159件中 101 - 110件表示
  • 和田一浩

    和田一浩から見たテニス

    背筋の強さと右手の押し込みにより、ボールをかなり引きつけても詰まらずに強い打球を放つことができる。スイングの後は腰が落ちたような形になるので、ライト方向への長打を打ったのに三塁線へのファウルボールを打ったように見えることもあり、最後まで振り切るフォームであることとあまり足が速くない事から併殺打は多い。本人によるとこの打撃フォームは「テニスのフォアハンドを参考にしている」という。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た神戸製鋼硬式野球部

    大学卒業後は社会人野球の神戸製鋼に入社。大学の1年後輩門倉健は「和田さんは、ボクが打たれても代わりに監督に怒られてくれる懐の深い先輩だった。当時から打撃は天才的で強肩。それでもプロから声がかからず、社会人の神戸製鋼を経由した。あのクラスでもプロに行けないのかと愕然とした」という。社会人通算.429の打率を残し、強打の捕手として1996年のドラフト会議で西武ライオンズから4位指名を受け入団。背番号は22に決まった。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た猛打賞

    も、首位打者争いは青木宣親に敗れたもののの、最終的に打率.339、37本塁打(自己最多かつ、中日移籍後では唯一の30本塁打。また中日の日本人選手では本拠地をナゴヤドームに移転した1997年以降では、2006年の福留孝介以来2人目の30本塁打記録であり、日本人の年間球団記録でもある)、93打点とチーム三冠、自己最多本塁打の活躍でチームの4年ぶりの優勝に大きく貢献した。また前年に続き2年連続でシーズン全試合に出場した。クライマックスシリーズ第2ステージの巨人との試合では、第4戦に9回裏3-3の場面で久保裕也からサヨナラ安打を放ち、シリーズMVPに輝いた。日本シリーズでも第2戦・第4戦で猛打賞を記録。第7戦の9回裏、1点ビハインドの場面でロッテの守護神小林宏之から三塁打を放ち、次打者ブランコの一時は同点となる犠飛につなげるなど好調を保ち、7試合で29打数12安打1本塁打6打点と活躍。チームは2勝4敗1分で敗れたが、敢闘選手賞を受賞した。また、自身初となるシーズンMVP及び自身6度目・中日移籍後は初となるベストナイン(外野手部門)に選出された。11月24日の契約更改で、新たに3年総額12億円で契約を結んだ。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た「ジョージア魂」賞

    「ジョージア魂」賞:1回 (2010年度第6回)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た本塁打

    入団当時の西武には同ポジションに名手とうたわれた伊東勤がいた。和田は同年は主に代打として17試合に出場、プロ初安打・初打点を記録し、は打力を活かすため外野手にも挑戦し、同年にプロ初本塁打を記録。に出場機会が増え、規定打席未満ながら打率.306を記録。9月9日には初の4番を任され、9番以外の全打順でスタメン出場。守備位置は捕手9試合、一塁手15試合、外野手18試合、指名打者12試合と、徐々に捕手から外野手へとシフトしていった。またこの年に、同僚の中嶋聡が捕手らしい背番号を欲しており、入団以来背番号「22」だった和田は当時中嶋がつけていた一桁の「5」と背番号を交換。以降引退まで同番号を背負うことになる。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た第61回選抜高等学校野球大会

    岐阜県岐阜市出身。岐阜市立鷺山小学校3年次にスポーツ少年団に入り、岐阜市立青山中学校卒業を経て、県立岐阜商業高校では2年時に控え捕手として第61回選抜高等学校野球大会・第71回全国高等学校野球選手権大会に出場した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た指名打者

    入団当時の西武には同ポジションに名手とうたわれた伊東勤がいた。和田は同年は主に代打として17試合に出場、プロ初安打・初打点を記録し、は打力を活かすため外野手にも挑戦し、同年にプロ初本塁打を記録。に出場機会が増え、規定打席未満ながら打率.306を記録。9月9日には初の4番を任され、9番以外の全打順でスタメン出場。守備位置は捕手9試合、一塁手15試合、外野手18試合、指名打者12試合と、徐々に捕手から外野手へとシフトしていった。またこの年に、同僚の中嶋聡が捕手らしい背番号を欲しており、入団以来背番号「22」だった和田は当時中嶋がつけていた一桁の「5」と背番号を交換。以降引退まで同番号を背負うことになる。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た2002年の日本シリーズ

    に新たに監督に就任した伊原春樹の勧めでこの年から外野手一本に絞り、「5番・左翼手」のレギュラーに定着。途中、故障離脱があったが30歳にして初めて規定打席に到達し、打率.319、33本塁打、81打点という成績を残し、優勝に貢献した。指名打者部門で初のベストナインを受賞。しかし読売ジャイアンツとの日本シリーズでは15打数0安打と低迷した。結果的にチームは巨人にストレートの4連敗で敗退し、自身の不振が大きく響くことになった。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たゼネラルマネージャー

    2015年9月12日に今シーズン限りで現役を引退することが中日新聞などより報道され、9月19日にナゴヤドーム内で正式に記者会見を開き、今季限りで現役を引退することを表明した。9月3日に落合ゼネラルマネージャー(GM)から来季の契約を行わない旨を明かされたという。9月24日の阪神戦で引退試合が行われ、2回に阪神先発の秋山拓巳から放った通算2050本目の安打が、現役生活最後の安打になった。その後、谷繁兼任監督の左前打で先制のホームを踏んだ。試合後はマウンド付近で、背番号と同じ5度ナインに胴上げされ、ナゴヤドームに惜別の拍手と歓声が響く中、4人の子供たちから花束を受け取った。11月30日付で、日本野球機構(NPB)から任意引退選手として公示された。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たセントラル・リーグ

    セ・リーグ連盟特別表彰:1回 (功労賞:2015年)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

159件中 101 - 110件表示

「和田一浩」のニューストピックワード