702件中 41 - 50件表示
  • 8時だョ!全員集合のコント

    8時だョ!全員集合のコントから見た和田アキ子和田 アキ子

    桜田淳子が妻役で志村が夫役。夕食や風呂の用意ができていないなど、桜田の不手際に対して志村が怒って注意すると、突如として舞台に短調系の音楽が流れ、桜田に青色のスポットライトが当たり、桜田が「私ってダメな女ね。あなたの妻でいる資格なんかないわ」と泣き崩れながら言う。すると志村が慌てて「そういうわけじゃないよ」「ごめんよ、オレが言い過ぎたよ」「オレが悪かったよ、ごめんよ」などと謝ったり慰めたりするが、桜田はさらに「だってもうあたしのことなんか嫌いになったでしょ?」「そんなことないよ」「じゃあ、あたしのこと愛してる?」「愛してるよ」「ホント?」「ホント!」とやり取りを繰り返すと、急に一転して長調系の音楽が流れ、桜田にピンク色のスポットライトが当たり、桜田が「わー嬉しい」「淳子、幸せ!」「淳子、もう泣かない!」などと叫びながら、宙を見上げて歓喜の表情になる。それの繰返し。時には志村も桜田の視線の先を見上げ「何か見えるのか?」と、突っ込む場合もある。しかし、終盤近くになると志村と桜田の立場が逆転し(志村が脱いだスーツのポケットから見付かるマッチで志村がキャバレーなどに行っていたことが桜田に発覚、というパターンが多い)、志村が桜田に怒鳴られると、志村がおネエ口調で「私ってダメな男ね。あなたの夫でいる資格なんかないわ」と泣き崩れる。その後は前記と同様のやり取り(もちろん志村と桜田のセリフが逆転する)を繰り返して、最後に志村が「けんちゃん、もう泣かないわ!」などと歓喜の表情になってオチとなる(ちなみにコントの中で桜田の出身地の秋田が出てくることがあるが、当時秋田ではオンエアされていなかった)。また派生系として、続けて桜田の役を研ナオコや和田アキ子に代えて同じシナリオを繰り返すのだが、志村の態度が素気ない、引き止めようともしない、BGMも流れない、流れても桜田の時と違い民謡や盆踊りの曲が流れるなどと、桜田と違ってぞんざいな扱いを受けるがためにその度に研や和田がふて腐れる、という場合もある。8時だョ!全員集合のコント フレッシュアイペディアより)

  • 東風平高根

    東風平高根から見た和田アキ子和田 アキ子

    医者を目指し予備校に通うために沖縄から上京。突然湧いて来るメロディに目覚め、アーティストを夢見ながらアルバイトとバンド活動を両立し様々なオーディションを受ける。1997年からギターの弾き語りでライブ活動をすると共にボイストレーナーとしても活動。2000年からは沖縄の固有の楽器・三線を取り入れたバンド「有限会社」を結成し沖縄居酒屋を中心にライブを行う。2004年、日本クラウンより、男女ユニット「東風(こち)」と名前を改めメジャーデビュー。日本全国を廻りながら、沖縄居酒屋500本ライブを行ったり、和田アキ子とのデュエットソングへの参加と楽曲提供、学校校歌の制作など、東風としての5年間で様々な事に精力的に取り組む。東風名義ではシングルCD1枚、アルバム4枚、DVD3枚をリリースした。東風平高根 フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た和田アキ子和田 アキ子

