130件中 31 - 40件表示
  • 和田一浩

    和田一浩から見たタイロン・ウッズ

    中日入団1年目も、西武時代と同じく5番を任される。序盤は不慣れなセ・リーグということもあり不振であったが、徐々に調子を上げていく。また、主砲のタイロン・ウッズが不調の際には4番も務めた。この年通算1000試合出場を達成。2年連続3割を打つなど活躍したが、16本塁打、74打点、得点圏打率は.275とチャンスでは期待されたほどの成績を残せなかった。契約更改の際、「2009年シーズンはチャンスでもっと打っていきたい」と発言している。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た川上哲治

    前年3割を打ったにも関わらず、「ぜんぜんダメでしょ。自己ベストより1本でも1厘でも1打点でも上にいきたい」と春季キャンプで打撃改造を行い、オープンスタンスの幅や足の上げ方を変えた。前年までの主砲のウッズ、中村紀洋が退団したため主砲として期待され4番に座る可能性もあったが、開幕はいつもの5番で出場し、開幕戦1試合2本塁打と最高のスタートを切った。4月25日の対巨人戦でプロ通算200号本塁打を西武時代の同僚豊田清から放った。5月12日の対ヤクルト戦では地元岐阜の長良川球場で初の本塁打を放ち故郷に錦を飾った。6月21日の対オリックス戦で平野佳寿から先制の満塁本塁打を放った打席で通算4000打数に到達し、通算打率にランクイン。この時点で川上哲治や落合博満をも上回る通算打率.315で、歴代6位・日本人右打者最高となった。6月には打率.415、6本塁打、15打点の成績で、2度目の月間MVPをチームメイトの川井雄太と共に受賞した(川井の投げる日は3試合連続本塁打、打率4割と相性が良かった)。交流戦では打率4割、7本塁打(ともに2位)と絶好調。7月15日には4年ぶりの20本塁打と自己最多ペースで本塁打を量産し、9月15日には10回表に永川勝浩から決勝の3試合連続本塁打を打った。打率.302で7度目の3割を記録し、29本塁打、87打点、出塁率.382と前年より大きく成績を上げ、打撃主要部門全てでリーグトップ10に入った。守備面でも元捕手の強肩かつ堅実な送球で12補殺を記録し、2年連続セ・リーグ最多補殺に輝いた。また、この年初めてシーズン全試合に出場(144試合)した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た落合博満

    前年3割を打ったにも関わらず、「ぜんぜんダメでしょ。自己ベストより1本でも1厘でも1打点でも上にいきたい」と春季キャンプで打撃改造を行い、オープンスタンスの幅や足の上げ方を変えた。前年までの主砲のウッズ、中村紀洋が退団したため主砲として期待され4番に座る可能性もあったが、開幕はいつもの5番で出場し、開幕戦1試合2本塁打と最高のスタートを切った。4月25日の対巨人戦でプロ通算200号本塁打を西武時代の同僚豊田清から放った。5月12日の対ヤクルト戦では地元岐阜の長良川球場で初の本塁打を放ち故郷に錦を飾った。6月21日の対オリックス戦で平野佳寿から先制の満塁本塁打を放った打席で通算4000打数に到達し、通算打率にランクイン。この時点で川上哲治や落合博満をも上回る通算打率.315で、歴代6位・日本人右打者最高となった。6月には打率.415、6本塁打、15打点の成績で、2度目の月間MVPをチームメイトの川井雄太と共に受賞した(川井の投げる日は3試合連続本塁打、打率4割と相性が良かった)。交流戦では打率4割、7本塁打(ともに2位)と絶好調。7月15日には4年ぶりの20本塁打と自己最多ペースで本塁打を量産し、9月15日には10回表に永川勝浩から決勝の3試合連続本塁打を打った。打率.302で7度目の3割を記録し、29本塁打、87打点、出塁率.382と前年より大きく成績を上げ、打撃主要部門全てでリーグトップ10に入った。守備面でも元捕手の強肩かつ堅実な送球で12補殺を記録し、2年連続セ・リーグ最多補殺に輝いた。また、この年初めてシーズン全試合に出場(144試合)した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たフェルナンド・セギノール

