702件中 71 - 80件表示
  • 岡嶋かな多

    岡嶋かな多から見た和田アキ子和田アキ子

    嵐、安室奈美恵、EXILE、和田アキ子、Hey! Say! JUMP、少女時代 、BoA、E-girls、ローラを含む、多数のアーティストに楽曲を提供しながら、自身のバンド Acushlaのボーカリスト、さらには、コーラス、ラジオパーソナリティを務める。岡嶋かな多 フレッシュアイペディアより)

  • 美空ひばり

    美空ひばりから見た和田アキ子和田アキ子

    同年7月22日に青山葬儀所で行われた葬儀では4万2千人が訪れた。喪主は和也が務め、葬儀では萬屋錦之介・中村メイコ・王貞治・和田アキ子・とんねるずの石橋貴明が弔辞を読み上げ、北島三郎・森昌子・藤井フミヤ・近藤真彦などひばりを慕った歌手仲間が『川の流れのように』を歌い、美空ひばりの霊前に捧げた。戒名は慈唱院美空日和清大姉。墓所は横浜市営日野公園墓地にある。菩提寺は港南区の唱導寺。美空ひばり フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のテレビ (日本)

    1975年のテレビ (日本)から見た和田アキ子和田アキ子

    11日 - フジテレビ系の歌謡番組『夜のヒットスタジオ』を、開催中の沖縄国際海洋博覧会の会場から生放送。出演歌手は五木ひろし・山口百恵・黒木真由美・和田アキ子・森進一、そして沖縄出身の南沙織と、翌年から新たに司会に就任する井上順。だが当日は台風が襲い、せっかく造った特設ステージが使えず、会場近くのブース内での放送となった。これ以後同番組が野外放送の時は天候不順になるのが連発する。1975年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル

    お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャルから見た和田アキ子和田アキ子

    まちゃまちゃ (今すぐKiss Me/LINDBERG) vs インパルス(堤下) (あの鐘を鳴らすのはあなた/和田アキ子お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 小林幸子

    小林幸子から見た和田アキ子和田アキ子

    この時の小林の発言が「豪華衣装封印」とも取れるものであったため、「何故、豪華衣装を止めると言ったのに止めないのか?」「演歌歌手は嘘吐きが多い」と2001年の紅白のリハーサル終了後に記者会見を行った和田アキ子がその場で小林を批判し話題を集めた。この時は数多くの演歌歌手仲間の他に松山千春やさだまさしらの大物も小林に同情的な発言をした。小林幸子 フレッシュアイペディアより)

  • 板東英二

    板東英二から見た和田アキ子和田アキ子

    10歳年下の和田アキ子にも「板ちゃん」と呼ばれている(和田は芸能人としては先輩)が、板東は和田を「アッコ」と呼んでいる。年下である明石家さんまや島田紳助などからは「板東さん」と呼ばれるが、同じ年下であるやしきたかじんなどからは「板ちゃん」と呼ばれている。板東英二 フレッシュアイペディアより)

  • 日本エアシステム

    日本エアシステムから見た和田アキ子和田アキ子

    他の国内大手2社同様に夏季には沖縄・奄美群島キャンペーンや北海道キャンペーンを実施したほか、他の寄港地や貨物部門での広告キャンペーンも行われた。また、1990年頃、「ハートフルJAS」というコピーが用いられた時期に和田アキ子、ホノルル線就航時に中村吉右衛門といった著名人をテレビCMに起用したこともあった。日本エアシステム フレッシュアイペディアより)

  • テイチクエンタテインメント

    テイチクエンタテインメントから見た和田アキ子和田アキ子

    ユニオンレコード:当初は各種洋楽の統括レーベルとして設立。1970年代にはアイドル系レーベルとして使用されたが、例外的に演歌・歌謡曲もあった。現在は和田アキ子専用(過去の作品の再発売は、レーベルをテイチクレコードに変更)テイチクエンタテインメント フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た和田アキ子和田アキ子

    しかし、第17回からは、井上陽水(第17回)布施明、小林旭、ジーニー(いずれも第19回)クリス松村(第20回、第3回紅白)、北斗晶(第20回)武田鉄矢(第20回、第21回、第3回紅白)川島永嗣、冠二郎、おすぎ(いずれも第21回)。加藤茶、忌野清志郎(いずれも第22回)西田敏行(第22回、第3回紅白)和田アキ子(第3回紅白)などと矢野顕子以外のモノマネを披露した。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のテレビ (日本)

    1985年のテレビ (日本)から見た和田アキ子和田アキ子

    TBS系の日曜昼枠にて、和田アキ子司会の生放送バラエティ番組『アッコにおまかせ!』放送開始。初代男性パートナーは松尾貴史(当時の芸名はキッチュ)が務めた(2017年現在も継続中)。1985年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

702件中 71 - 80件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード