前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
619件中 1 - 10件表示
  • 夜のヒットスタジオ

    夜のヒットスタジオから見た和田アキ子和田 アキ子

    芳村真理・・・1970年9月21日・1974年11月18日(朝丘・三波コンビで司会)、1976年8月16日・8月23日(23日は和田アキ子が代行)、1977年10月24日、1978年2月6日、1979年8月20日、1980年9月22日、1982年1月11日(竹下景子が代行)・5月3日・8月16日(竹下景子が代行)、1984年8月13日(小林幸子が代行)、1986年10月22日ほか数回夜のヒットスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン放送 THEラジオパーク in 日比谷

    ニッポン放送 THEラジオパーク in 日比谷から見た和田アキ子和田 アキ子

    2006年から3年間は毎年11月の第2土曜・日曜に行なわれていた。が、2009年は開催が中止された。これには理由が2つあり、2008年末以降の急激な日本および世界的な不況が響き経費削減がやむをえなくなったことなどから、全曜日のパーソナリティを集合させることができなくなったことが1つ。もう1つは、例年の11月第2土曜・日曜が統計上雨日であり、降雨や天候不順が続いたためである。実際2007年、2008年と降雨になったが、気温は極端に低くなりビル風が強く当たるため、観客は勿論のことパーソナリティも肉体的ダメージが大きかった。特に、2008年は和田アキ子、三宅裕司をはじめとするパーソナリティから、「毎年お客さんも出演者も凍えてるのに、何故わざわざ寒くなるこの時期にやるのか?暖かい初夏の頃にやったらいいじゃないか」とクレームが入ったため、上層部内で開催時期の変更が検討された。その結果、2009年内の開催を見送り2010年のゴールデンウィークに開催することで、開催時期の調整を図ったのである(しかし、当初は6月の梅雨真っ只中に開催計画を立てていたらしく、和田や三宅らから再度クレームが入りこの時期になったとのこと)。2011年は東日本大震災の影響で中止となった(詳細は外部リンクを参照)。ニッポン放送 THEラジオパーク in 日比谷 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    2005年・第56回で和田アキ子がm-flo loves AKIKO WADAとして白組で登場した。これはメインボーカルのm-floが男性ユニットのためである。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 島田紳助

    島田紳助から見た和田アキ子和田 アキ子

    多くの芸能人からは「紳助さん」「紳助師匠」と呼ばれ、同期の明石家さんま、和田アキ子や上岡龍太郎・坂田利夫・笑福亭鶴瓶ら先輩芸能人からは「紳助」と呼び捨てにされている。また、フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンII』や日本テレビ『人生が変わる1分間の深イイ話』などで作詞家として活動する際の名義は「カシアス島田」である(ただし、紳助本人は「遠い親戚」と主張している)。その他にオール巨人(オール阪神・巨人)からは「紳ちゃん」、松本人志(ダウンタウン)からは「紳助兄やん」、自身の妻は「みー君」(本名の公彦から)と呼んでいる。島田紳助 フレッシュアイペディアより)

  • bangking

    bangkingから見た和田アキ子和田 アキ子

    ボーカル・ギター担当。静岡県出身、帝京大学理工学部卒業。ほとんどの作品の作詞・作曲を手がけ、過去に発売されたCDジャケットのイラストも自らが描いている。予備校で理科の講師を務めるなどの一面も持つ。2009年和田アキ子とのコラボレーション「Wトラブル」でデビュー。 bangking フレッシュアイペディアより)

  • 巨泉のワールドスタークイズ

    巨泉のワールドスタークイズから見た和田アキ子和田 アキ子

    解答者/星野知子、和田アキ子、筑紫哲也、ビートたけし ほか巨泉のワールドスタークイズ フレッシュアイペディアより)

  • 第56回NHK紅白歌合戦

    第56回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    ソロ歌手として、事前打診されていた大トリを拒否した和田アキ子が、m-flo loves Akiko Wadaとして白組から出場。第56回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • Skoop On Somebody

    Skoop On Somebodyから見た和田アキ子和田 アキ子

    How We Do It!!! / (Everything Will Be) All Right (Skoop On Somebody + AKIKO WADA)(2006年5月10日) - 映画『陽気なギャングが地球を回す』主題歌。カップリングでは英語曲を和田アキ子とコラボレーション。Skoop On Somebody フレッシュアイペディアより)

  • 第21回NHK紅白歌合戦

    第21回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    今回もカラーでの放映だったが、現存する映像はカラーキネコ(カラーのフィルム映像)で記録されたものである。このフィルムは当時、海外在住の日本人・日系人向けに紅白歌合戦を見てもらうためのものであり、この回のフィルムが偶然にもアルゼンチン大使館で発見されたと、後年の紅白30回記念番組で紹介されている。そのためか、保存状態は良くなく、傷や劣化部分、ノイズが多い。また、現存しているフィルムは全165分中の約137分間であり、由紀さおりが出演する部分など、一部の映像が欠落している。しかし、(順不同)和田アキ子・日吉ミミ・森山加代子・いしだあゆみ・布施明・にしきのあきら・弘田三枝子・奥村チヨ・ザ・ピーナッツ・青江三奈・フォーリーブス・藤圭子・ヒデとロザンナ・島倉千代子・森進一・フランク永井・トワ・エ・モワ・橋幸夫達の歌唱シーンや応援ゲストの小沢昭一のシーン、エンディングの結果発表&優勝旗授与(紅組)のシーンは近年でも紹介されている。また、紅組司会であった美空ひばりが大トリで「人生将棋」を歌うシーンも紹介されているが、1番と2番の間奏部分の一部が欠落している。ちあきなおみのシーンも紹介されたが2番のみの紹介で、1番が現存するかどうかは不明である。第21回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第58回NHK紅白歌合戦

    第58回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    発表前に紅組司会の候補として、『日刊スポーツ』(2007年10月24付)は長澤まさみ、『excite news』(同年11月6日付)は宮?あおいと関根麻里、『リアルライブ』(同年6月7日付)・『東京スポーツ』(同年11月8日付)は藤原紀香とそれぞれ女性芸能人の名前を挙げていた。白組司会については、『日刊スポーツ』(同年11月9日付)がSMAPが5人全員で白組司会を務めることが濃厚であると報道。先述にもある『リアルライブ』・『東京スポーツ』は藤原紀香・陣内智則夫妻(当時)が揃って両軍司会を務めるのではないかとも報じていた。和田アキ子は11月10日放送分のニッポン放送『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』内で本紅白の司会について、「男性候補のSMAPは80%間違いないと思う。女性候補は『NHKは話題性を大切にするので、まだ判らないよ』」と予想していた。司会決定後に『週刊現代』(2007年12月8日号)は「SMAPは3年前(2004年・第55回)に『新曲を出していないから』を理由に紅白を辞退している前例がある。これがトラウマになっていた紅白スタッフは、"宿願"である、SMAPメンバー勢揃いでの白組司会を実現しようと折衝を始めたんです」「SMAPの5人それぞれでコーナーや時間帯毎の責任区分を担当して貰うというものだったが、この案には、NHKの幹部クラスから「それじゃ『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ系列)と同じだろ!」となりボツになった」「紅組司会について、当初は昨年同様、仲間由紀恵という声が高かったが、仲間側に断られ、来年の大河ドラマ『篤姫』の主役・宮崎や長澤が候補に挙がった。ただ、宮崎側が『ドラマに集中したい』とこれも辞退。結局、長澤に狙いを定め、慣れないトークに不安のある彼女に"補佐役"として麻里をつけるということで、ほぼ決定しかけたが、ジャニーズ事務所側が難色を示したため流れた」とのNHK関係者の話を掲載した。第58回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
619件中 1 - 10件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード