619件中 41 - 50件表示
  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    オープニングにおける両軍司会の紹介は例年の総合司会ではなく、両軍歌手キャプテン同士である和田アキ子(紅組。和田は前回の紅組司会)、北島三郎(白組)が行った。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 島田秀平

    島田秀平から見た和田アキ子和田 アキ子

    解散後、進退について迷っていた島田だったが、事務所の先輩の和田アキ子やスピードワゴンの小沢一敬の説得もあり、活動を続けていくことになった。島田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • クイズタイムショック

    クイズタイムショックから見た和田アキ子和田 アキ子

    パーフェクト(すなわち、1分間12問全問正解)を達成すると、田宮時代は天井から、山口時代は天井に吊るされたくす玉が割られて、大量の紙吹雪と風船(山口時代の末期は風船がなく紙吹雪だけ、生島時代はパーフェクト達成者なしで不明)が降りながら(田宮時代の途中から解答席の周りのランプが点滅した。山口時代には時計台ランプが回転しながら点滅して解答席の周りのランプが点滅しながら椅子が降下した。生島時代は上昇する椅子ではないため、降下しなかった)。鹿賀・中山&新山時代では天井から降らせる、くす玉を割る代わりにキャノン砲と呼ばれる機械式のクラッカーから大量の銀色の紙吹雪と紙テープが降り、同時に消灯していた秒針部分が一定のパターンで点滅し時計台周りのライトが色を変えながら回転し、ファンファーレが鳴る。ただし「タイムショック 芸能界クイズマスター決定戦」以降、優勝決定のみキャノン砲から大量の紙テープが舞うのみになり、紙吹雪は入っていない(田宮時代は連続して紙吹雪と風船を降らせることが可能だった。例を上げると2007年10月放送の「プライベートタイムショック」で和田アキ子がパーフェクトを達成した時や、「超タイムショック」以降は、紙テープは降らず、電飾のみの演出)。クイズタイムショック フレッシュアイペディアより)

  • 東風平高根

    東風平高根から見た和田アキ子和田 アキ子

    医者を目指し予備校に通うために沖縄から上京。突然湧いて来るメロディに目覚め、アーティストを夢見ながらアルバイトとバンド活動を両立し様々なオーディションを受ける。1997年からギターの弾き語りでライブ活動をすると共にボイストレーナーとしても活動。2000年からは沖縄の固有の楽器・三線を取り入れたバンド「有限会社」を結成し沖縄居酒屋を中心にライブを行う。2004年、日本クラウンより、男女ユニット「東風(こち)」と名前を改めメジャーデビュー。日本全国を廻りながら、沖縄居酒屋500本ライブを行ったり、和田アキ子とのデュエットソングへの参加と楽曲提供、学校校歌の制作など、東風としての5年間で様々な事に精力的に取り組む。東風名義ではシングルCD1枚、アルバム4枚、DVD3枚をリリースした。東風平高根 フレッシュアイペディアより)

  • 細野 晴臣

    細野晴臣から見た和田アキ子和田 アキ子

    岡林信康、遠藤賢司、あがた森魚、金延幸子、南正人、ザ・ディランII、小坂忠、友部正人、ミッキー・カーチス、ジミー・蒔田、寺本圭一、斎藤任弘、大野義雄、加川良、笠井美紀子、高田渡、ガロ、大滝詠一、森山良子、いとうたかお、布谷文男、中川五郎、中島みゆき、平尾昌晃、山本コータロー、中山ラビ、中川イサト、矢野顕子、南佳孝、井上陽水、西岡恭蔵、喜多嶋修、生田敬太郎、小椋佳、沢チエ、ブレッド&バター、山下達郎、和田アキ子細野晴臣 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見た和田アキ子和田 アキ子

    和田アキ子 - 「悲しい歌」小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た和田アキ子和田 アキ子

    百恵の映画初出演はレコードデビュー前、ホリプロ制作の「としごろ」(和田アキ子、森昌子主演・日活)で、新人の顔見せとしての出演だったが、『伊豆の踊子』以降百恵の主演映画13作のうち12作は三浦との共演である。なお、これらの映画は東宝配給ながらすべて日活撮影所で製作され、監督やカメラマンも西河ら日活出身者が大部分を占めることもあり、往年の日活青春映画、文芸映画の後継的な意味合いも持っている。最後の引退記念作品『古都』もやはり日活製作であり、長谷川清カメラマンのみを連れて久々に東宝撮影所の外に出た市川崑監督は、馴染みの薄いスタッフを粘りに粘って叱咤し引退作を撮りあげた。市川監督は以前に何度か自分の作品に百恵の出演を依頼していたが、ホリプロサイドから断られており、この最後の作品で監督を務める喜びを制作記者会見で語っている。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見た和田アキ子和田 アキ子

    「ザ・トップテン」を引き継いだ番組で、開始当初は渋谷公会堂から生放送だったが、その後は日本テレビ麹町放送センターGスタジオからの非公開で最終回まで続いた。司会は徳光和夫・石野真子コンビだったが、1987年より島田紳助・和田アキ子のコンビに代わっている。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 第52回NHK紅白歌合戦

    第52回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    小林幸子は前回、「豪華衣装で出演するのは最後」との発言をしていたが、今回も『Flower of dream』と題した豪華衣装を披露した。大型舞台装置を止めて人力に替えたというのが真相であった。なお、翌年には大型舞台装置も復活してしまっている(和田アキ子は紅白の出場歌手が発表される以前から衣装を制作している小林に否定的な考えを持っており、この件がきっかけで2人の間に確執が生じた)。第52回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本エアシステム

    日本エアシステムから見た和田アキ子和田 アキ子

    他の国内大手2社同様に夏季には沖縄・奄美群島キャンペーンや北海道キャンペーンを実施したほか、他の寄港地や貨物部門での広告キャンペーンも行われた。また、1990年頃、「ハートフルJAS」というコピーが用いられた時期に和田アキ子、ホノルル線就航時に中村吉右衛門といった著名人をテレビCMに起用したこともあった。日本エアシステム フレッシュアイペディアより)

619件中 41 - 50件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード