99件中 31 - 40件表示
  • 江藤智

    江藤智から見た和田一浩和田一浩

    、西武では年齢、キャリア年数ともチーム最高となり、豊富な経験に人柄も手伝って若い選手の多いチームにあって貴重な存在感を示した。36歳の誕生日となる4月15日の千葉ロッテマリーンズ戦では内竜也から2年越しとなる通算350号本塁打も放った。また7月19日のソフトバンク戦では、主力であるアレックス・カブレラや和田一浩といった主力打者が抜けたため4番に座り(巨人時代は一度も4番を打たなかった)、6回表に佐藤誠からレフトへの二塁打を放ち、通算1500本安打を達成した。移籍後は主に代打(対左投手)としての起用が多く、時には指名打者や一塁手、三塁手として先発出場している。江藤智 フレッシュアイペディアより)

  • 警告試合

    警告試合から見た和田一浩和田一浩

    5月13日・14日の同カードの試合では、2戦合わせて6個の死球を出した。特に2戦目では最後に西武・和田一浩への死球で巨人のタフィ・ローズと西武のホセ・フェルナンデスが睨み合うなど、険悪なムードを残して試合を終えたため、審判団が15日の試合を「パ・リーグ アグリーメント」に基づいて警告試合とした。警告試合 フレッシュアイペディアより)

  • 垣内哲也

    垣内哲也から見た和田一浩和田一浩

    1999年大砲として期されたアーキー・シアンフロッコ、グレッグ・ブロッサーら助っ人陣の大誤算と鈴木健が不振に喘ぐ中、チーム最多の15本塁打を放ち復活。以後3年連続で二桁本塁打を記録し左打者偏重のチームの中、和田一浩が台頭するまでは、唯一の右の強打者として存在感を見せた。2002年オフ、椎木匠とのトレードで長距離打者不足に苦しんでいたロッテに移籍。垣内哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球9

    実況パワフルプロ野球9から見た和田一浩和田一浩

    巨人の上原浩治や西武の和田一浩等、選手の固有フォームが追加された。また巨人の松井秀喜、オリックスの具臺晟のモーションが変更された。実況パワフルプロ野球9 フレッシュアイペディアより)

  • 小林高也

    小林高也から見た和田一浩和田一浩

    目標とする選手に、日本では和田一浩や村田修一、メジャーではサミー・ソーサやアレックス・ロドリゲスを挙げている。小林高也 フレッシュアイペディアより)

  • 坂元弥太郎

    坂元弥太郎から見た和田一浩和田一浩

    9月10日の対中日戦で和田一浩を打席に迎えた時、捕手武山真吾が立ち上がって故意四球を要求するもストライクボールを投球。和田や武山を驚かせた。坂元弥太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石井義人

    石井義人から見た和田一浩和田一浩

    谷沢健一には「バットをテニスのラケットのように使える選手」と評された。文化放送ライオンズナイターでは斉藤一美に「赤いバットのテクニシャン」「麗しの広角打法」と呼ばれた。2005年にはインボイスSEIBUドームで「俺たちの首位打者」とアナウンスされていた(なお、その年の首位打者は和田一浩)。石井義人 フレッシュアイペディアより)

  • 福地寿樹

    福地寿樹から見た和田一浩和田一浩

    2007年オフ、埼玉西武ライオンズにFA移籍した石井一久投手の人的補償として、東京ヤクルトスワローズへ移籍することになった。同リーグ(日本ハム)でGMだった高田繁新監督の標榜するスピード野球に、福地の西武での活躍が合致していたことになる。プロテクトから福地を外した理由として、西武首脳陣は二軍から昇格した監督(渡辺久信)が就任したこともあって「若手を多く保護すること」を挙げていたが、元より「一軍に入れるかどうか」を基準としていたヤクルトとは若干の意識差があった模様である。結果として西武はオリックスへ移籍したアレックス・カブレラ、FA宣言で中日へ移籍した和田一浩に続き、準レギュラーに育てていた福地も失うこととなった。福地寿樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た和田一浩和田一浩

    【NPB】プロ野球コンベンションが赤坂サカス(東京都港区)で開催。年間MVPには。パ・リーグはソフトバンク・和田毅投手、セ・リーグは中日・和田一浩外野手が選出され、ともに初受賞。また、新人王にはパが日本ハム・榊原諒投手、セが巨人・長野久義外野手。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た和田一浩和田一浩

    井端の途中離脱・新外国人ディオニス・セサルや主砲トニ・ブランコの不調など、貧打に苦しみ、リリーフ投手陣に助けられて球団最多となる12回のサヨナラ勝ちを記録しつつ優勝。それでも森野・和田が打線を牽引しつづけ、若手の堂上兄弟・岩崎達郎・大島洋平らが台頭した。シーズンMVPは和田一浩強竜打線 フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「和田一浩」のニューストピックワード