141件中 31 - 40件表示
  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た和田毅和田毅

    勝利投手:前田健(広島)、敗戦投手:和田(ソフトバンク)、セーブ:藤川球(阪神)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 田中大貴

    田中大貴から見た和田毅和田毅

    高校卒業後、慶應義塾大学環境情報学部へ進学。慶大時代も野球部に所属し、4年生となった2002年の東京六大学野球春季リーグで初めて一塁のレギュラーに定着、東大の浅岡知俊、明大の岡本篤志(現西武)、立大の多田野数人(現日本ハム)から計3本塁打を放ってホームラン王のタイトルホルダーとなった。そのほか青学大の石川雅規(現ヤクルト)、駒大の川岸強(現楽天)からもホームランを打っている。長田秀一郎(現西武)、湊川誠隆(元中日)は大学の同期。佐藤友亮(現西武)、山本省吾(現横浜)は大学の二つ先輩。大学の大先輩である高橋由伸を尊敬し、高橋に憧れ慶大野球部に入部した。大学4年次の慶早戦で和田毅(現ソフトバンク)に全く歯が立たなかったことから、プロ入りを断念。2010年1月、自身がMCを務めるすぽるとで和田を対談インタビューし、7年ぶりに和田と再会した。東京六大学リーグ通算22試合、3本塁打。田中大貴 フレッシュアイペディアより)

  • 雲海酒造

    雲海酒造から見た和田毅和田毅

    週刊和田毅 WATTI RADIO(福岡・KBCラジオで放送、パーソナリティは和田毅雲海酒造 フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・ランビン

    チェイス・ランビンから見た和田毅和田毅

    初打点:2009年5月1日、対福岡ソフトバンクホークス4回戦(福岡Yahoo!J APANドーム)、2回表に和田毅から中前適時打チェイス・ランビン フレッシュアイペディアより)

  • 三澤興一

    三澤興一から見た和田毅和田毅

    早稲田大学では1年生の春から登板し、織田淳哉の後を継いでエースとして活躍する。リーグ通算65試合登板31勝16敗、防御率2.10、402奪三振。1995年春季と1996年春季の2回ベストナインに選ばれる。東京六大学野球での奪三振数は、和田毅、江川卓に次いで第3位を誇る。三澤興一 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井順也

    酒井順也から見た和田毅和田毅

    矢上高校時代は二年夏の島根県大会決勝で浜田高校の和田毅に惜敗し、甲子園出場を逃した。当時は控え投手であった(三年夏はエースとして登板するも初戦敗退)。酒井順也 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た和田毅和田毅

    前日の大逆転勝ちで意気上がるソフトバンクの先発は和田毅、一方のロッテは小林宏。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • ヒラム・ボカチカ

    ヒラム・ボカチカから見た和田毅和田毅

    初盗塁:2008年5月13日、対福岡ソフトバンクホークス10回戦(サンマリンスタジアム宮崎)、3回表に二盗(投手:和田毅、捕手:山崎勝己)ヒラム・ボカチカ フレッシュアイペディアより)

  • 小川一夫

    小川一夫から見た和田毅和田毅

    引退後はスカウトへと転身。近年ではホークスのスカウト部長として杉内俊哉、和田毅、新垣渚、馬原孝浩といった2000年代ホークス投手陣の中心となった選手を獲得している。小川一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 東辰弥

    東辰弥から見た和田毅和田毅

    特待生として早稲田大学に進学。2年次には大学選手権準優勝を経験したが、故障が多く大学球界では活躍できなかった。のドラフト9巡目で阪神タイガースに入団。この指名は翌年の和田毅、翌々年の鳥谷敬らの獲得を睨んだ大学とのパイプ作りといわれている。東辰弥 フレッシュアイペディアより)

141件中 31 - 40件表示

「和田毅」のニューストピックワード