121件中 81 - 90件表示
  • 坂元弥太郎

    坂元弥太郎から見た和田一浩和田一浩

    9月10日の対中日戦で和田一浩を打席に迎えた時、捕手武山真吾が立ち上がって故意四球を要求するもストライクボールを投球。和田や武山を驚かせた。坂元弥太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た和田一浩和田一浩

    アーレックス(2011年-。山本昌、和田一浩(2012年?)と共演。ガッツナイター限定)浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 横山道哉

    横山道哉から見た和田一浩和田一浩

    、当初抑えの予定だった建山義紀・伊達昌司がシーズン前に故障離脱、開幕当初抑えを務めた伊藤剛が開幕して直ぐに故障離脱。暫定で回ってきた抑えの座であったが、チーム最多の58試合に登板し、4勝5敗28セーブ・防御率3.39と安定感は今一つながらも、この年新人王を獲得した三瀬幸司と共に最優秀救援投手を受賞した。チームは3位でシーズンを終え、この年からパ・リーグにプレーオフが導入され、プレーオフでは2位の西武ライオンズと対戦。第2戦でセーブを挙げ、第3戦では2点ビハインドの8回から登板しこの回は無失点に抑えたが、9回に先頭の和田一浩にサヨナラ本塁打を打たれて敗戦投手となりプレーオフを敗退を喫した。横山道哉 フレッシュアイペディアより)

  • 中田亮二

    中田亮二から見た和田一浩和田一浩

    、7月に一軍初出場と初安打を記録したが、同年はその1安打に終わった。なおクライマックスシリーズ・ファイナルステージでは第3戦から登録され、第4戦では9回に代打で登場して四球を選び、和田一浩のサヨナラ適時打で日本シリーズ出場を決める決勝ホームを踏んだ。これは中田のプロ入り初得点でもあった。また、千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは、第3戦(千葉マリンスタジアム)に6番指名打者で先発出場。このときは無安打だったものの、ナゴヤドームに戻った第6戦に代打で出場し、日本シリーズ初ヒットとなる二塁打を打った。クライマックスシリーズ終了後、中田はチームメイトとともに右翼席のファンに挨拶に向かうが、その途中「中田がジャンプをするとその衝撃でチームメイトが全員コケる」というパフォーマンスを行なった。発案したのはサヨナラ打の和田で、彼によれば「プリンス・フィルダーがサヨナラホームランを打った時にやったパフォーマンスを参考にしたもので、本当は中田がサヨナラホームランを打った時にやる予定だった」という。中田亮二 フレッシュアイペディアより)

  • フリーエージェント (日本プロ野球)

    フリーエージェント (日本プロ野球)から見た和田一浩和田一浩

    故郷のチームでプレーしたい型 - 「残された現役生活を故郷に近いチームでプレーしたい」場合が該当(例:和田一浩[2007年:西武 → 中日]、大竹寛[2013年:広島 → 読売]、中田賢一[2013年:中日 → 福岡ソフトバンク]、岸孝之[2016年:埼玉西武 → 東北楽天]等)。フリーエージェント (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た和田一浩和田一浩

    は左翼手和田一浩の加入により主に中堅手として出場。春季キャンプで左手甲を骨折したが、開幕戦に7番・中堅手として出場。打順は開幕当初は7番だったが、6番を経て3番に戻る。5月に左ふくらはぎ肉離れで戦線を離脱するも7月5日に復帰。8月、北京オリンピック野球日本代表に選出。北京五輪後は故障の井端弘和に代わり1番を、タイロン・ウッズが不調の際には4番を任され、この年は2番・8番・9番以外の打順を経験した。自身初の打率3割を記録。本来ならば規定打席には到達していないが、オリンピック出場による特例措置で規定打席にランクインした。8月、国内移籍が可能なFA権を取得。オフに球団と年俸変動制の5年契約を結んだ。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本真或

    岡本真或から見た和田一浩和田一浩

    1月、FAで移籍してきた和田一浩の人的補償として埼玉西武ライオンズへ移籍。移籍後は西武の弱点でもあった中継ぎとしての役割を与えられ、5月の中旬頃までは防御率が1点台と評判通りの活躍を果たし、北京オリンピック野球日本代表の第一次候補選手に選出された。しかし、シーズン後半は山崎武司、アレックス・カブレラに本塁打を打たれるなどと大事な場面で打ち込まれるケースが目立ち、防御率が一時4点台へと悪化、そのため二軍落ちも経験した。前年ほどの安定した投球内容ではなかったが、6年連続となる40試合登板を達成した。巨人との日本シリーズでは、第2戦の9回から登板。最初の打者は打ち取ったが4番ラミレスにサヨナラホームランを打たれて敗戦投手となった。しかし、最終的にチーム2位の18ホールドを挙げて西武のリーグ優勝・日本一・アジアシリーズ制覇に貢献した。岡本真或 フレッシュアイペディアより)

  • 6月19日

    6月19日から見た和田一浩和田一浩

    1972年 - 和田一浩、プロ野球選手6月19日 フレッシュアイペディアより)

  • 久保裕也 (野球)

    久保裕也 (野球)から見た和田一浩和田一浩

    は生え抜き最年長投手となる。この年コーチに就任した木村拓也がシーズン中に急逝したことを受け、「投手のユーティリティープレイヤーを目指す」という姿勢の元に再起。当初は敗戦処理を務めるも後にセットアッパーを任されるようになり、イニングまたぎやロングリリーフなどまさにユーティリティーな働きを見せた。同年のオールスターゲームに監督推薦枠で初出場となり、第1戦の5回裏に登板し、打者3人に対して2奪三振と好投を見せた。このシーズン後半は9月15日には自己最速の151km/hをマークし、9月21日の対横浜戦では、敗退してしまったものの、74試合目の登板を記録。2009年に山口鉄也が記録した73試合を上回り、球団最多登板記録を更新した。結局、シーズン通算でリーグ最多の79試合に登板し、チーム最多のホールド数を記録した。中日と対戦したクライマックスシリーズファイナルステージでは第4戦の9回に和田一浩にサヨナラ適時打を打たれ敗戦投手となった。この敗戦でチームもCS敗退となった。久保裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た和田一浩和田一浩

    5月に2歳年下の女性と結婚。厳しい外野争いを勝ち抜いて、センターのポジションを獲得。シーズンを通してほぼスタメンで出場し活躍。春季キャンプ中の練習試合では左右両打席でヒットを放ち、オープン戦で好成績を残し、好調のまま迎えた公式戦では開幕直後の6試合で4本塁打と前3シーズンにおける自身の通算本塁打数(3本)を更新した。6月30日の対阪神戦では、3点差をひっくり返す、プロ入り初の逆転満塁本塁打を放った。9月6日、対横浜ベイスターズ戦(新潟)で和田一浩と交錯して骨折し戦列離脱。結局、規定打席には8打席届かなかったが2割9分9厘49打点と自己最高の成績を残した。10月17日、東京ヤクルトスワローズとのクライマックスシリーズ第1ステージ初戦にスタメン出場し3安打と戦力として復帰した。しかしチームはクライマックスシリーズ第2ステージで敗退する。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

121件中 81 - 90件表示

「和田一浩」のニューストピックワード