    百恵の映画初出演はレコードデビュー前、ホリプロ制作の「としごろ」(和田アキ子、森昌子主演・日活)で、新人の顔見せとしての出演だったが、『伊豆の踊子』以降、映画13作で主演。そのうち12作は三浦との共演である。「映画に関するかぎり製作者は彼女をリメイク女優以上に認識していなかった。にもかかわらず西河は『霧の旗』で、驚異的なまでのファム・ファタールぶりを彼女に演じさせた」。しかし1978年にはファンからの声の大きかった初のオリジナル作品『ふりむけば愛』がコンビ出演のグリコCMを撮り続けていた大林宣彦監督の演出で製作され、翌年にもコンビ主演10作品記念としてオリジナル作品『ホワイト・ラブ』が小谷承靖監督で製作された。なお、これらの映画は東宝配給ながらすべて日活撮影所で製作され、監督やカメラマンも西河ら日活出身者が大部分を占めることもあり、往年の日活青春映画、文芸映画の後継的な意味合いも持っている。最後の引退記念作品『古都』もやはり日活製作であり、東宝から長谷川清カメラマンら数名を連れて20年ぶりに日活撮影所に乗り込んだ市川崑監督は、馴染みの薄いスタッフを粘りに粘って叱咤し引退作を撮りあげた。市川監督は以前に何度か自分の作品に百恵の出演を依頼していたが、ホリプロサイドから断られており、この最後の作品で監督を務める喜びを制作記者会見で語っている。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

  • オシャレ魔女 アブandチェンジ

    オシャレ魔女 アブandチェンジから見た和田アキ子和田 アキ子

    オシャレワードは主に「デニム」などのいわゆるファッション用語だが、「初詣」「ジューンブライド」など季節関係の言葉および、たまに「アッコ」「めぐみ」などゲストの名前や、「鬼嫁日記」の「にっき」などの番宣関係になる場合もある。このオシャレワードを3回言いながら、続く単語を最後に交えるというもの。例えば、オシャレワードが「ベルト」だった場合、末尾の「と」から始まる単語を言う(例: 時計。この例の場合は「♪ベルト・ベルト・ベルとけい…」というリズムになる)。リズムに乗れなかった場合や言葉が出でこなかった場合、存在しない単語(虻川美穂子等)・一度言った単語・人名(答えやすいという理由から・中川翔子等)、擬態語や擬声語、下品すぎる単語(和田アキ子等)を言うとアウト。(挨拶はOKオシャレ魔女 アブandチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐のやさしい夜遊び

    桑田佳祐のやさしい夜遊びから見た和田アキ子和田 アキ子

    妄想夏フェス - キャリアや洋邦を問わず幅広い歌手の楽曲が流れている。サザンや桑田自身の楽曲が流れることもある。夏フェスを意識しているため、歓声などのSEも同時に流れている。「ひとり紅白歌合戦」と同様に「?対決」といった括りになっており、「茅ヶ崎を愛してやまない対決」(aiko、サザンオールスターズ)、「本当にエロいのはどっちだ対決」(JUJU、椎名林檎、内田高子)、「我がルーツ!対決」(ポール・マッカートニー(ウイングス)、エリック・クラプトン)、「夏が似合わない対決」(石川さゆり、浅川マキ、さだまさし)、「誰がどれだかわからない対決」(和田アキ子、クレイジーケンバンド、串田アキラ)、「濃い顔対決」(UA、平井堅、尾崎紀世彦、夏川りみ)など幅広い。桑田佳祐のやさしい夜遊び フレッシュアイペディアより)

  • レコードレーベル

    レコードレーベルから見た和田アキ子和田 アキ子

    ユニオンレコード(かつての準主力レーベル。当初は群小の洋盤を統括する位置付けのレーベルとして発足したが、1960年代後半に和製ポップスを手がけたのを機に洋楽レーベルとしての色合いが徐々に薄れ、1970年代後半にはポップス・歌謡曲中心の邦楽レーベルに転向・特化した。一時は休止状態にあったが〔再発売盤はメインレーベルに変更〕、2007年、和田アキ子のレーベルとして復活)レコードレーベル フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    第36回(1985年)以来13年ぶりに歌手リーダー制を復活させた。紅組は和田アキ子(前回の紅組司会)、白組は北島三郎がそれぞれリーダーに抜擢された。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 不良番長

