702件中 31 - 40件表示
  • スター爆笑座

    スター爆笑座から見た和田アキ子和田 アキ子

    前期にはせんだみつお、西川峰子(後の仁支川峰子)、ツービートがレギュラーを務め、毎回女性タレントをゲストに迎えていた。後期にはツービートがメインになり、せんだと西川に替わって和田アキ子が出演するようになった。同時にゲストの傾向も変わり、以後は男性タレントも出演するようになった。スター爆笑座 フレッシュアイペディアより)

  • MOTHER (SEAMOの曲)

    MOTHER (SEAMOの曲)から見た和田アキ子和田 アキ子

    素直になりたい feat. AKIKO WADAMOTHER (SEAMOの曲) フレッシュアイペディアより)

  • クレイジードッグス

    クレイジードッグスから見た和田アキ子和田 アキ子

    「木村充揮×近藤房之助」として、昭和の曲のカバーを中心に、アルバム、ライブアルバム、シングルを1枚ずつのリリースを経た本作はオリジナル楽曲を主に収録した。2011年4月30日放送分のフジテレビ系「ミュージックフェア」で、収録曲の「どしゃぶりの雨の中で」について取り上げられており、原曲歌唱者の和田アキ子とB.B.クィーンズとして出演した近藤でセッションをした。クレイジードッグス フレッシュアイペディアより)

  • Love Diary

    Love Diaryから見た和田アキ子和田 アキ子

    ライブ会場では、開演前に和田アキ子のライブ盤がBGMとして流れている。和田アキ子の持ち歌に「古い日記」があり、日記繋がりという事と、大倉が和田アキ子のライブ盤のCDを所持していたため、このセレクトになる。しかし、そのライブ盤には「古い日記」は収録されていない。Love Diary フレッシュアイペディアより)

  • TBS水曜10時枠の連続ドラマ

    TBS水曜10時枠の連続ドラマから見た和田アキ子和田 アキ子

    日本悪妻に乾杯!(7月?9月)出演:中野良子、中村敦夫、泉ピン子、和田アキ子TBS水曜10時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • おせちんこ

    おせちんこから見た和田アキ子和田 アキ子

    「おせちんこ」とは、和田アキ子さんがうっかりいったこと。おせちんこ フレッシュアイペディアより)

  • 独占スタージャック!

    独占スタージャック!から見た和田アキ子和田 アキ子

    山田康雄が司会を務めていた前番組『独占!スター生情報』のリニューアル版で、和田アキ子が司会を務めていた。番組は、和田と桂文珍が芸能人の良い面と悪い面を語り合う「今週のスターアンタッチャブル」など、7つのコーナーで構成。『独占!スター生情報』が芸能情報のみを伝えていたのに対し、この番組は芸能、スポーツ、アニメ、ファッションなど幅広いジャンルの情報を取り上げていた。独占スタージャック! フレッシュアイペディアより)

  • 青野りえ

    青野りえから見た和田アキ子和田 アキ子

    1996年、亀渕友香率いるゴスペルグループThe Voices of Japan(VOJA)に加入し、東芝EMIより発売のアルバム2枚に参加。和田アキ子や平井堅との共演をはじめ多数のライブ・TV・CMに出演。VOJA卒業後ソロ活動を開始し、1999年、アコーディオニストのcobaプロデュースの舞台「テクノキャバレー」で、木の実ナナ・中村有志・戸川純らと共演。青野りえ フレッシュアイペディアより)

  • スケバン

    スケバンから見た和田アキ子和田 アキ子

    スケバンという言葉の普及は、映像作品や漫画による部分が大きく、1970年代の東映映画「女番長シリーズ」や、実際にスケバンだったと公言している和田アキ子を主役に据えた日活映画『野良猫ロック』シリーズ、1980年代には漫画の『スケバン刑事』及び、それを実写化したテレビドラマシリーズが人気を博した。スケバン フレッシュアイペディアより)

  • 第50回NHK紅白歌合戦

    第50回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    「第50回」を記念し、今回の出場歌手の中で組司会経験もある和田アキ子、松たか子、加山雄三、堺正章、中居正広が久保・勘九郎とトークをするコーナーが設けられた。第50回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

702件中 31 - 40件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード