159件中 121 - 130件表示
  • 和田一浩

    和田一浩から見たプロ野球選手

    和田 一浩(わだ かずひろ、1972年6月19日 - )は、元プロ野球選手。野球解説者。タレント。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た第71回全国高等学校野球選手権大会

    岐阜県岐阜市出身。岐阜市立鷺山小学校3年次にスポーツ少年団に入り、岐阜市立青山中学校卒業を経て、県立岐阜商業高校では2年時に控え捕手として第61回選抜高等学校野球大会・第71回全国高等学校野球選手権大会に出場した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た補殺

    さらににはシーズン打率.322で初の個人タイトルとなる首位打者を獲得。同時に153安打で最多安打のタイトルも獲得した。パ・リーグの右打者による首位打者獲得はの辻発彦(西武)以来12年ぶり。3月、WBC日本代表に選出されたが、尿管結石を発症するなど体調を崩し、1次リーグでの代打起用のみに終わった。同年シーズンでは打率.298で5年連続打率3割はならず、本塁打も19本に終わったものの、自己最多の95打点を記録した。また、チームメイトの赤田将吾と並んでリーグ最多補殺を記録。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た福岡ドーム

    初安打:1997年5月7日、対福岡ダイエーホークス3回戦(福岡ドーム)、7回表に倉野信次から和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た野球評論家

    からは、NHKの野球解説者、日刊スポーツの野球評論家として活動する。また2016年4月からは「スタイルプラス」(東海テレビ)にもタレントとして出演。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たクライマックスシリーズ

    クライマックスシリーズMVP:1回 (2010年)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た外野手

    入団当時の西武には同ポジションに名手とうたわれた伊東勤がいた。和田は同年は主に代打として17試合に出場、プロ初安打・初打点を記録し、は打力を活かすため外野手にも挑戦し、同年にプロ初本塁打を記録。に出場機会が増え、規定打席未満ながら打率.306を記録。9月9日には初の4番を任され、9番以外の全打順でスタメン出場。守備位置は捕手9試合、一塁手15試合、外野手18試合、指名打者12試合と、徐々に捕手から外野手へとシフトしていった。またこの年に、同僚の中嶋聡が捕手らしい背番号を欲しており、入団以来背番号「22」だった和田は当時中嶋がつけていた一桁の「5」と背番号を交換。以降引退まで同番号を背負うことになる。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    大学卒業後は社会人野球の神戸製鋼に入社。大学の1年後輩門倉健は「和田さんは、ボクが打たれても代わりに監督に怒られてくれる懐の深い先輩だった。当時から打撃は天才的で強肩。それでもプロから声がかからず、社会人の神戸製鋼を経由した。あのクラスでもプロに行けないのかと愕然とした」という。社会人通算.429の打率を残し、強打の捕手として1996年のドラフト会議で西武ライオンズから4位指名を受け入団。背番号は22に決まった。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たNHKBS1

    NHKプロ野球(2016年3月 - 、NHK総合・NHKBS1) - 野球解説者和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た岐阜市立青山中学校

    岐阜県岐阜市出身。岐阜市立鷺山小学校3年次にスポーツ少年団に入り、岐阜市立青山中学校卒業を経て、県立岐阜商業高校では2年時に控え捕手として第61回選抜高等学校野球大会・第71回全国高等学校野球選手権大会に出場した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

159件中 121 - 130件表示

「和田一浩」のニューストピックワード