159件中 31 - 40件表示
  • 和田一浩

    和田一浩から見た中西圭三

    「ぱわわぷたいそう」中西圭三 (2006年 - 2007年)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た久保裕也 (野球)

    も、首位打者争いは青木宣親に敗れたもののの、最終的に打率.339、37本塁打(自己最多かつ、中日移籍後では唯一の30本塁打。また中日の日本人選手では本拠地をナゴヤドームに移転した1997年以降では、2006年の福留孝介以来2人目の30本塁打記録であり、日本人の年間球団記録でもある)、93打点とチーム三冠、自己最多本塁打の活躍でチームの4年ぶりの優勝に大きく貢献した。また前年に続き2年連続でシーズン全試合に出場した。クライマックスシリーズ第2ステージの巨人との試合では、第4戦に9回裏3-3の場面で久保裕也からサヨナラ安打を放ち、シリーズMVPに輝いた。日本シリーズでも第2戦・第4戦で猛打賞を記録。第7戦の9回裏、1点ビハインドの場面でロッテの守護神小林宏之から三塁打を放ち、次打者ブランコの一時は同点となる犠飛につなげるなど好調を保ち、7試合で29打数12安打1本塁打6打点と活躍。チームは2勝4敗1分で敗れたが、敢闘選手賞を受賞した。また、自身初となるシーズンMVP及び自身6度目・中日移籍後は初となるベストナイン(外野手部門)に選出された。11月24日の契約更改で、新たに3年総額12億円で契約を結んだ。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た久保康友

    1000打点:2014年4月15日、対横浜DeNAベイスターズ2回戦(ナゴヤドーム)、4回裏に久保康友から左前2点適時打 ※史上41人目和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た辻発彦

    さらににはシーズン打率.322で初の個人タイトルとなる首位打者を獲得。同時に153安打で最多安打のタイトルも獲得した。パ・リーグの右打者による首位打者獲得はの辻発彦(西武)以来12年ぶり。3月、WBC日本代表に選出されたが、尿管結石を発症するなど体調を崩し、1次リーグでの代打起用のみに終わった。同年シーズンでは打率.298で5年連続打率3割はならず、本塁打も19本に終わったものの、自己最多の95打点を記録した。また、チームメイトの赤田将吾と並んでリーグ最多補殺を記録。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たコルビー・ルイス

    マツダスタジアム初の本塁打:2009年4月10日、対広島東洋カープ1回戦、2回表にコルビー・ルイスから左越ソロ和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た吉田修司

    初盗塁:1998年8月1日、対福岡ダイエーホークス16回戦(福岡ドーム)、11回表に三盗(投手:吉田修司、捕手:内之倉隆志)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た細川亨

    9月8日の日本ハム戦で吉川光夫から安打を放ち、通算1000本安打を達成。前年より打率を上げてリーグ3位の打率.315を記録。本塁打はレギュラー定着後最低の18本、打点は前年の約半分の49(9月半ば頃まで打率.239の細川亨より打点が低かった)に終わった。同年に初取得したFA権を行使し、12月9日、中日ドラゴンズとの入団交渉を行い、地元の岐阜に最も近い球団という事もあり、本人曰く「幼いころからのあこがれの球団」である中日への移籍を数分で即決。3年契約を結び、背番号は西武時代と同じ「5」に決定した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た斉藤和巳

    初打点:1997年10月5日、対福岡ダイエーホークス26回戦(西武ライオンズ球場)、4回裏に斉藤和巳から和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た大沼幸二

    全球団から本塁打:2009年5月19日、対埼玉西武ライオンズ1回戦(県営大宮球場)、8回表に大沼幸二から左越決勝2ラン ※史上15人目和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たジャネット・ジャクソン

    「Trust A Try」ジャネット・ジャクソン (2008年 - 2009年)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

159件中 31 - 40件表示

「和田一浩」のニューストピックワード