩名誉教授によると2015年(平成27年)で2兆3162億円と試算された。この風潮を安倍晋三が唱えたアベノミクスになぞらえ「ネコノミクス」との造語が マスメディアを中心に使われ始めた。2月22日の「猫の日」には全国で様々なイベントが好評を博した。猫に関するSNSサイトなどの急増もブームを後押しした。ネコの文化 フレッシュアイペディアより)

  • 複電圧車

    複電圧車から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵 - 直流1,500 V/600 V複電圧車 フレッシュアイペディアより)

  • 伊太祈曽駅

    伊太祈曽駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    伊太祈曽駅(いだきそえき)は、和歌山県和歌山市伊太祈曽にある和歌山電鐵貴志川線の駅。駅番号は09。伊太祈曽駅 フレッシュアイペディアより)

  • 檜皮葺

    檜皮葺から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵貴志川線・貴志駅駅舎 当駅駅長や助役を務める猫の顔を模したもの.檜皮葺 フレッシュアイペディアより)

  • 羽倉崎検車区

    羽倉崎検車区から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    2000年には、当時の和歌山検車区の本区および伊太祁曽支区(現在の和歌山電鐵伊太祈曽車両基地)を当区に統合したが、2005年に当区を含めいずれも住ノ江検車区に再統合された。羽倉崎検車区 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄岐阜市内線

    名鉄岐阜市内線から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    名鉄の廃止表明を受けて、地元の岐阜市などでは協議会を設置し、公設民営方式での存続の可能性について検討を行なった。継続に対して署名運動が行われ、岐阜市内線・揖斐線・美濃町線の周辺地域から、7万人強の署名が集まり提出されている。新聞などでは当時の岐阜市長・細江茂光はこの行動に対して「継続に対して前向きに検討する」と回答した、と報道されている。また沿線の自治会連絡協議会や沿線高校からも鉄道存続の陳情や要望がなされていた。これら要望を受ける形で岡山電気軌道(後に南海電気鉄道貴志川線を継承した和歌山電鐵設立に関連して、資金・運営両面において支援を行った実績を有する事業者)のほか、フランスからもコネックス(CONNEX - 現在のヴェオリア・トランスポール社)が支援検討を表明・打診した。名鉄岐阜市内線 フレッシュアイペディアより)

97件中 41 - 50件表示

「和歌山電鉄」のニューストピックワード