130件中 91 - 100件表示
  • 和田一浩

    和田一浩から見た本塁打

    正捕手伊東勤の厚い壁のため、捕手だけでなく外野手としても出場機会を増やし、外野手で9試合にスタメン出場した。この年プロ初本塁打を記録。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た第61回選抜高等学校野球大会

    岐阜県岐阜市出身。県立岐阜商業高校では2年時に控え捕手として第61回選抜高等学校野球大会と第71回全国高等学校野球選手権大会に出場した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た捕手

    和田 一浩(わだ かずひろ、1972年6月19日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(外野手、捕手)。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た長打率

    前年より成績を上げ、打率.346、30本塁打、89打点を記録。自己最高の出塁率.428、長打率.632を叩き出した。また柴田博之が出場する際には中堅手や右翼手としても起用された。この年から4年連続で外野手部門でベストナインを受賞。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た西武ドーム

    初打点:1997年10月5日、対福岡ダイエーホークス26回戦(西武ドーム)、4回裏に斉藤和巳から和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た指名打者

    打撃が認められて出場機会が増え、規定打席未満ながら3割を打った。9月9日には4番も任され、9番以外の全ての打順でスタメン出場。守備位置は捕手9試合、一塁手15試合、外野手18試合、指名打者12試合と、徐々に捕手から外野手へとシフトしていった。またこの年に、同僚の中嶋聡が捕手らしい番号を欲しており、当時背番号22だった和田は当時中嶋がつけていた一桁の5と背番号を交換している。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    3月、WBC日本代表に選出されたが、尿管結石を発症するなど体調を崩し、1次リーグでの代打起用のみに終わった。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た東京ドーム

    初二塁打:1997年5月23日、対日本ハムファイターズ10回戦(東京ドーム)、9回表に下柳剛から和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た県営大宮球場

    全球団から本塁打:2009年5月19日、対埼玉西武ライオンズ1回戦(県営大宮球場)、8回表に大沼幸二から左越決勝2ラン ※史上15人目和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た2010年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    序盤から打撃が好調で、4月を終えて.376、5月を終えて.358の好成績でシーズン終盤まで打撃成績トップを維持し続けた。また、交流戦の途中から不調のトニ・ブランコに代わり4番を任されるようになった。シーズン終盤に少し調子を落とし首位打者は青木宣親に譲ったものの、最終的に打率.339、37本塁打、93打点とチーム三冠及び西武時代を含めて自己最多本塁打の活躍でチームの4年ぶりの優勝に大きく貢献した。また前年に続き2年連続でシーズン全試合に出場した。クライマックスシリーズ第2ステージの巨人との試合では、第4戦に9回裏3-3の場面で久保裕也からサヨナラ安打を放ち、シリーズMVPに輝いた。日本シリーズでも第2戦・第4戦で猛打賞を記録。第7戦の9回裏、1点ビハインドの場面でロッテの守護神小林宏之から三塁打を放ち、次打者ブランコの一時は同点となる犠飛につなげるなど好調を維持し、7試合で29打数12安打1本塁打6打点と活躍。チームは2勝4敗1分で敗れたが、敢闘選手賞を受賞した。また、自身初となるシーズンMVP及び自身6度目・中日移籍後は初となるベストナイン(外野手部門)に選出された。11月24日の契約更改で、新たに3年総額12億円で契約を結んだ。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

130件中 91 - 100件表示

「和田一浩」のニューストピックワード