79件中 51 - 60件表示
  • 岩崎 千明

    岩崎千明から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵貴志川線貴志駅のたま駅長の大ファンで、故郷の和歌山に帰郷し時間がある時は、同線の電車に乗って会いに行くことがある。岩崎千明 フレッシュアイペディアより)

  • 安野駅

    安野駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    貴志駅 - 売店の飼い猫が和歌山電鐵から正式に駅長に任じられた。安野駅 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸ベイクルーズ

    神戸ベイクルーズから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    2001年6月、久我祐二らによって設立され、同年の8月に運航開始。以後、神戸港での観光船事業を行っていた。しかし、2009年に創業者の久我が急死してしまい、久我の妻子が会社を継いだが折からの不況で事業環境が悪化したことなどから、岡山県を中心にバス・鉄道事業を営み、中国バスや和歌山電鐵などで地方交通の再生を手がけていた両備グループに事業を譲渡した。2010年4月1日、同社は両備ホールディングスの100%子会社となり、両備ホールディングスの社長小嶋光信が代表取締役社長となった。神戸ベイクルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 水戸岡鋭治

    水戸岡鋭治から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    その他、和歌山電鐵の「たま電車」や富士急行の「富士登山電車」のデザインを手がけるなどしている。水戸岡鋭治 フレッシュアイペディアより)

  • 三岐鉄道北勢線

    三岐鉄道北勢線から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    この北勢線の譲渡・譲受の形態および運営スキームは、後の南海貴志川線から和歌山電鐵への鉄道事業譲渡・譲受の場合でも採用された。三岐鉄道北勢線 フレッシュアイペディアより)

  • カプセルトイ

    カプセルトイから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    日本には1965年に輸入され、1970年代に全国各地に広まった。1965年、おもちゃのバイヤーとして日本に来ていたスタンレー・シャーレットが広瀬久照(後の社長)に「カプセル自動販売機を日本に広めないか?」と声をかけ、共同で有限会社Value Merchandiseを設立し、まだカプセル自動販売機がなかった日本で浅草に1号機を設置、その後当時ブームとなっていたボウリング場などからも設置依頼がきて全国的に普及したという。参入するメーカーも増えていき、オリジナル玩具に加えて版権キャラクターものも投入されるようになるとますます普及していった。駄菓子屋やスーパーマーケットなどによく設置されており、一箇所に複数台の機器が置かれている場合が多い。食玩やフィギュアなどの流行とともにカプセルトイも多種多様に増え、2000年代以降はカプセル自動販売機のみを数十あるいは百台以上並べた専門店も登場したり、観光地に設置してご当地グッズを扱うケースもある。ユニークな設置例として、和歌山電鐵の「おもちゃ電車」では鉄道車両の車内に、西日本鉄道の観光向け循環バス「ぐりーん」ではバス車内にカプセル自動販売機を設置している。カプセルトイ フレッシュアイペディアより)

  • 駅長

    駅長から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    和歌山電鐵貴志川線の貴志駅では、2007年に猫の「たま」が駅長に任命されて話題を呼んだ。たまの主な業務は(招き猫のように)「客招き」である。これにならって他の鉄道会社でも駅に縁の深い猫や犬を名誉駅長に任命するケースが現れた。駅長 フレッシュアイペディアより)

  • 両備グループ

    両備グループから見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    2009年1月現在のグループ会社数は58社で、その他2つの財団法人と2つの任意団体がある(両備グループ・オフィシャルサイトによる)。現在のグループ代表は小嶋光信(両備ホールディングス代表取締役会長兼CEO)で、小嶋はグループ企業のうち両備ホールディングスの会長を筆頭に、岡山電気軌道・和歌山電鐵・中国バス・両備システムズなど多くのグループ企業の社長と2財団法人・2任意団体の理事長をそれぞれ務めている。長らく両備グループの代表は、小嶋と松田堯(当時は会長、現・両備ホールディングス取締役名誉会長)の2人体制をとっていたが、2011年に松田堯会長が名誉会長に退き小嶋が会長に就任、さらに松田久が新たに両備ホールディングスの社長兼CEOOに就く人事が行われたことで、現在は小嶋1人がグループ代表として紹介されている。両備グループ フレッシュアイペディアより)

  • たま (猫の駅長)

    たま (猫の駅長)から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    たま(1999年4月29日 - )は、和歌山県紀の川市の和歌山電鐵貴志川線貴志駅において駅長を務めている雌の三毛猫である。たま (猫の駅長) フレッシュアイペディアより)

  • 水軒駅

    水軒駅から見た和歌山電鐵和歌山電鐵

    当初は木材輸送を目的とした駅だったため、構内に荷役作業用の側線が設けられていた。この側線が、南海貴志川線(当時、現・和歌山電鐵貴志川線)で最後の活躍をしていた1201形を廃車解体する時に使われた。水軒駅 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「和歌山電鉄」のニューストピックワード