99件中 61 - 70件表示
  • アテネオリンピック (2004年)

    アテネオリンピック (2004年)から見た和田一浩和田一浩

    三浦大輔・小林雅英・岩瀬仁紀・黒田博樹・上原浩治・清水直行・石井弘寿・安藤優也・松坂大輔・和田毅・岩隈久志・城島健司・相川亮二・宮本慎也・木村拓也・中村紀洋・小笠原道大・金子誠・藤本敦士・和田一浩・村松有人・谷佳知・高橋由伸・福留孝介(日本、野球)アテネオリンピック (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た和田一浩和田一浩

    アテネオリンピック野球日本代表“長嶋ジャパン”(2005年1月2日。宮本慎也、和田一浩、小笠原道大、清水直行、上原浩治、三浦大輔、石井弘寿、和田毅、岩隈久志)関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂サカス

    赤坂サカスから見た和田一浩和田一浩

    2010年11月18日、前年に続いて「プロ野球コンベンション2010」(NPB主催)を赤坂BLITZにて開催。MVPにはセ・リーグから和田一浩(中日)、パ・リーグから和田毅(ソフトバンク)がそれぞれ表彰された。また前年同様、サカス広場にレッドカーペットが登場し、表彰された選手らが、集まったファンの前でレッドカーペットウォークを披露した。イベントの模様はJ sports ESPNで生中継された(同日深夜に再放送あり)1。なお、TBS放送センターでは「第43回日本有線大賞」の生放送があり、TBSおよび周辺で二つの表彰イベントが同時開催された。赤坂サカス フレッシュアイペディアより)

  • かよえ!チュー学

    かよえ!チュー学から見た和田一浩和田一浩

    ワダ(由来:和田一浩かよえ!チュー学 フレッシュアイペディアより)

  • 攝津正

    攝津正から見た和田一浩和田一浩

    、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で自身が8年間在籍していたJR東日本東北硬式野球部が被災した際には、義援金を送り、後日見舞いにも行った。シーズンでは前述の2年連続70試合登板の勤続疲労が心配され、本人の意向や右の先発の柱が不在のチーム事情もあり先発に転向。オープン戦や練習試合など、対外試合31イニングで1失点という形で開幕を迎えた。プロ初先発となった4月16日の対西武戦では打ち込まれたものの、2回目の先発となった24日熊本の藤崎台県営野球場での対ロッテ戦で8回、103球を投げ3失点で初勝利を挙げた。その後は交流戦で初完投・初完封を達成するなど中継ぎ時代からの安定感は健在で、14勝を挙げチームの連覇に大きく貢献した。CS第二ステージでは第二戦に先発し勝利した。このとき第六戦までもつれればリリーフ待機する予定であったが、結果的に三戦で決着がつき中継ぎ登板は無かった。中日ドラゴンズとの日本シリーズでは11月15日の第3戦に先発して7イニング1失点で勝利投手となり連敗を止めたほか、11月17日の第5戦では先発から中1日でリリーフ登板し7回の1イニングを投げて無失点、優勝を決めた11月20日の第7戦にも9回2アウトランナー1塁の場面で登板、和田一浩を三振にとってセーブを記録、胴上げ投手となるなどポストシーズンも大車輪の活躍を見せた。攝津正 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た和田一浩和田一浩

    2008年、移籍した福留の穴埋めとして西武からFA宣言した和田一浩を獲得したが、4番タイロン・ウッズの打撃不振や主力の野手・投手に故障者が続出し(前年の阪神に続く規定投球回到達者なしのチームとなった)、前年に比べ苦戦を強いられた。阪神との直接対決で6勝17敗1引分けと大きく負け越したことも響き、優勝争いに一度も絡むことはなかったが3位となりクライマックスシリーズの出場権を得た。クライマックスシリーズ第1ステージは阪神との接戦を2勝1敗で制したものの、第2ステージでは拙攻と投手陣の不調(特に救援陣)もあり、巨人に1勝3敗1引分けで敗退、3年連続日本シリーズ進出はならなかった。オフには、川上憲伸がFAで大リーグ・アトランタ・ブレーブスに移籍。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦 大輔

    三浦大輔から見た和田一浩和田一浩

    1500奪三振:2006年6月18日、対西武ライオンズ6回戦(インボイスSEIBUドーム)、6回裏に和田一浩から ※史上47人目三浦大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズの応援団

    中日ドラゴンズの応援団から見た和田一浩和田一浩

    和田一浩 「輝く男 和田一浩」中日ドラゴンズの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見た和田一浩和田一浩

    20年近くに渡り正捕手の座に君臨し、他球団で正捕手を務めた大宮龍男、中尾孝義、植田幸弘、中嶋聡らや、アマチュア野球で活躍した仲田秀司、垣内哲也、高木大成、和田一浩、貝塚政秀らに競り勝った。伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た和田一浩和田一浩

    2005年に選手の応援歌の一斉変更がなされる前は新しい応援歌がほとんどといっていいほど作られず、過去の選手の流用ばかりであった。投手の応援歌だったものを野手用に使う例も見られた。実際に2005年の応援歌変更の対象とならなかったアレックス・カブレラの応援歌はマイク・パグリアルーロ以降、ダリン・ジャクソン、ドミンゴ・マルティネスなど歴代の外国人選手に使用されていた曲(歌詞も名前部分以外そのまま)、和田一浩の応援歌は仲田秀司の曲の流用(歌詞は異なる)である。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

99件中 61 - 70件表示

「和田一浩」のニューストピックワード