    2004年限りで消滅した大阪近鉄を含む13球団からの本塁打は、史上6人目(他の達成者はフェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、谷佳知、小笠原道大、ホセ・フェルナンデス)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た王溢正

    3000塁打:2012年9月30日、対横浜DeNAベイスターズ23回戦(横浜スタジアム)、5回表に王溢正から左越3ラン ※史上51人目和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た青山浩二

    6月8日の対楽天戦(ナゴヤドーム)で9回裏1点ビハインドの場面で青山浩二から左中間への逆転サヨナラ2ラン本塁打を放った。このサヨナラ本塁打を受けて「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞」の年間大賞を獲得した。今季は2年ぶりに全試合出場を果たした。しかし全試合に出場したにも関わらず最終的に本塁打は9本に終わり、12年ぶりに二桁に届かなかった。しかし打率と打点は前年を上回り、打率.285、63打点を記録。得点圏打率.305はチームの規定打席到達者ではトップであった。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た芝草宇宙芝草 宇宙

    アレックス・カブレラの開幕出遅れで、6月まで4番を任された。打率.320、30本塁打、89打点の成績で、3年連続の3割30本80打点を達成。5月30日の対日本ハム戦(函館市千代台公園野球場)で芝草宇宙から本塁打を放ち、通算100本塁打を達成。この年からパ・リーグで開催されたプレーオフでは、第1ステージ第3戦(対日本ハム戦)で、横山道哉からサヨナラ本塁打を放ち、チームを勢い付ける。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た中日ドラゴンズ

    和田 一浩(わだ かずひろ、1972年6月19日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(外野手、捕手)。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た埼玉西武ライオンズ

    大学卒業後は社会人野球の神戸製鋼に入社。社会人通算.429の打率を残し、強打の捕手として1996年のドラフトで西武ライオンズから4位指名を受け入団。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た読売ジャイアンツ

    前年3割を打ったにも関わらず、「ぜんぜんダメでしょ。自己ベストより1本でも1厘でも1打点でも上にいきたい」と春季キャンプで打撃改造を行い、オープンスタンスの幅や足の上げ方を変えた。前年までの主砲のウッズ、中村紀洋が退団したため主砲として期待され4番に座る可能性もあったが、開幕はいつもの5番で出場し、開幕戦1試合2本塁打と最高のスタートを切った。4月25日の対巨人戦でプロ通算200号本塁打を西武時代の同僚豊田清から放った。5月12日の対ヤクルト戦では地元岐阜の長良川球場で初の本塁打を放ち故郷に錦を飾った。6月21日の対オリックス戦で平野佳寿から先制の満塁本塁打を放った打席で通算4000打数に到達し、通算打率にランクイン。この時点で川上哲治や落合博満をも上回る通算打率.315で、歴代6位・日本人右打者最高となった。6月には打率.415、6本塁打、15打点の成績で、2度目の月間MVPをチームメイトの川井雄太と共に受賞した(川井の投げる日は3試合連続本塁打、打率4割と相性が良かった)。交流戦では打率4割、7本塁打(ともに2位)と絶好調。7月15日には4年ぶりの20本塁打と自己最多ペースで本塁打を量産し、9月15日には10回表に永川勝浩から決勝の3試合連続本塁打を打った。打率.302で7度目の3割を記録し、29本塁打、87打点、出塁率.382と前年より大きく成績を上げ、打撃主要部門全てでリーグトップ10に入った。守備面でも元捕手の強肩かつ堅実な送球で12補殺を記録し、2年連続セ・リーグ最多補殺に輝いた。また、この年初めてシーズン全試合に出場(144試合)した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

130件中 31 - 40件表示

「和田一浩」のニューストピックワード