702件中 91 - 100件表示
  • 和田アキコ

    和田アキコから見た和田アキ子和田 アキ子

    和田アキコ フレッシュアイペディアより)

  • 和田あきこ

    和田あきこから見た和田アキ子和田 アキ子

    和田あきこ フレッシュアイペディアより)

  • ババロア@

    ババロア@から見た和田アキ子和田 アキ子

    ババロア@(ババロア)は、テレビ番組『新型テレビ』から生まれた、和田アキ子と久本雅美による音楽ユニットである。2003年春頃に活動。曲にちなんでタマネギの着ぐるみ姿で歌う。ババロア@ フレッシュアイペディアより)

  • バラとワイン

    バラとワインから見た和田アキ子和田 アキ子

    和田アキ子のカヴァー・アルバム『今日までそして明日から』(2006年)に、ダイアモンド☆ユカイもゲスト参加したカヴァー・ヴァージョン収録。バラとワイン フレッシュアイペディアより)

  • ヘイ! マダム

    ヘイ! マダムから見た和田アキ子和田 アキ子

    『ヘイ! マダム』の歌詞の内容は、30代を迎えた既婚女性に年下の男性がツイストやジルバのダンスを申し込むというもので、歌詞に「ダンス・ウィズ・ミー」というフレーズがある。和田アキ子の浜田省吾による楽曲『ダンス・ウィズ・ミー』が前年の1976年(昭和51年)11月25日に発売されている。『惚れて振られて又惚れて』は女性が男性に恋をし失恋をしまた恋をするというタイトル通りの構成で、歌詞にポール・アンカの楽曲『クレイジー・ラブ』(1958年)のタイトルが引用されている。曲調は前者が明るいポップス、後者がツイスト調のロック・ポップスである。ヘイ! マダム フレッシュアイペディアより)

  • 小由里

    小由里から見た和田アキ子和田 アキ子

    第58回NHK紅白歌合戦(2007年12月31日)では、ホリプロの大先輩・和田アキ子のバックコーラスを、十文字ゆりかとAKB48の大島麻衣らと最前列で務めていた(通称「あの鐘を鳴らし隊」とのこと)。小由里 フレッシュアイペディアより)

  • かねうみ ふくこ

    かねうみ ふくこから見た和田アキ子和田 アキ子

    かねうみ ふくこ フレッシュアイペディアより)

  • ベルモントアクター

    ベルモントアクターから見た和田アキ子和田 アキ子

    半妹に16勝を挙げ和田アキ子の持ち馬として話題になったダイナマイトソウルがいる。祖母アランフェスは1977年の小倉大賞典の勝ち馬。四代母ブレツシングは1955年クイーンステークス、1958年スプリングハンデなど83戦17勝。ベルモントアクター フレッシュアイペディアより)

  • 西端さおり

    西端さおりから見た和田アキ子和田 アキ子

    デビュー直後、マスコミのインタビューで「(事務所の先輩である)和田アキ子さんを超えたいですか?」と質問され「将来的にそこ(そのレベル)まで行けたらいいです。」と答えたところ、「和田アキ子を超えると発言」と報道されてしまい(この時点では和田アキ子にまだ会っていない)、初めて会った時に怯えていたが逆に「そのくらいの根性がなきゃダメだ」と褒められたという逸話がある。西端さおり フレッシュアイペディアより)

  • プレイドライブ

    プレイドライブから見た和田アキ子和田 アキ子

    1975年4月号:キャシー中島、5月号:岡田奈々、6月号:高原ユキ、7月号:坂口良子、8月号:太田裕美、9月号:浅野ゆう子、10月号:石川さゆり、11月号:和田アキ子、12月号:伊藤咲子、1976年1月号:西川峰子(仁支川峰子)、2月号:アグネス・チャン、3月号:八代亜紀、4月号:リリーズ(ザ・リリーズ)、5月号:小川順子、6月号:アン・ルイス、7月号:天地真理、8月号:三木聖子、9月号:藤圭子、10月号:佐良直美、11月号:エバ(ゴールデンハーフ)、12月号:キャンディーズ、1977年1月号:石川さゆり、2月号:太田裕美、3月号:シェリー、4月号:林寛子、5月号:いけだひろこ、6月号:吉田まり、7月号:芦川よしみ、8月号:森昌子、9月号:荒木由美子、10月号:チェルシャ・チャン(チェルシア・チャン)、11月号:清水由起子(清水由貴子)、12月号:石原初音プレイドライブ フレッシュアイペディアより)

702件中 91 - 100件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード