159件中 71 - 80件表示
  • 和田一浩

    和田一浩から見た中日ドラゴンズ

    から4年連続で外野手部門でベストナインを受賞。その間は、5月30日の日本ハム戦(函館市千代台公園野球場)で芝草宇宙から本塁打を放ち、通算100本塁打を達成。同年からパ・リーグで開催されたプレーオフでは、日本ハムとの第1ステージ第3戦で横山道哉からサヨナラ本塁打を放った。さらに中日ドラゴンズとの日本シリーズでは、打率.310、4本塁打、6打点で12年ぶりの日本一に貢献し、優秀選手に選ばれ、2年前の汚名を返上する形となった。彩の国功労賞を受賞。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    に前年の成績低迷により、前監督の落合と二人三脚で改造したスクエアスタンスの打撃フォームをオープンスタンスぎみに修正した。同年6月8日の対楽天戦(ナゴヤドーム)で青山浩二から打った逆転サヨナラ2ラン本塁打を受けて「スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞」の年間大賞を獲得した。2年ぶりに全試合出場を果たしたものの、最終的に本塁打は9本に終わり、12年ぶりに二桁に届かなかった。は打率.275と前年を下回り、この年で2011年からの3年契約が満了し、11月6日の契約更改で8000万円減とプロ入り最大の減俸となった。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たビッグ・ベン

    愛称は同姓の演出家・和田勉にちなんだベンちゃん(ベン)、ビッグベンなど。ナゴヤドームの外野スタンドで掲げられている横断幕には「輝く男」という文字が入っていた。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たサンデースポーツ

    サンデースポーツ(2016年4月 - 、NHK総合) - 野球解説者和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たぱわわぷたいそう

    ぱわわぷたいそう」中西圭三 (2006年 - 2007年)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た日本選手権シリーズ

    日本シリーズ敢闘選手賞:1回 (2010年)和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た日本野球機構

    2015年9月12日に今シーズン限りで現役を引退することが中日新聞などより報道され、9月19日にナゴヤドーム内で正式に記者会見を開き、今季限りで現役を引退することを表明した。9月3日に落合ゼネラルマネージャー(GM)から来季の契約を行わない旨を明かされたという。9月24日の阪神戦で引退試合が行われ、2回に阪神先発の秋山拓巳から放った通算2050本目の安打が、現役生活最後の安打になった。その後、谷繁兼任監督の左前打で先制のホームを踏んだ。試合後はマウンド付近で、背番号と同じ5度ナインに胴上げされ、ナゴヤドームに惜別の拍手と歓声が響く中、4人の子供たちから花束を受け取った。11月30日付で、日本野球機構(NPB)から任意引退選手として公示された。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た岐阜県立岐阜商業高等学校

    岐阜県岐阜市出身。岐阜市立鷺山小学校3年次にスポーツ少年団に入り、岐阜市立青山中学校卒業を経て、県立岐阜商業高校では2年時に控え捕手として第61回選抜高等学校野球大会・第71回全国高等学校野球選手権大会に出場した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たタレント

    和田 一浩(わだ かずひろ、1972年6月19日 - )は、元プロ野球選手。野球解説者。タレント和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見たオリックス・バファローズ

    そこでは前年3割を打ったにも関わらず、。開幕戦1試合2本塁打と最高のスタートを切り、4月25日の巨人戦でプロ通算200号本塁打を西武時代の同僚豊田清から放った。5月12日の対ヤクルト戦で地元岐阜の長良川球場で初の本塁打を放ち故郷に錦を飾った。6月21日のオリックス戦で平野佳寿から先制の満塁本塁打を放った打席で通算4000打数に到達し、通算打率にランクイン。この時点で川上哲治や落合博満監督(当時)をも上回る通算打率.315で、歴代6位・日本人右打者最高となった。6月には打率.415、6本塁打、15打点の成績で、2度目の月間MVPをチームメイトの川井雄太と共に受賞した(川井の投げる日は3試合連続本塁打、打率4割と相性が良かった)。交流戦では打率4割、7本塁打(ともに2位)と絶好調。7月15日には4年ぶりの20本塁打と自己最多ペースで本塁打を量産し、9月15日には10回表に永川勝浩から決勝の3試合連続本塁打を打った。打率.302で7度目の3割を記録し、29本塁打、87打点、出塁率.382と前年より大きく成績を上げ、打撃主要部門全てでリーグトップ10に入った。守備面でも元捕手の強肩かつ堅実な送球で12補殺を記録し、2年連続セ・リーグ最多補殺に輝いた。また、この年初めてシーズン全試合に出場(144試合)した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

159件中 71 - 80件表示

「和田一浩」のニューストピックワード