前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た和田一浩和田一浩

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た和田一浩和田一浩

    11月21日 - 第2回スタッフ会議。阪神の新井貴浩、矢野輝弘の辞退、中日の岩瀬仁紀、浅尾拓也、高橋聡文、森野将彦、和田一浩の辞退、松井秀喜らが出場に所属球団の許可が必要となることなどを考慮し、新たに候補選手をリストアップし、海外組も含めた45人の候補を12月15日に発表することに。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本真或

    岡本真或から見た和田一浩和田一浩

    1月、FA移籍した和田一浩の人的補償として埼玉西武ライオンズへ移籍。移籍後は西武の弱点でもあった中継ぎとしての役割を与えられ、5月の中旬頃までは防御率が1点台と評判通りの活躍をし、北京オリンピック野球日本代表の第一次候補選手に選出された。しかし、シーズン後半は山崎武司、アレックス・カブレラに本塁打を打たれるなどと大事な場面で打ち込まれるケースが目立ち、防御率が一時4点台へと悪化し、そのため二軍落ちも経験した。前年ほどの安定した投球内容ではなかったが、6年連続となる40試合登板を達成し、チーム2位の18ホールドを挙げて西武のリーグ優勝・日本一・アジアシリーズ制覇に貢献した。岡本真或 フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ガイエル

    アーロン・ガイエルから見た和田一浩和田一浩

    は春季キャンプから調整も順調に進み、オープン戦20試合で打率.420、本塁打5本という好成績を残した。シーズン開幕から主に5番ライトで出場していたが、対左投手打率が一時1割台前半と低迷した事もあり、相手先発投手が左投げの試合ではスタメンを飯原誉士に譲る事も多かった。しかし、5月頃から打撃が上向きになってきた事や、それまで4番であったジェイミー・デントナの不振などから、一時は畠山和洋と日替わりで4番に据わることもあった。6月14日の対オリックス戦で、自身初の満塁本塁打、6月18日の対ロッテ戦でも自身初のサヨナラ本塁打を放つなど、貴重な大砲としてチームを牽引し、チームトップの27本塁打を打った。来日最高となる打率.267。80打点で、15死球で2度目の最多死球を記録し、打率リーグ19位ながら出塁率.367は9位、長打率.533は5位だった。守備面でも強肩を発揮して和田一浩とリーグトップタイの12補殺を記録、また2度のライトゴロを記録するなど攻守に渡って活躍した。オフに2011年シーズンまでの2年契約を結び残留した。アーロン・ガイエル フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た和田一浩和田一浩

    11月9日 - 西武・和田一浩外野手がフリーエージェント権利行使を申請。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た和田一浩和田一浩

    は左翼手和田一浩の加入により主に中堅手として出場。春季キャンプで左手甲を骨折したが、開幕戦に7番・中堅手として出場。打順は開幕当初は7番だったが、6番を経て3番に戻る。5月に左ふくらはぎ肉離れで戦線を離脱するも7月5日に復帰。8月、北京オリンピック野球日本代表に選出。北京五輪後は故障の井端弘和に代わり1番を、タイロン・ウッズが不調の際には4番を任され、この年は2番・8番・9番以外の打順を経験した。自身初の打率3割を記録。8月、国内移籍が可能なFA権を取得。オフに球団と年俸変動制の5年契約を結んだ。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た和田一浩和田一浩

    5月に2歳年下の女性と結婚。シーズンでは中村紀洋の退団により森野将彦が三塁手に専念、それにより空いたセンターのポジションを獲得。シーズンを通してほぼスタメンで出場した。春季キャンプ中の練習試合では左右両打席でヒットを放ち、オープン戦でも左打席、右打席それぞれで本塁打を放つなど活躍。好調のまま迎えた公式戦では開幕直後の6試合で4本塁打と前3シーズンにおける自身の通算本塁打数(3本)を更新した。6月30日の対阪神戦では、3点差をひっくり返す、プロ入り初の逆転満塁本塁打を放った。4月28日の故郷豊橋での試合でスタメンで凱旋、過去の豊橋での試合では代打登場したが凡退、故郷豊橋では未だ無安打。9月6日、対横浜戦(新潟)で和田一浩と交錯して骨折し戦列離脱。結局、規定打席には8打席届かなかった。10月17日、ヤクルトとのクライマックスシリーズ第1ステージ初戦にスタメン出場し3安打と戦力として復帰した。しかしチームはクライマックスシリーズ第2ステージで敗退。恩師の立浪和義が引退し、立浪がロッカーで選手一人一人に挨拶をしたが、その中で藤井は泣いていたという。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台のスポーツ

    仙台のスポーツから見た和田一浩和田一浩

    高校や大学のスポーツでは、バレーボール、バスケットボール、フィギュアスケート、アイスホッケー、ゴルフなどに全国レベルの強豪校が存在する。野球では東北高校や仙台育英学園高校や東北福祉大学などの強豪校がある。2004年の都道府県出身地別プロ野球選手数において、宮城県は14人で全国19位。また、仙台以外の出身であっても、アマ時代に仙台の高校や大学でプレーし、後にプロ野球選手となって活躍している金本知憲、嶋重宣、ダルビッシュ有、和田一浩など、スポーツにおける門戸開放が進んでいる。仙台のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た和田一浩和田一浩

    外野手:4藤井淳志、5和田一浩、8平田良介、9野本圭、24英智、32大島洋平、44小池正晃、51中村一生、63堂上剛裕2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た和田一浩和田一浩

    、読売ジャイアンツにFA移籍した清原和博の後釜としてドミンゴ・マルティネスを、ドラフトで和田一浩、玉野宏昌などを獲得。この年、4番に座った鈴木健が奮起。このほか松井稼頭央をはじめとする新鋭、また黄金期を支えた新谷博、潮崎哲也、杉山賢人、佐々木誠らベテラン、中日から移籍した金村義明などの活躍で3年ぶりにリーグ制覇を成し遂げた。しかし、日本シリーズではヤクルトスワローズに1勝4敗で敗れる。7月10日の近鉄戦で9回表西武は無死一、二塁の場面で奈良原浩が牽制でタッチアウトになり、そのジャッジに怒った奈良原は丹波幸一塁審に対して胸を突いたため退場。試合終了後奈良原の件で東尾が抗議、丹波が抗議を受けなかった事に激怒し、胸を突き退場を宣告され、蹴るなどの暴力行為を行い、パ・リーグ関係者が仲裁に入る騒動になった。翌日3試合出場停止、罰金10万円の処分を受けた。丹波は左下腿挫傷と診断された。監督代行はヘッドコーチの須藤豊が務めた。翌は日本ハムからトレードで西崎幸広を、またオリックスからFAで中嶋聡を獲得するなど戦力を補強、森慎二、デニー友利、竹下潤、橋本武広などの活躍でリーグ2連覇を果たすが、日本シリーズでは横浜に2勝4敗で敗れ、2年連続で日本一を逃した。東尾修 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「和田一浩」のニューストピックワード