121件中 71 - 80件表示
  • 森脇淳

    森脇淳から見た和田一浩和田一浩

    2010年10月23日-『セ・リーグクライマックスシリーズ・セカンドステージ 中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ』第4戦(9回裏に和田一浩のサヨナラヒットで日本シリーズ進出を決めた試合)森脇淳 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚子

    高橋尚子から見た和田一浩和田一浩

    出身高校である県立岐阜商業高校の同級生には元プロ野球選手の和田一浩(中日)がいる。ただ、高橋と和田は高校時代は互いに面識こそあったものの会話したことは一度もなかったという。同高では高橋と和田一浩、さらに同高の先輩に当たる高木守道の3人をまとめて“ビッグ3”と呼んでいる。2004年11月23日、地元の岐阜メモリアルセンターでこの3人のトークショーが行われた。高橋尚子 フレッシュアイペディアより)

  • 捕手

    捕手から見た和田一浩和田一浩

    打撃の良い(または守備力の低い)捕手はしばしばその能力を生かすために内野手・外野手を兼任したり、捕手以外のポジションにコンバートされる。捕球技術に長けた者や足が遅い者は一塁手や三塁手を、足が速い者や遠投能力に長けた者は外野手をプレーする例が少なくない。田淵幸一、吉永幸一郎、小笠原道大、和田一浩、山崎武司、江藤智、北川博敏などは打撃力を買われ、プロ入り後に内野手・外野手に転向した。また、チームに守備に秀でた控え捕手が居る場合や、投手交代の際バッテリーごと交代する場合、故障明けの出場など、一塁手など他の守備位置を兼任する捕手もいる。城島健司、阿部慎之助、高橋信二、岡島豪郎などがその例である。捕手 フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た和田一浩和田一浩

    5月20日に一軍へ昇格し、先発・中継ぎに両方で起用された。先発での3連続ノックアウトを経て迎えた6月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦で先発し、3回まで無失点と好投。4回に無死満塁から大塚明に犠牲フライで先制されるが、すかさず和田一浩のツーランホームランで逆転、5回にも6点の援護を得て6回1失点で降板。3年目にしてプロ入り初の先発勝利を手にした。またこれが本拠地西武ドームでの初勝利となった。8月3日の対北海道日本ハムファイターズ戦で先発潮崎哲也に対して左を5人並べたトレイ・ヒルマン監督に対し、伊原春樹監督は2回無失点の潮崎に代えて左の帆足を投入。3回以降自己最長の救援7イニングを投げ、失点は小笠原道大のソロ本塁打のみに抑えてシーズン3勝目を挙げた。8月12日の対近鉄戦でノックアウトされたのを最後に8月17日からシーズン終了まで中継ぎとなった。9月1日対近鉄戦で延長10回1点リードから登板し、阿部真宏に内野安打を許したものの無失点に抑えてプロ入り初セーブを記録した。最終的に先発9試合で2勝4敗、防御率6.00、WHIP1.73、中継ぎでは3点差以内の登板が多く、2勝1セーブ3ホールドを稼いだが救援失敗も多く3敗し、防御率3.38、WHIP1.42だった。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 第55回NHK紅白歌合戦

    第55回NHK紅白歌合戦から見た和田一浩和田一浩

    和田一浩(西武ライオンズ外野手):アテネオリンピック野球・銅メダル、並びにライオンズを日本一に導く。第55回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た和田一浩和田一浩

    1996年はアトランタオリンピックが行われた年で、井口忠仁、今岡誠、谷佳知、松中信彦ら銀メダルに貢献したメンバーが上位で指名された。他にも小笠原道大、和田一浩、岩村明憲、森野将彦、小坂誠、柴原洋、礒部公一など後にチームの主力打者に成長するメンバーが指名され、特に打者の人材は当たり年のドラフト会議であった。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤智 (野球)

    江藤智 (野球)から見た和田一浩和田一浩

    、西武では年齢、キャリア年数ともチーム最高となり、豊富な経験に人柄も手伝って若い選手の多いチームで貴重な存在感を示した。36歳の誕生日となる4月15日の千葉ロッテマリーンズ戦では内竜也から2年越しとなる通算350号本塁打も放った。また7月19日のソフトバンク戦では、主力であるアレックス・カブレラや和田一浩といった主力打者が抜けたため4番に座り(巨人時代は一度も4番を打たなかった)、6回表に佐藤誠からレフトへの二塁打を放ち、通算1500本安打を達成した。移籍後は主に代打(対左投手)としての起用が多く、時には指名打者や一塁手、三塁手として先発出場した。江藤智 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋聡

    中嶋聡から見た和田一浩和田一浩

    和田一浩と背番号を交換したが、中嶋によると「(当時の)背番号5は、捕手の番号でないような気がするから」という理由により、当時は捕手登録ながら、既に外野手としての出場が多かった和田に持ちかけたものだという。また、同年5月20日に長野オリンピックスタジアムで初めて行われた古巣オリックス戦で、2回裏にテリー・ブロウズから同スタジアムの公式戦第1号本塁打を左翼スタンドに放っている。中嶋聡 フレッシュアイペディアより)

  • サンデースポーツ

    サンデースポーツから見た和田一浩和田一浩

    和田一浩 (NHK解説者 2016年-)サンデースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ウィーゴー!

    ウィーゴー!から見た和田一浩和田一浩

    中日ドラゴンズ和田一浩打席時登場曲(2013年 - 2015年)ウィーゴー! フレッシュアイペディアより)

121件中 71 - 80件表示

「和田一浩」のニューストピックワード