619件中 31 - 40件表示
  • 第22回NHK紅白歌合戦

    第22回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    映像は視聴者から提供された家庭用カラーVTR(ビデオ映像)が現存するが、保存状態はあまり良くない。さらに、北島三郎のシーンから三波春夫のシーンまでは映像が悪いためか、NHKアーカイブスでも公開されておらず、なかなか見ることはできない(ダークダックス、由紀さおり、菅原洋一、朝丘雪路、フォーリーブス、雪村いづみ、ヒデとロザンナ、伊東ゆかり、アイ・ジョージ、いしだあゆみ、村田英雄、本田路津子、フランク永井、ザ・ピーナッツ、堺正章、渚ゆう子、千昌夫、都はるみが含まれる)。そのためか、この年も前年の1970年(第21回)と共に『思い出の紅白歌合戦』(NHKBS-2)で再放映されたことがない。それでも、特集番組内などで紹介が確認されているのは(順不同)南沙織・小柳ルミ子・はしだのりひことクライマックス・にしきのあきら・森進一・デューク・エイセス・堺正章・美空ひばり・渚ゆう子・尾崎紀世彦・加藤登紀子・島倉千代子・布施明・岸洋子・弘田三枝子・ちあきなおみ・真帆志ぶき・ピンキーとキラーズ・美川憲一・和田アキ子らで、保存状態の良い部分の歌手は現在もVTRが紹介される機会が多い。また、多少画面に乱れがあるものの朝丘雪路・いしだあゆみも紹介されている。トワ・エ・モワ・坂本九も映像がかなり激しく痛んでいるが紹介された。アーカイブスでは鮮明な坂本九を見ることができる。第22回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • m-flo

    m-floから見た和田アキ子和田 アキ子

    2005年3月、和田アキ子とのコラボレーションを発表。m-flo loves Akiko Wadaとして「HEY!」のレコーディングを行った。またこの頃、RIAJの違法アップロードに対抗するポスターに出演した。コピーは「SAY 違法UPLOADしたらお仕置き!!!」(「VANESSA」のリリックのパロディ)。7月、元ボーカリストのLISAが次回作アルバムで再びm-floの楽曲に参加するとの発表があった。m-flo フレッシュアイペディアより)

  • 深田恭子

    深田恭子から見た和田アキ子和田 アキ子

    父親と仲がよく、妹が1人いる。身長(163cm)に比べると足が大きく、26cm(27cmの説もある)。かつて所属事務所から配布されたプロフィール用紙には「(足のサイズに)間違いありません。」(写真集等では「プリントミスではありません」)と但し書きされていたこともある。足のサイズがほぼ同じな和田アキ子から、ハイヒールのお下がりを貰ったこともある。深田恭子 フレッシュアイペディアより)

  • タイガー&ドラゴン (曲)

    タイガー&ドラゴン (曲)から見た和田アキ子和田 アキ子

    元々この曲はボーカルである横山剣が「和田アキ子さんに歌って欲しい」という思いで作曲し、シングルとして発売した際にはあたかも和田が歌っているかようにレコーディングされた。その後、本当に和田も横山のプロデュースでこの歌を歌うことになった(2003年6月11日発売のシングル「ルンバでブンブン」に収録)。タイガー&ドラゴン (曲) フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン☆ドみの

    キャプテン☆ドみのから見た和田アキ子和田 アキ子

    初回では代表者2名のうち1名でも大沢の記録を超えることができればクリアというルールであったが、ゲストチームの和田アキ子が厳しすぎるとゴネたため、前述のルールに急遽変更。しかしそちらの方が難度の調節が上手くいっていたので、結局和田の案が正式ルールとして採用されるようになった。キャプテン☆ドみの フレッシュアイペディアより)

  • 長戸大幸

    長戸大幸から見た和田アキ子和田 アキ子

    1975年、フォーライフの第1回新人オーディションに入選したのがきっかけで、阿久悠の事務所に入り、作曲活動を開始する。(デビュー作はジャニーズ・ジュニア・スペシャル)また和田アキ子、舘ひろしなどの楽曲に作曲家として参加する。一方でウエストロードのライブに度々参加していた妹尾隆一郎のマネージャーを引き受ける。長戸大幸 フレッシュアイペディアより)

  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    後半の先行トップバッターはKARAであり、スタンバイ後にはMC席に川中美幸、和田アキ子、天童よしみが「浪花KARA」として登場し、KARAをまねたヒップダンスを交えて曲紹介に参加した。浪花KARAについてはリハーサルの段階でメディアに報じられており、披露にあたってはKARAのメンバーであるギュリが、舞台裏で接触した和田にダンスのやり方を聞かれて実際に指導したと伝えられている。KARAの歌唱後、二宮和也と大野智がNHKホールの楽屋ロビーをリポートした。楽屋ロビーにはゲストのコロッケがAKB48とともに登場し、AKB48の楽曲「ヘビーローテーション」を森進一、五木ひろし、北島三郎のものまねで歌うネタを披露した。リポート終了後は徳永英明の歌唱であり、中島みゆきの楽曲「時代」をカバーした。続いてPerfumeとTOKIOが歌唱を終えた。次の少女時代は歌唱中に歌詞の一部を変える演出があった。第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 水曜ドラマ (日本テレビ)

    水曜ドラマ (日本テレビ)から見た和田アキ子和田 アキ子

    10月-1986年3月:『妻たちの課外授業』 出演:市毛良枝、和田アキ子、前田吟、成田昭次、前田耕陽ほか水曜ドラマ (日本テレビ) フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    午後3時40分頃、出場歌手の和田アキ子が自動車でリハーサルへ向かう途中、追突事故に遭った。リハーサルには出場したが、終了後に病院に搬送され、頸椎捻挫と腰部挫傷による全治10日の軽傷と診断された。これにより、本番の出場が危ぶまれた が、本番には無事に出場した。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • お姐ちゃんお手やわらかに

    お姐ちゃんお手やわらかにから見た和田アキ子和田 アキ子

    「ホリプロダクション創立15周年記念映画」と銘打ち、当時日本テレビ系列で放送中のバラエティ番組『金曜10時!うわさのチャンネル!!』で、タレントとしても人気が出た和田アキ子を主演とした作品。世間知らずの箱入り娘が「実路組」に誘拐されるも、逆に「実路組」をけしかけ、その事件に失業者となった2人が巻き込まれるドタバタ。お姐ちゃんお手やわらかに フレッシュアイペディアより)

619件中 31 - 40件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード