159件中 91 - 100件表示
  • 和田一浩

    和田一浩から見た横浜DeNAベイスターズ

    4月8日の対ヤクルト戦(ナゴヤドーム)にてプロ通算300号本塁打を放ち、41歳9ヶ月での300本塁打達成は史上最年長となり、大学卒業から社会人を経てプロ入りした選手としては史上初の記録となった。同年7月1日の対DeNA戦で42歳としては史上7人目のシーズン2桁本塁打を記録。7月は猛打賞4回を含む打率.397、7本塁打、21打点の活躍で月間MVPを受賞した。しかし8月5日の対広島戦(ナゴヤドーム)でブライアン・バリントンが投じた抜け球が右手に直撃し右手舟状骨を骨折、ギプスで4 - 6週間固定が必要となり、結局2000本安打まで15本残しシーズンを終えることになり、2000本安打を達成したのは6月11日、対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)で、1回表に左前適時打、2回表に左翼線への安打を放ち、史上最年長42歳11か月での達成となった。史上45人目。大学卒業と社会人経験を経てプロ入りした選手の2000安打達成は古田敦也、宮本慎也に次いで3人目。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    さらににはシーズン打率.322で初の個人タイトルとなる首位打者を獲得。同時に153安打で最多安打のタイトルも獲得した。パ・リーグの右打者による首位打者獲得はの辻発彦(西武)以来12年ぶり。3月、WBC日本代表に選出されたが、尿管結石を発症するなど体調を崩し、1次リーグでの代打起用のみに終わった。同年シーズンでは打率.298で5年連続打率3割はならず、本塁打も19本に終わったものの、自己最多の95打点を記録した。また、チームメイトの赤田将吾と並んでリーグ最多補殺を記録。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た千葉マリンスタジアム

    4月8日の対ヤクルト戦(ナゴヤドーム)にてプロ通算300号本塁打を放ち、41歳9ヶ月での300本塁打達成は史上最年長となり、大学卒業から社会人を経てプロ入りした選手としては史上初の記録となった。同年7月1日の対DeNA戦で42歳としては史上7人目のシーズン2桁本塁打を記録。7月は猛打賞4回を含む打率.397、7本塁打、21打点の活躍で月間MVPを受賞した。しかし8月5日の対広島戦(ナゴヤドーム)でブライアン・バリントンが投じた抜け球が右手に直撃し右手舟状骨を骨折、ギプスで4 - 6週間固定が必要となり、結局2000本安打まで15本残しシーズンを終えることになり、2000本安打を達成したのは6月11日、対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)で、1回表に左前適時打、2回表に左翼線への安打を放ち、史上最年長42歳11か月での達成となった。史上45人目。大学卒業と社会人経験を経てプロ入りした選手の2000安打達成は古田敦也、宮本慎也に次いで3人目。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た2011年の日本シリーズ

    に、独特な打撃フォームの腰への負担を考慮した監督の落合博満からのアドバイスにより、春季キャンプでオープンスタンスからスクエアスタンスへの打撃フォーム改造を敢行する。しかし、打撃フォームの改造に加え、統一球の影響や視力低下もあって調子を落とし、年間を通じて成績は打率.232、12本塁打、54打点と低迷した。特に打率は西武在籍時にレギュラーに定着して以来、最低であった。また、シーズン終盤には前述の視力低下などの理由から中日入りして初めて二軍落ちを経験した(西武時代においても2003年以降、故障以外での二軍落ちは経験がなかった)。福岡ソフトバンクホークスとの2011年の日本シリーズでは3勝4敗で敗れ、第7戦攝津正から三振を喫し最後の打者になっている。同しシリーズでは優秀選手賞に選ばれた。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た2004年の日本シリーズ

    から4年連続で外野手部門でベストナインを受賞。その間は、5月30日の日本ハム戦(函館市千代台公園野球場)で芝草宇宙から本塁打を放ち、通算100本塁打を達成。同年からパ・リーグで開催されたプレーオフでは、日本ハムとの第1ステージ第3戦で横山道哉からサヨナラ本塁打を放った。さらに中日ドラゴンズとの日本シリーズでは、打率.310、4本塁打、6打点で12年ぶりの日本一に貢献し、優秀選手に選ばれ、2年前の汚名を返上する形となった。彩の国功労賞を受賞。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た野球解説者

    和田 一浩(わだ かずひろ、1972年6月19日 - )は、元プロ野球選手。野球解説者。タレント。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム新人賞 (2003年)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た首位打者 (日本プロ野球)

    さらににはシーズン打率.322で初の個人タイトルとなる首位打者を獲得。同時に153安打で最多安打のタイトルも獲得した。パ・リーグの右打者による首位打者獲得はの辻発彦(西武)以来12年ぶり。3月、WBC日本代表に選出されたが、尿管結石を発症するなど体調を崩し、1次リーグでの代打起用のみに終わった。同年シーズンでは打率.298で5年連続打率3割はならず、本塁打も19本に終わったものの、自己最多の95打点を記録した。また、チームメイトの赤田将吾と並んでリーグ最多補殺を記録。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た2010年の日本シリーズ

    も、首位打者争いは青木宣親に敗れたもののの、最終的に打率.339、37本塁打(自己最多かつ、中日移籍後では唯一の30本塁打。また中日の日本人選手では本拠地をナゴヤドームに移転した1997年以降では、2006年の福留孝介以来2人目の30本塁打記録であり、日本人の年間球団記録でもある)、93打点とチーム三冠、自己最多本塁打の活躍でチームの4年ぶりの優勝に大きく貢献した。また前年に続き2年連続でシーズン全試合に出場した。クライマックスシリーズ第2ステージの巨人との試合では、第4戦に9回裏3-3の場面で久保裕也からサヨナラ安打を放ち、シリーズMVPに輝いた。日本シリーズでも第2戦・第4戦で猛打賞を記録。第7戦の9回裏、1点ビハインドの場面でロッテの守護神小林宏之から三塁打を放ち、次打者ブランコの一時は同点となる犠飛につなげるなど好調を保ち、7試合で29打数12安打1本塁打6打点と活躍。チームは2勝4敗1分で敗れたが、敢闘選手賞を受賞した。また、自身初となるシーズンMVP及び自身6度目・中日移籍後は初となるベストナイン(外野手部門)に選出された。11月24日の契約更改で、新たに3年総額12億円で契約を結んだ。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たスタイルプラス

    からは、NHKの野球解説者、日刊スポーツの野球評論家として活動する。また2016年4月からは「スタイルプラス」(東海テレビ)にもタレントとして出演。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

159件中 91 - 100件表示

「和田一浩」のニューストピックワード