99件中 71 - 80件表示
  • 捕手

    捕手から見た和田一浩和田一浩

    打撃の良い(または守備力の低い)捕手はしばしばその能力を生かすために内野手・外野手を兼任したり、捕手以外のポジションへコンバートされる。捕球技術に長けた者や足が遅い者は一塁手や三塁手を、足が速い者や遠投能力に長けた者は外野手をプレーすることが少なくない。田淵幸一、吉永幸一郎、小笠原道大、和田一浩などは打撃力を買われ、プロ入り後に内野手・外野手に転向した。また、チームに守備に秀でた控え捕手が居る場合や、投手交代の際バッテリーごと交代する場合、故障明けの出場など、一塁手など他の守備位置を兼任する捕手もいる。城島健司、阿部慎之助、高橋信二などがその例である。捕手 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た和田一浩和田一浩

    6番・三塁手で開幕戦出場すると、4月に打棒を爆発。3試合連続を含む、9本塁打を記録し、チームは首位を独走。その後、調子を落としたがチャンスになると送りバントを積極的に行うなど、何とか首位を守り、6月1日の日本ハム戦では札幌ドームで延長12回に武田勝から決勝本塁打を放った。しかし、その翌日の6月2日、対西武戦で和田一浩の打球を処理する際、古傷の右手親指内側側副靭帯を剥離骨折し、長期にわたり登録抹消となる。チームもそこから極度の不振に陥った。リハビリも思うようにいかず、8月18日の中日戦にてようやく一軍復帰。打撃面でも怪我前に比べて精彩を欠いてしまう。最終的に4番での出場は9月3日対中日戦の1試合のみ、打率は.256、二塁打数はわずか5本。そして結局チームは2年連続Bクラスに終わってしまう。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • アジア野球選手権大会

    アジア野球選手権大会から見た和田一浩和田一浩

    外野手:高橋由伸、和田一浩、木村拓也、福留孝介、谷佳知、赤星憲広アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た和田一浩和田一浩

    アーレックス(2006年は同僚のアレックス・オチョア選手、2007年は同じく同僚の福留孝介選手、岩瀬仁紀選手とともに、同社のラジオCMに出演していた。2012年度は和田一浩選手、浅尾拓也選手と出演)山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た和田一浩和田一浩

    負けず嫌いな性格で、落合英二の「2009年に日本一になったジャイアンツは強かったですか?」という質問には「強いって思いたくないし、負けないチームだったなって思いました」と答えている。同席していた和田一浩の「僕は強いと思いました」という感想には「強かったけど、強いと思った時点で負けなんですよ。喧嘩でもそうじゃないですか。相手を強いと思ったら負けなんです」と返している。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た和田一浩和田一浩

    4月、孫のD・J・ラミレスが誕生(夫人の連れ子であるアレックス・ラミレス・ジュニアの子)。好不調の波が少なかった過去2年と違ってシーズン当初は低打率に苦しんだが、その中でも得点圏においては勝負強い打撃を見せ、本塁打と打点を量産。夏場に入ると一気に調子を上げて打率も向上させ、最終的に打率.304、49本塁打、129打点で二冠王に輝いた。しかし、首位打者の青木宣親(ヤクルト)、シーズンMVPの和田一浩(中日)、シーズン安打数の日本新記録を挙げたマット・マートン(阪神)の3人に阻まれ、ベストナインには選出されなかった。打撃二冠のタイトルを獲得しながらベストナインに選ばれなかったのは、1960年の藤本勝巳に次いで二人目である。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た和田一浩和田一浩

    12月8日、中日への入団が決定。10年ぶりの古巣復帰を果たすことになった。背番号は楽天時代と同じ7に決定(2002年まで中日で着用していた背番号22は大野雄大が、オリックス時代の背番号5は和田一浩が着用)。また、楽天から中日へ移籍した初の選手となった。年俸3,000万円と大幅ダウンになったものの、出来高は最大1億円という、中日では異例の契約となった。チームメイトであるトニ・ブランコとの競争の中、3月30日の開幕戦で4番打者での出場となり2010年に阪神・金本が記録した41歳11カ月を上回る43歳4カ月のセ・リーグ最年長記録となった。その後も4番打者として出場していたものの、4月25日に野本圭と共にインフルエンザB型に感染していたことが判明し、登録を抹消された。7月14日の対巨人戦3回裏、復帰後初のホームランをD.J.ホールトンから放った。しかしシーズンを通して90試合に出場したものの、打率.209、1本塁打、13打点と期待に沿う活躍はできなかった。またシーズン終盤には左手薬指の骨折もあり、一時は本人も引退を考えていたが、チームは来年も山崎を戦力の一員として考えていたため山崎本人も現役続行を決断。12月5日の契約更改交渉で300万円減の2700万円プラス出来高払いでサインし、来季の現役続行が決定した。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見た和田一浩和田一浩

    優秀選手賞:アレックス・カブレラ(西武)、和田一浩(西武)、谷繁元信(中日)2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 久保裕也 (野球)

    久保裕也 (野球)から見た和田一浩和田一浩

    クライマックスシリーズでは、中日との第4戦に出場したが、9回の裏の3-3の場面で和田一浩にサヨナラ安打を許し、チームは敗退。しかし、2005年以来久しぶりにシーズンを通じて1軍で活躍した。久保裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ズレータ

    フリオ・ズレータから見た和田一浩和田一浩

    2004年限りで消滅した大阪近鉄を含む13球団からの本塁打は、史上2人目(2011年5月22日時点での他の達成者は、フェルナンド・セギノール、アレックス・カブレラ、谷佳知、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデス)フリオ・ズレータ フレッシュアイペディアより)

99件中 71 - 80件表示

「和田一浩」のニューストピックワード