141件中 11 - 20件表示
  • 平尾博嗣

    平尾博嗣から見た和田毅和田毅

    2006年、片岡易之が二塁手のレギュラーを獲得し、出場機会が減ってしまう苦しいシーズンとなったが、その粘り強いバッティングは健在で、得点圏打率は通常の打率をはるかに超える.290をマークした。左投手に強く、左投手が先発したときには江藤智とともにスタメン出場するのが恒例となった。プレーオフ第一ステージで左投手のソフトバンクの和田毅が先発したときも二人揃って起用された。毎年のように故障で二軍落ちを経験していたが、このシーズンは年間を通じて一軍登録され、自己最多の出場機会を得た。平尾博嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た和田毅和田毅

    ホワイトプラン「ホワイト・バット篇」「ホワイト・身長篇」(2007年1月 - 松中信彦、斉藤和巳、和田毅、と共演)川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た和田毅和田毅

    雨天の影響で一日延びた第3戦。舞台を甲子園球場に移し、阪神・トレイ・ムーアとダイエー・和田毅が先発。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た和田毅和田毅

    投手:00吉川輝昭、14馬原孝浩、17大場翔太、18新垣渚、19森福允彦、21和田毅、25ブライアン・ファルケンボーグ、28大隣憲司、34山田大樹、40藤岡好明、41岩嵜翔、47杉内俊哉、50攝津正、51金澤健人、54D.J.ホールトン、63藤田宗一、91陽耀勲、93ヤンシー・ブラゾバン2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 週刊和田毅 WATTI RADIO

    週刊和田毅 WATTI RADIOから見た和田毅和田毅

    タイトル名の通り、福岡ソフトバンクホークス投手・和田毅の冠番組である。雲海酒造がスポンサーとなっている。週刊和田毅 WATTI RADIO フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た和田毅和田毅

    第1戦とは逆に西武の打線が爆発した。1回表に2点を先制すると、2回表にも赤田将吾、フェルナンデスの適時打で3点を追加し、ダイエー先発の和田毅をKOした。さらに西武は6回表に和田一浩の満塁本塁打、7回に高木浩之の二点本塁打でダメ押し11-0とした。余裕の出来た西武は先発の松坂を6回で降板させた。ダイエーは7回裏に1点を返したのみにとどまった。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 環境メディアフォーラム

    環境メディアフォーラムから見た和田毅和田毅

    2008.12 日本プロ野球選手会ベースボールクリスマス・エコステージ(岡田真奈美、選手会 宮本慎也、三浦大輔、和田毅、小松聖])環境メディアフォーラム フレッシュアイペディアより)

  • 世界の子どもにワクチンを日本委員会

    世界の子どもにワクチンを日本委員会から見た和田毅和田毅

    和田毅(プロ野球福岡ソフトバンクホークス投手) - 2006年・2007年度の公共広告機構のCMに出演(自らも寄付を行っている)世界の子どもにワクチンを日本委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 木興拓哉

    木興拓哉から見た和田毅和田毅

    シーズンオフには同じ左腕である和田毅らと共に自主トレを行っており、尊敬するプロ野球選手にも和田の名前を挙げている。木興拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • 富樫和大

    富樫和大から見た和田毅和田毅

    新発田農業高校では加藤健(現:読売ジャイアンツ)とバッテリーを組んでおり、3年生の時に第70回選抜高等学校野球大会に出場し、豊田西高校に敗れ初戦敗退。第80回全国高等学校野球選手権大会にも出場し、初戦に浜田高校と対戦し、和田毅と投げあったが5?2で敗れ、春に続いて初戦敗退となった。富樫和大 フレッシュアイペディアより)

141件中 11 - 20件表示

「和田毅」のニューストピックワード