    不良番長から見た和田アキ子和田 アキ子

    本作以降、男の番長よりも、女の番長を主人公とする、いわゆる"女番長(スケバン)映画"が1970年代前半に一大ブームとなった。この"女性版不良番長/女番長映画"を最初に作ったのは東映ではなく日活で、1969年長谷川照子主演『女番長 仁義破り』を製作した。タイトルに"女番長"と付いた映画も『女番長 仁義破り』が初。1970年、大映が南美川洋子主演で『高校生番長』を、日活も長谷部安春監督・和田アキ子・梶芽衣子主演で『女番長 野良猫ロック』を同年、同じ5月2日に公開し、どちらもシリーズ化して突如"女番長ブーム"が起きた。『女番長 野良猫ロック』のヒットは、併映がハレンチ学園』だったからという見方もある。この『野良猫ロック』シリーズは、出演者がバイクやバギーに乗る設定が『不良番長』からの影響が見られる。大映、日活だけに儲けさせておくわけにはいかんと、東映は同年6月13日、京都撮影所で大原麗子、夏純子、市地洋子主演で『三匹の牝蜂』を製作公開。東映の"女番長映画"も岡田茂企画のこれが最初。また東京撮影所で、同時期『不良番長』にも出演した大信田礼子を主演に『不良番長』のスピンオフ企画として『ずべ公番長 夢は夜ひらく』(9月22日公開)を第一作に『ずべ公番長』をシリーズ化、東西の撮影所で別々の女番長映画を製作した。「ずべ公番長シリーズ」は、毎回ズベ公達が刺激的な服装で登場する点で、コスプレものの元祖という評価もある。東映の女番長映画は、岡田が「石井輝男のエログロ映画が終わり、ヤクザ映画以外にもう1本ラインがないと興行が弱い、若者のラインを何とか確立したい」と号令してシリーズ化させた。岡田は"牝蜂"という言葉が好きで、『三匹の牝蜂』の続編も岡田が命名した『牝蜂の逆襲』というタイトルで製作を進めていたが、監督の鈴木則文が当時の取材中に耳にした"すけばん"という言葉の鮮度は捨てがたいと"女番長"と書いて"すけばん"と読ませることを発案し『女番長(すけばん)ブルース 牝蜂の逆襲』(1971年10月27日公開)というタイトルに変更した。映像作品のタイトルに"すけばん"という言葉が使われたのはこの映画が最初。"すけばん/スケバン"という言葉はそれまでまだ一般的には知られていなかった。この池玲子を主演とする『女番長(すけばん)ブルース 牝蜂の逆襲』が『女番長シリーズ』第一作とされているが、すけばん"を片仮名表記の"スケバン"に変更したのは、1972年8月公開のシリーズ三作目の『女番長(スケバン)ゲリラ』で、片仮名表記の"スケバン"とタイトルに付けられたのも本作が最初。東映以外の女番長映画は案外露出度は低かったが、東映の本シリーズは主演の池玲子が初のトップレス番長を演じ巨乳を披露した。本シリーズは完全なバイカー映画で、『不良番長』の女性版という趣だった。1973年1月13日公開されたシリーズ四作目『女番長 スケバン』が、『仁義なき戦い』1作目との併映。間もなく大映が消滅し日活もロマンポルノに移行するため、東映のみで「スケバン映画」が、池玲子や杉本美樹、山内えみこらの主演で製作が続き、内藤誠監督の1977年『地獄の天使 紅い爆音』で1970年代の「スケバン映画」は終了したとされる。その後「スケバン映画」は、1975年に連載が始まった和田慎二の漫画『スケバン刑事』を実写化したスケバン刑事が1980年代後半に東映でテレビドラマ化、映画化され大ブームを起こした。不良番長 フレッシュアイペディアより)

  • 胡口和雄

    胡口和雄から見た和田アキ子和田 アキ子

    和田アキ子とはナイターオフの番組で共演して以来仲がよく、「アッコちゃん」「こぐっちゃん」と呼びあって周囲を驚かせた経験がある。胡口和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 第24回NHK紅白歌合戦

    第24回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    紅組応援団長:和田アキ子第24回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

702件中 41 - 50件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード