121件中 41 - 50件表示
  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た和田一浩和田一浩

    7月4日 - 西武の和田一浩が対ソフトバンク戦でNPB史上142人目の通算150本塁打2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た和田一浩和田一浩

    5月31日 - 日本ハム対西武11回戦が函館で行われ、日本ハムの新庄剛志が三回裏に安打を打ち、プロ通算1000本安打を達成。西武の和田一浩が十回表に17号満塁本塁打を打ち、プロ通算100号本塁打を達成。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部寿樹

    阿部寿樹から見た和田一浩和田一浩

    10月22日に行われたドラフト会議にて、中日ドラゴンズから5位指名を受け、11月26日に契約金5,000万円、年俸1,000万円で仮契約を結んだ。2015年に引退した和田一浩の背番号5を継承した。阿部寿樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の中日ドラゴンズ

    2013年の中日ドラゴンズから見た和田一浩和田一浩

    前年まで11年連続Aクラス入りしていた中日は、エース吉見が開幕直後に怪我で離脱したのもあり、当初から優勝戦線から離脱してAクラス入り争いに終始した。8月終了時点で3位広島に1.5ゲーム差とシーズン終盤までAクラス入りの望みを繋いだが、広島が9月以降に貯金7を重ねたのに対して、中日は勝率5割に留まり、シーズンを4位で終了し、連続Aクラス入りが11年で止まった。新加入のルナが7月に怪我で離脱するまで4割近い高打率でチームを牽引したが、荒木・井端・和田らベテラン選手が振るわず、リーグ最下位の得点力に終わった。2013年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た和田一浩和田一浩

    72選手の交渉権が確定した。アトランタオリンピックが行われた年で、井口忠仁、今岡誠、谷佳知、松中信彦ら銀メダルに貢献したメンバーが上位で指名された。他にも小笠原道大、和田一浩、岩村明憲、森野将彦、小坂誠、柴原洋、礒部公一など後にチームの主力打者に成長するメンバーが指名され、特に打者の人材は当たり年のドラフト会議であった。1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 沖原佳典

    沖原佳典から見た和田一浩和田一浩

    松山市立城西中学校から愛媛県立西条高等学校へ進む。2年生の時、三塁手としての第61回選抜に出場。1回戦で和田一浩のいた県岐阜商を破るが、2回戦の龍谷高に延長12回の末、敗れた。同年夏の愛媛大会では準決勝に進むが、宮下典明のいた新田高に延長13回の末に惜敗。同年の秋季四国大会は準決勝で高松商に9回サヨナラ負け、この大会の決勝でも新田高に敗れている。翌夏の愛媛大会も準決勝で新田高にまたもや敗退、甲子園には出場できなかった。沖原佳典 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た和田一浩和田一浩

    中日ドラゴンズの和田一浩が対ヤクルト戦(ナゴヤドーム)で真田裕貴からNPB史上39人目の通算300本塁打。大学卒かつ社会人出身では史上初2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高山久

    高山久から見た和田一浩和田一浩

    は55試合出場、打率.263といずれも自己最高を記録。7月11日には延長10回に代打サヨナラ安打を放ち、7月16日には延長12回表に代打2点タイムリー三塁打を放ち、勝利に貢献した。7月19日のアレックス・カブレラ・和田一浩が共に不在だった試合では5番・指名打者として出場した。高山久 フレッシュアイペディアより)

  • 東北福祉大学硬式野球部

    東北福祉大学硬式野球部から見た和田一浩和田一浩

    和田一浩(西武ライオンズ - 中日ドラゴンズ)東北福祉大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 朝井秀樹

    朝井秀樹から見た和田一浩和田一浩

    ものまねが得意で、幾度か披露している。感謝祭のエキシビジョンマッチでは様々な打者のバッティングスタイルを真似て打席に立ち、一つの名物になっていた。楽天時代は同僚のリック・ショート・山崎武司や、アレックス・ラミレス・小笠原道大・グレッグ・ラロッカ・ターメル・スレッジ・大道典嘉・和田一浩・井端弘和などを披露している。朝井秀樹 フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「和田一浩」のニューストピックワード