286件中 61 - 70件表示
  • 和田アキ子

    和田アキ子から見た毛髪クリニックリーブ21

    また楽屋を同じ部屋にするなど、自らしつけ係を買って出た。このことがきっかけで紳助とは自他認める弟分という意味も込めた親友的な存在となり、自身の悩み等いろいろと相談できる間柄となった。『歌のトップテン』、フジテレビ『B.C.ビューティー・コロシアム』では司会コンビを組む(『毛髪クリニックリーブ21』のCMでも共演)。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田アキ子

    和田アキ子から見たKDDI

    au(KDDI・沖縄セルラー電話連合) - 「auの学割」のCMにドッキリゲストとして出演(剛力彩芽、森三中、前田旺志郎と共演)和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田アキ子

    和田アキ子から見た関西テレビ放送

    世の中さかさま(1970年、関西テレビ) - 主演・池田典子 役和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田アキ子

    和田アキ子から見たサントリー

    サントリー(MDゴールデンドライ・ジョッキ生)和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田アキ子

    和田アキ子から見たプロクター・アンド・ギャンブル

    P&Gヘルスケア(ヴィックスサイネックス)和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田アキ子

    和田アキ子から見たNHK紅白歌合戦

    1970年(昭和45年)、『女番長・野良猫ロック』(日活)で映画初主演を果たす。また、「笑って許して」でNHK『第21回NHK紅白歌合戦』に出場、『NHK紅白歌合戦』初出場を果たす。以後、1978年(昭和53年)まで連続出場。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田アキ子

    和田アキ子から見たアッコにおまかせ!

    1985年(昭和60年)からTBS『アッコにおまかせ!』の司会を担当。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田アキ子

    和田アキ子から見た大阪市

    小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。174cm(デビュー当時)の長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ(当時:ホリプロダクション)社長・堀威夫直々にスカウトされる、当時はグランプリズ(夏夕介が在籍)というバンドを組み、大阪と神戸三宮で活動していたが実際にデビューできたのはボーカルの和田とオルガンの夏のみであった。芸名の「アキ子」の「アキ」がカタカナなのは、本名(当時は通名)の「現子」が普通に読めないため、当時のホリプロの社長が付けた。本名は当て字である(人名参照)。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田アキ子

    和田アキ子から見た日本放送協会

    1970年(昭和45年)、『女番長・野良猫ロック』(日活)で映画初主演を果たす。また、「笑って許して」でNHK『第21回NHK紅白歌合戦』に出場、『NHK紅白歌合戦』初出場を果たす。以後、1978年(昭和53年)まで連続出場。和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田アキ子

    和田アキ子から見た前田旺志郎

    au(KDDI・沖縄セルラー電話連合) - 「auの学割」のCMにドッキリゲストとして出演(剛力彩芽、森三中、前田旺志郎と共演)和田アキ子 フレッシュアイペディアより)

286件中 61 - 70件表示

「和田アキ子」のニューストピックワード