99件中 11 - 20件表示
  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見た和田一浩和田一浩

    、交流戦前から調子が上がり始めたが、交流戦後に再び不振に陥り4番を森野将彦や西武から移籍した和田一浩に譲り、時にはスタメンを外れた。来日以降6年連続35本塁打以上を記録するものの、打点は来日以降最低の数字に終わる。クライマックスシリーズではチームトップの5本塁打を放ち活躍したが、高額な年俸と下降した成績で既に39歳で高齢ということもあり、自由契約。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • 平井正史

    平井正史から見た和田一浩和田一浩

    、岡本が和田一浩のFA移籍による人的補償で西武に移籍して、ベテランの中継ぎとして起用されるもシーズン後半に打ち込まれることが多くなり、二軍に降格することもあった。秋にはフェニックス・リーグに参加した。平井正史 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た和田一浩和田一浩

    外野手:4藤井淳志、5和田一浩、8大島洋平、9野本圭、24英智、40平田良介、44小池正晃、63堂上剛裕2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た和田一浩和田一浩

    第1戦とは逆に西武の打線が爆発した。1回表に2点を先制すると、2回表にも赤田将吾、フェルナンデスの適時打で3点を追加し、ダイエー先発の和田毅をKOした。さらに西武は6回表に和田一浩の満塁本塁打、7回に高木浩之の二点本塁打でダメ押し11-0とした。余裕の出来た西武は先発の松坂を6回で降板させた。ダイエーは7回裏に1点を返したのみにとどまった。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • No Limit打線

    No Limit打線から見た和田一浩和田一浩

    2008年の西武は前年の4番打者アレックス・カブレラ、5番打者和田一浩が抜ける危機的状態であり、シーズン前の下馬評も優勝を予想する者は岩本勉を除けば皆無であり、前年25年ぶりにBクラスに落ちたこともあり最下位予想もあるほどであった。No Limit打線 フレッシュアイペディアより)

  • 長野正実

    長野正実から見た和田一浩和田一浩

    2009年4月10日、マツダスタジアムの杮落としとなった広島対中日戦で和田一浩が放った同球場第1号ホームランの瞬間を実況した。長野正実 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2006年のパシフィック・リーグプレーオフから見た和田一浩和田一浩

    西武・松坂大輔、ソフトバンク・斉藤和巳の両エースが息の詰まるような投手戦を演じ、7回裏に和田一浩の二塁打で挙げた1点を守り抜いた松坂が13奪三振で完封勝利。ソフトバンク打線は松坂から6安打・4死球で得た走者を活かせず、9奪三振の斉藤和の好投に報いることが出来なかった。これで松坂はプレーオフ通算3勝0敗、斉藤和は0勝3敗。2006年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 第61回選抜高等学校野球大会

    第61回選抜高等学校野球大会から見た和田一浩和田一浩

    和田一浩(県岐阜商?東北福祉大学?神戸製鋼?西武?現・中日)第61回選抜高等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のスポーツ

    1972年のスポーツから見た和田一浩和田一浩

    6月19日 - 和田一浩(岐阜県、野球)1972年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市民球場

    北九州市民球場から見た和田一浩和田一浩

    2002年5月28日、福岡ダイエーホークス対西武ライオンズにおいて、和田一浩外野手が外野フェンスに激突し左膝骨折の大怪我を負った(同年6月23日復帰)。北九州市民球場 フレッシュアイペディアより)

99件中 11 - 20件表示

「和田一浩」のニューストピックワード