99件中 81 - 90件表示
  • 1998年の日本シリーズ

    1998年の日本シリーズから見た和田一浩和田一浩

    (西)●豊田(1敗)、杉山、石井、竹下-伊東、和田1998年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・セギノール

    フェルナンド・セギノールから見た和田一浩和田一浩

    2004年限りで消滅した近鉄を含む13球団からの本塁打は初(他の達成者はフリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、谷佳知、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデスの6人)フェルナンド・セギノール フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ブラゼル

    クレイグ・ブラゼルから見た和田一浩和田一浩

    は開幕から好調で新外国人のマット・マートンと共にチームを牽引した。6月19日の対横浜戦で大家友和から本塁打を打ち、両リーグ1番乗りの20号を記録(同日、阿部慎之助も記録)。阪神では1990年のラリー・パリッシュ以来5人目であり、ブラゼル自身は西武時代の2008年にも記録しているので、両リーグで記録したのは、阪神在籍の1975年と西武在籍の1983年に記録した田淵幸一以来で、外国人選手では初である。同月29日には3打席連続本塁打を放った。オールスターゲームにも特別枠で選出され、第2戦では本塁打も放った。9月1日の対横浜戦でに記録したバース以来となる助っ人外国人40本塁打を記録し、一時は本塁打王争いのトップに躍り出る。下位に沈んだ広島東洋カープ・横浜との試合には滅法強かったが、上位の中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツ(巨人)戦を苦手にしたため、上位チームとの試合が続いた終盤に調子を崩し、最終的にはアレックス・ラミレスには及ばなかったものの、自己最多の47本塁打で2位となった。2010年の公式戦では、自身が本塁打を打った際、ベンチ前でナインが出迎える時に葛城育郎が必ず列の最後部、その手前には浅井良が立ち、浅井とは一緒に一礼してから両腕をお互いに腰の位置で引き合うポーズ(マスコミ等ではブラダンスと称されている)を、葛城とは両腕を挙げながらブラゼルは左脚、葛城は右脚を挙げるパフォーマンスを行っている。のちにトラッキーや関本賢太郎も加わったほか、オールスターゲームに出場して本塁打を放った際には久保康友・城島健司・藤川球児といったチームメイトのみならず、巨人のラミレス・阿部慎之助、中日の和田一浩も加わっていた。シーズン終了後に阪神と2012年までの2年契約を結んだ。2011年の年俸は2億円+出来高で、2012年の年俸は変動制となる。クレイグ・ブラゼル フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンII

    クイズ!ヘキサゴンIIから見た和田一浩和田一浩

    男子(紳助や新選組リアンを含む)全員の参加。西武ドームでの上地チーム対元木チームの7イニング対決。交代は自由で、一度退いた者も再度出場出来るが、全員1回は出場しなければならない。助っ人として下柳剛(阪神)、和田一浩(中日)、涌井秀章・中島裕之(西武)が参加し、ジャンケンによりチームの助っ人を決定。勝者は試合後温かいうどんを食べることが出来るが、敗者はかき氷を食べなければならない。クイズ!ヘキサゴンII フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス

    ホセ・フェルナンデスから見た和田一浩和田一浩

    2004年限りで消滅した大阪近鉄を含む13球団からの本塁打は、史上7人目(他の達成者はフェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、谷佳知、和田一浩、小笠原道大の6人)ホセ・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • G.G.佐藤

    G.G.佐藤から見た和田一浩和田一浩

    はオープン戦で前年と同じように打ちまくり、5本塁打を放つなど好調ぶりをアピールして、開幕1軍入りを果たした。起用に応えて開幕戦・開幕2戦目と2試合連続本塁打を放ったほか、4月28日の対千葉ロッテマリーンズ戦でヒーローインタビューを受けた際、2007年における自身のキャッチフレーズを、「ファンを愛し、ファンに愛される選手になりたい」思いから「愛の波動砲 G.G.佐藤」と宣言した。7月にはアレックス・カブレラが離脱したため空位になった4番候補に江藤智・和田一浩とともに名前が挙げられ、調子を上げていたG.G.佐藤が抜擢されて7月11日から4番を任され、カブレラ、和田が不振の時にはクリーンナップを任された。ヒーローインタビューと同時に発売すると予告していた自身の肉体がプリントされた「キモティーシャツ」が7月7日の対福岡ソフトバンクホークス戦でのヒーローインタビュー開始と同時に限定300枚で販売された。G.G.佐藤 フレッシュアイペディアより)

  • 高木守道

    高木守道から見た和田一浩和田一浩

    高校の後輩にはシドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子や中日ドラゴンズ外野手の和田一浩がおり、高木と彼らは母校で「ビッグ3」と呼ばれている。2004年11月23日、地元の岐阜メモリアルセンターでこの3人のトークショーが行われた。高木守道 フレッシュアイペディアより)

  • みいつけた!

    みいつけた!から見た和田一浩和田一浩

    番組開始当初からのエンディングテーマ。作詞・作曲はトータス松本(「みいつけた!さん」では西脇辰弥編曲)、歌もトータス松本(「みいつけた!さん」ではレグ(篠原ともえ))。たまご=こどもたちの可能性をテーマにしている。月曜日・水曜日放送分のみ画面下に歌詞が表示され、金曜日及び「みいつけた!さん」ではスタッフロールが表示されている。映像は、トータスイスが歌う映像と、子供たちの映像がある。ちなみにトータスイス歌唱の時、天井に設置されているミラーボールが卵形である。2番では「つぼみ」がテーマとなっている。また、中日ドラゴンズ所属のプロ野球選手和田一浩の登場曲としても使われていた。みいつけた! フレッシュアイペディアより)

  • おかあさんといっしょ

    おかあさんといっしょから見た和田一浩和田一浩

    中日ドラゴンズの和田一浩が西武時代に2006年度から2年間西武ドームでバッターボックスに入るときのテーマソングになっていた。おかあさんといっしょ フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原道大

    小笠原道大から見た和田一浩和田一浩

    2011年現在での達成者はフェルナンド・セギノール・フリオ・ズレータ・谷佳知・アレックス・カブレラ・和田一浩・ホセ・フェルナンデスの6名。小笠原道大 フレッシュアイペディアより)

99件中 81 - 90件表示

「和田一浩」のニューストピックワード