278件中 91 - 100件表示
  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見たWhat's Love? (バンド)

    「あの鐘を鳴らすのはあなた」は自他共に認める和田の代表曲。2001年(平成13年)にWhat's Love?、2005年(平成17年)にはサンボマスターによってカヴァーされる。この曲の歌詞にはベトナム戦争への反戦メッセージが込められているといわれ、1972年(昭和47年)の『第23回NHK紅白歌合戦』では当時のNHKに配慮して歌わなかった。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見た島津亜矢

    こころのこだま(2005年7月7日)石川さゆり,岩崎宏美,大泉逸郎,川中美幸,島津亜矢,田端義夫,チェウニ,天童よしみ,BEGIN,前川清,山本譲二,和田アキ子名義。テイチクエンタテインメント70周年記念曲和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見た田端義夫

    こころのこだま(2005年7月7日)石川さゆり,岩崎宏美,大泉逸郎,川中美幸,島津亜矢,田端義夫,チェウニ,天童よしみ,BEGIN,前川清,山本譲二,和田アキ子名義。テイチクエンタテインメント70周年記念曲和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見た及川恒平

    見えない世界(1975年2月15日)及川恒平・細野晴臣作品和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見た朝本浩文

    あの日によく似た青い空(2000年6月17日)朝本浩文プロデュース作品和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見たザ・デストロイヤー

    1973年(昭和48年)から日本テレビ系のバラエティ番組『金曜10時!うわさのチャンネル!!』に出演。番組内で「ゴッド姉ちゃん」(映画ゴッドファーザーに由来)と呼ばれ、せんだみつお、湯原昌幸、ザ・デストロイヤーらとドタバタギャグを繰り広げたことで、デカくて・コワい・強いというイメージが全国的に広まった。姐御肌のキャラクターや、女性としては高い身長、靴のサイズの大きさ(27cm)などによる。1979年(昭和54年)、「ゴッド姉ちゃん」のイメージが定着してしまったのを嫌い『うわさのチャンネル』などのバラエティ番組レギュラーを降り、歌手一本で仕事をすると宣言し日本テレビと一時折り合いが悪くなる(現在は和解)。1985年(昭和60年)から『アッコにおまかせ!』の司会を担当。長寿番組となる(2012年12月現在)。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見たミヤコ蝶々

    木曜ゴールデンドラマ「姑VS嫁(2) 姑の心意気」(読売テレビ、1986年) - ミヤコ蝶々と共演和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見たライザ・ミネリ

    和田が「どんぐりカット」と呼んでいる独特の髪型は、ライザ・ミネリの髪形を真似たものである。1976年頃にのどのポリープ手術で入院する際、入浴に制限があるため手入れがいらない髪形を探していたところ、たまたまライザ・ミネリの写真を見て気に入り、それを和田に似合うようにアレンジした。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見たEMYLI

    Loop In My Heart/HEY!(2005年7月13日)m-flo?EMYLI&YOSHIKA/m-flo?Akiko Wada、ドワンゴイロメロミックスコマーシャルソング/TBS系『野球熱闘2005』テーマソング、TBS系『MLB主義』エンディングテーマ和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田 アキ子

    和田アキ子から見た堀威夫

    小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。173cm(デビュー当時)の長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ(当時:ホリプロダクション)社長堀威夫直々にスカウトされる、当時はグランプリズ(夏夕介が在籍)というバンドを組み、大阪と神戸三宮で活動していたが実際にデビュー出来たのはボーカルの和田とオルガンの夏のみであった。芸名の「アキ子」の「アキ」がカタカナなのは、本名の「現子」が普通に読めないため、当時のホリプロの社長が付けた。本名は当て字である(人名参照)。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

278件中 91 - 100件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード