141件中 41 - 50件表示
  • 規定投球回

    規定投球回から見た和田毅和田毅

    2004年のアテネオリンピック及び2008年の北京オリンピックの際には野球競技にプロ野球選手を派遣したため、五輪派遣選手の規定投球回の算出基準となる試合数を所属球団の総試合数から派遣期間中の試合数を減じたものとする特別措置が設けられた。ただし、この措置で規定投球回到達を認められたのは2004年の和田毅(福岡ダイエーホークス、規定投球回133に対し128回1/3)のみである。規定投球回 フレッシュアイペディアより)

  • 大西宏明

    大西宏明から見た和田毅和田毅

    の開幕はベンチスタートだったが、坂口智隆の不振により1番・中堅に抜擢された。師匠である鈴木の命日であった5月17日の対ソフトバンク戦では、7回表の打席で鈴木の応援歌が演奏される中、和田毅から同点の2点適時打を放って逆転勝利に繋ぎ、チームのシーズン2度目の大型連敗を6で阻止した(大西は「鈴木さんが打たせてくれた」とコメントしている)。一時は4割を超える打率を残し、完全に不動の1番として定着したかに見えたが、6月に入ると大幅に調子を落とし、以後はほぼ左投手のときに出番が限定される。その後も調子はあがらず、9月に降格。再昇格した坂口が好調だったため、閉幕まで1軍に戻ることはなかった。結局、83試合に出場して打率.247、4本塁打と不本意な成績に終わる。対左投手の方が打率が低く、1番で多く起用されたにもかかわらず、得点圏打率こそ.389ながら、無走者からの出塁率が低いなど、ちぐはぐな1年であった。大西宏明 フレッシュアイペディアより)

  • マット・ラポータ

    マット・ラポータから見た和田毅和田毅

    7月8日にCC・サバシアとの交換要員の目玉として、マイナー3選手と共にクリーブランド・インディアンスへ移籍した。8月には北京オリンピックに米国代表として出場し、銅メダルを獲得した。日本との3位決定戦では、和田毅から本塁打を放っている。マット・ラポータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンスピリット賞

    ゴールデンスピリット賞から見た和田毅和田毅

    第8回(2006年):和田毅選手(福岡ソフトバンクホークス)ゴールデンスピリット賞 フレッシュアイペディアより)

  • 感動ファクトリー・すぽると!&ニュース

    感動ファクトリー・すぽると!&ニュースから見た和田毅和田毅

    仲根は本番組での取材を通じて知り合った福岡ソフトバンクホークスの和田毅投手と2005年12月に結婚した。感動ファクトリー・すぽると!&ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た和田毅和田毅

    ソ:○和田 (7回) - Hファルケンボーグ (1回) - S馬原 (1回)2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た和田毅和田毅

    (パ) 和田(ダ) ○張(西)、小林宏(ロ)、新垣(ダ)、S横山(日)?高橋(日)2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た和田毅和田毅

    11月20日14時より新高輪プリンスホテルで行われ、78選手の交渉権が確定した。いわゆる「松坂世代」の大学生が卒業する年度ということもあって有力選手が多く、投手は和田毅、新垣渚、木佐貫洋、永川勝浩など、野手は後藤武敏、村田修一などが上位指名を受けた。2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピック野球日本代表

    北京オリンピック野球日本代表から見た和田毅和田毅

    予選の韓国戦では先発した和田毅の交代のタイミングについて、星野自身が采配ミスだと認めた。北京オリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 永山勝

    永山勝から見た和田毅和田毅

    一軍登板のないままに退団。その後スカウトに転身。関西を中心とした大学野球界に深い人脈を持ち、山田秋親、和田毅、大隣憲司、巽真悟らの獲得に関わった。チーフスカウト、スカウト部部長補佐を歴任し、2010年11月1日よりスカウト部長。永山勝 フレッシュアイペディアより)

141件中 41 - 50件表示

「和田毅」のニューストピックワード