702件中 61 - 70件表示
  • 天王寺駅

    天王寺駅から見た和田アキ子和田 アキ子

    2015年(平成27年)3月22日 - 大阪環状線ホームに発車メロディを導入。曲は和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」。天王寺駅 フレッシュアイペディアより)

  • ラヴ (ジョン・レノンの曲)

    ラヴ (ジョン・レノンの曲)から見た和田アキ子和田 アキ子

    尾崎紀世彦は、1972年にカヴァーし、アルバム『尾崎紀世彦 アルバムNo.5』『尾崎紀世彦の世界』に収録された。また、和田アキ子も1974年に「ふれあう愛(ラブ)」というタイトルで日本語カヴァーした。ラヴ (ジョン・レノンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • Loop In My Heart/HEY!

    Loop In My Heart/HEY!から見た和田アキ子和田 アキ子

    「Loop In My Heart / HEY!」(ループ イン マイ ハート / ヘイ)は、日本の音楽グループであるm-floの19thシングル。m-flo loves EMYLI & YOSHIKA「Loop In My Heart」とm-flo loves Akiko Wada「HEY!」の両A面シングルである。2005年7月13日発売。Loop In My Heart/HEY! フレッシュアイペディアより)

  • 第66回NHK紅白歌合戦

    第66回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    優勝直後、綾瀬はホリプロおよび紅組司会の先輩である和田アキ子、松田聖子と抱擁した。第66回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 細野 晴臣

    細野晴臣から見た和田アキ子和田 アキ子

    あがた森魚、生田敬太郎、いとうたかお、井上陽水、遠藤賢司、大瀧詠一、大野義雄、岡林信康、小椋佳、加川良、笠井紀美子、加藤和彦、金延幸子、ガロ、喜多嶋修、小坂忠、斎藤任弘、ザ・ディランII、沢チエ、ジミー・蒔田、高田渡、寺本圭一、友部正人、中川イサト、中川五郎、中山ラビ、中島みゆき、西岡恭蔵、布谷文夫、平尾昌晃、ブレッド&バター、星野源、ミッキー・カーチス、南正人、南佳孝、森山良子、矢野顕子、山下達郎、山本コウタロー、和田アキ子細野晴臣 フレッシュアイペディアより)

  • 黒柳 徹子

    黒柳徹子から見た和田アキ子和田 アキ子

    番組では、黒柳への信頼などからゲストがそれまで公にしていなかった自身に関する重大事を告白することもある。和田アキ子は「黒柳さんだから申し上げるんですけれど」と、自身の病気が子宮癌だったことを告白し、2003年には大空眞弓が癌に罹患していることを公表している。また、2009年には赤木春恵が乳癌であったことを告白したほか、大山のぶ代が脳梗塞を患っていたことも告白している。さらに、武田鉄矢が初めて鬱病体験を語ったほか、小川宏が自らの自殺未遂・鬱病体験を初めて告白したのも『徹子の部屋』である。2001年には伊原剛志が在日朝鮮人であること、2009年には長門裕之が妻・南田洋子の認知症を告白した。こうした告白は、翌日以降の新聞や雑誌などにニュースとして取り上げられることもある。黒柳徹子 フレッシュアイペディアより)

  • 小西康陽

    小西康陽から見た和田アキ子和田 アキ子

    和田アキ子 - 『フリー・ソウル』小西康陽 フレッシュアイペディアより)

  • ヤッターマン (2008年のテレビアニメ)

    ヤッターマン (2008年のテレビアニメ)から見た和田アキ子和田 アキ子

    毎回のように様々なゲストキャラクターが登場し、その中には実在する有名人を忠実に再現したキャラクターもいる。声についてもほとんどは本人が担当し、出演者には番組で使用した上北ふたごデザインによる本人のイラストがプレゼントされている。また、作中に登場するメカにも有名人をモデルにしたものがある。「ドロンボーメカ」にはワダアッコー、エドハルミヨン、サチコDX(ディーエックス)など、「ビックリドッキリメカ」にはオマカセメカ、パーメカなど。和田に関しては本人自ら出演をしているわけではないが(声はたかはし智秋が担当)、自身の番組『アッコにおまかせ!』(TBS系列)でワダアッコーのことが紹介された時、たいそう気に入って「原画がほしい」と希望したことから大河原直筆のワダアッコーとヤッターワンの原画が後日プレゼントされた。ヤッターマン (2008年のテレビアニメ) フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見た和田アキ子和田 アキ子

    「ザ・トップテン」を引き継いだ番組で、開始当初は渋谷公会堂から生放送だったが、その後は日本テレビ麹町放送センターGスタジオからの非公開で最終回まで続いた。司会は徳光和夫・石野真子コンビだったが、1987年より島田紳助・和田アキ子のコンビに代わっている。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 第52回NHK紅白歌合戦

    第52回NHK紅白歌合戦から見た和田アキ子和田 アキ子

    小林幸子は前回「豪華衣装で出演するのは最後」との発言をしていたが、今回も『Flower of dream』と題した豪華衣装を披露した。大型舞台装置を止めて人力に替えたというのが真相であった(和田アキ子は紅白の出場歌手が発表される以前から衣装を制作している小林に否定的な考えを持っており、この件がきっかけで2人の間に確執が生じた)。第52回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

702件中 61 - 70件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード