121件中 91 - 100件表示
  • 神戸製鋼硬式野球部

    神戸製鋼硬式野球部から見た和田一浩和田一浩

    和田一浩(捕手) - ドラフト4位で西武ライオンズに入団神戸製鋼硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た和田一浩和田一浩

    6番・三塁手で開幕戦出場すると、4月に打棒を爆発。3試合連続を含む9本塁打を記録し、チームは首位を独走。その後、調子を落としたがチャンスになると送りバントを積極的に行うなど、何とか首位を守り、6月1日の日本ハム戦では札幌ドームで延長12回に武田勝から決勝本塁打を放った。しかし、その翌日の6月2日、対西武戦で和田一浩の打球を処理する際、古傷の右手親指内側側副靭帯を剥離骨折し、長期にわたり登録抹消となる。チームもそこから極度の不振に陥った。リハビリも思うようにいかず、8月18日の中日戦にてようやく一軍復帰。打撃面でも怪我前に比べて精彩を欠いてしまう。最終的に4番での出場は9月3日対中日戦の1試合のみ、打率は.256、二塁打数はわずか5本。そして結局チームは2年連続Bクラスに終わってしまう。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • G.G.佐藤

    G.G.佐藤から見た和田一浩和田一浩

    はオープン戦で前年と同じように打ちまくり、5本塁打を放つなど好調ぶりをアピールして、開幕1軍入りを果たした。起用に応えて開幕戦・開幕2戦目と2試合連続本塁打を放ったほか、4月28日の対ロッテ戦でヒーローインタビューを受けた際、2007年における自身のキャッチフレーズを、「ファンを愛し、ファンに愛される選手になりたい」思いから「愛の波動砲 G.G.佐藤」と宣言した。7月にはアレックス・カブレラが離脱したため空位になった4番候補に江藤智・和田一浩とともに名前が挙げられ、調子を上げていたG.G.佐藤が抜擢されて7月11日から4番を任され、カブレラ、和田が不振の時にはクリーンナップを任された。ヒーローインタビューと同時に発売すると予告していた自身の肉体がプリントされた「キモティーシャツ」が7月7日の対ソフトバンク戦でのヒーローインタビュー開始と同時に限定300枚で販売された。G.G.佐藤 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見た和田一浩和田一浩

    2006年、シェイクと同じフォームからおよそ110km/hの速球を投げ込む「フェイク」を開発している。これは、ゆったりとした独特の投球動作で打者にはシェイクを投げることを予感させながら、異なる球種で投げるという投法である。メディアに「フェイク」と取り上げられる前に、この投法で西武の和田一浩から三振を奪っている。小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

  • ハゲ

    ハゲから見た和田一浩和田一浩

    2017年8月7日に東京ドームで開催された野球の試合「サントリー ドリームマッチ2017 ザ・プレミアム・モルツ球団対ドリーム・ヒーローズ」の6回・モルツ球団の攻撃時には、投手・佐野慈紀の明らかなボール投球を球審がストライクと判定し、打者・和田一浩が怒り、佐野、捕手・小田幸平、球審、一塁塁審が帽子・ヘルメットを脱いで頭皮を露出させながら止めに入り、和田もヘルメットを脱ぎ捨てて頭皮を露出させ、最後は本塁付近で5人でを組む、という演出があった。また、佐野はこの乱闘パフォーマンスの直後、投球モーションの際に帽子が脱げ、再び頭皮が露出するという「ピッカリ投法」を披露した。ハゲ フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た和田一浩和田一浩

    代表的な例は、元東映の白仁天、元オリックスの石嶺和彦、元ヤクルトの飯田哲也(捕手→二塁手→外野手)、秦真司、元大洋の屋鋪要、元阪神の浅井良、元西武の垣内哲也、元中日の関川浩一、和田一浩、元日本ハムの米野智人、元楽天の礒部公一など。現役選手では阪神の狩野恵輔、中谷将大、楽天の岡島豪郎などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た和田一浩和田一浩

    1990年と2005年にほとんどの選手の応援歌の変更がなされている(1990年の変更は関東地区のみで九州では従前の応援歌のまま)。しかし、チャンスの打席になると、その選手の変更前の応援歌や以前同じ背番号をつけていた選手の応援歌などが演奏されることもある。西武ドームで細川亨がチャンスで打席に立ったとき、伊東勤元監督の選手時代の応援歌が演奏されたこともあった。チャンステーマとしては背番号7の選手(2008年から2013年までは片岡易之、2014年から2015年までは脇谷亮太)及び中島裕之の打席で石毛宏典の応援歌、外国人選手の打席でアレックス・カブレラの応援歌やホセ・フェルナンデスの応援歌が使用されている。2005年に選手の応援歌の一斉変更がなされる前は新しい応援歌がほとんどといっていいほど作られず、過去の選手の流用ばかりであった。投手の応援歌だったものを野手用に使う例も見られた(小関竜也や佐藤友亮など)。実際に2005年の応援歌変更の対象とならなかったアレックス・カブレラの応援歌はマイク・パグリアルーロ以降、ダリン・ジャクソン、ドミンゴ・マルティネスなど歴代の外国人選手に使用されていた曲(歌詞も名前部分以外そのまま)、和田一浩の応援歌は仲田秀司の曲の流用(歌詞は異なる)である。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 内川聖一

    内川聖一から見た和田一浩和田一浩

    早打ち型で三振と四球はともに少ないが、基準違反統一球が導入されていた2011年から2012年のリーグ最高通算打率.317を誇っている。元々は球を前で捌く打撃に自信を持っていたが、当時横浜の一軍打撃コーチであった杉村繁から、球を体の近くまで引き付けて打つようアドバイスされる。杉村との特訓による打撃改造が実って広角にヒットを量産するようになり、2008年に初めて首位打者のタイトルを獲得した。また、和田一浩がキャンプ中はカーブマシンしか打たないと聞いて、「遅いボールを強く打つということがどれだけ大変なのかが改めてわかった」とコメントしている。内川聖一 フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球9

    実況パワフルプロ野球9から見た和田一浩和田一浩

    巨人の上原浩治や西武の和田一浩等、選手の固有フォームが追加された。また巨人の松井秀喜、オリックスの具臺晟のモーションが変更された。実況パワフルプロ野球9 フレッシュアイペディアより)

  • 薮犬小夏

    薮犬小夏から見た和田一浩和田一浩

    好みの男性のタイプは元中日ドラゴンズの和田一浩。兄が1人いるが、音信不通であることを自身のツイッターで告白している。薮犬小夏 フレッシュアイペディアより)

121件中 91 - 100件表示

「和田一浩」のニューストピックワード