141件中 71 - 80件表示
  • キンキクレスコ

    キンキクレスコから見た和田毅和田毅

    和田毅(福岡ソフトバンクホークス)キンキクレスコ フレッシュアイペディアより)

  • 越智大祐

    越智大祐から見た和田毅和田毅

    今治市立菊間中学校では捕手だったが、新田高等学校時代に正捕手争いに敗れ、2年夏までは控え捕手。内野手を経て投手に転向した。卒業後は早稲田大学人間科学部へ進学。早稲田では和田毅や清水大輔に次ぐ投手として、1年春から2年秋まで無傷の11連勝、早大野球部史上初の「東京六大学リーグ4連覇」に貢献した。3年次には一時調子を落としたがすぐに復調し、秋には防御率1.01で最優秀防御率賞を受賞。大学時代の通算成績は43試合登板し15勝5敗、防御率2.61。投球回数(183回)を上回る205三振を奪った。越智大祐 フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀選手 (日本プロ野球)

    最優秀選手 (日本プロ野球)から見た和田毅和田毅

    2004?2006年のパ・リーグで「レギュラーシーズン最高勝率球団と『優勝チーム=日本シリーズ出場球団』が異なる可能性が生じる」プレーオフが実施されていた時期及び2007年から現在に至るCS制度において、レギュラーシーズン2位以下のチームがCSを勝ち抜いて日本シリーズ出場を果たしたケースで当該チームからMVPが選出された事例はない(パでは2004年松中信彦・2005年杉内俊哉と2年連続でシーズン最高勝率を達成しながら当時のプレーオフ制度_(日本プロ野球)により「優勝及び日本シリーズ出場を逃した」チームであるダイエー→ソフトバンクから選出された。07年以降の現行のCS制度では「レギュラーシーズン最高勝率球団=優勝チーム」と日本シリーズ出場チームが異なる可能性生じるが、それが異なったケースでは「レギュラーシーズン最高勝率=リーグ優勝チーム」ながら「CS敗退=日本シリーズ出場逃した」チームから2007年巨人小笠原道大・2010年ソフトバンク和田毅が選出)。最優秀選手 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 川原弘之

    川原弘之から見た和田毅和田毅

    は左ひじの違和感でキャンプ参加に遅れる。ファームでは前年と同じく8試合に登板して1勝1敗、防御率2.42、WHIP1.27の成績を残す。フレッシュオールスターでは右肩の炎症で出場を辞退した下沖勇樹に代わって出場し、プロ入り後自己最速の154km/hを記録した。オフにはプエルトリコのウィンターリーグに参加。7試合に先発し、1勝3敗、防御率4.78、WHIP1.82の成績を残した。2012年のキャンプの取材に来た工藤公康は「久々にモノが違うと思うサウスポーだった。素材は杉内、和田より上。恵まれた体格で肩肘の使い方がやわらかい。力の出し方ではなく力の抜き方を意識することで、2ケタ勝てる力は十分ある」と語っている。川原弘之 フレッシュアイペディアより)

  • 夢空間スポーツ

    夢空間スポーツから見た和田毅和田毅

    毅と渚の一週間(和田毅と新垣渚の近況を伝えるコーナー)……2003年のみ夢空間スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マシーアス

    ホセ・マシーアスから見た和田毅和田毅

    初本塁打:2006年4月6日、対福岡ソフトバンクホークス3回戦(東京ドーム)、3回裏に和田毅から左越ソロホセ・マシーアス フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た和田毅和田毅

    は開幕戦で9回裏1死の場面で、完投勝利目前の和田毅から同点ソロを放ち、チームの敗戦を救う働きも見せたが、シーズン序盤は不調で、更に胃腸炎のために5月12日に登録抹消。5月31日の対横浜戦で復帰し、緩やかに調子を上げていく。8月11日の対楽天戦で4番として出場し本塁打を放ち、プロ野球史上9人目となる全打順本塁打を達成した。すると、8月14日の西武戦から9月15日の楽天戦まで安打を放ち、球団史上初・パ・リーグでは歴代5位タイとなる26試合連続安打を記録した。9月16日の対ロッテ戦では無安打に終わったが、この試合で四球を選んだ事で連続試合出塁は継続され、10月5日の対西武戦まで43試合連続出塁を記録した。結局、9月は全25試合のうち、前述の16日の試合を除く24試合で、リーグ歴代4位タイの月間44安打を放ち、月間打率.436を記録して自身初の月間MVPを獲得した。最終的には打率もリーグ3位の打率.312を記録し、自身初の3割となった。しかしその一方で、得点圏打率は.280と低かった。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤武敏

    後藤武敏から見た和田毅和田毅

    4年秋の早大3回戦の9回に、早大先発の和田毅から三振を喫したが、これが和田のリーグ戦通算444個目の奪三振となり、六大学記録を献上した。後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た和田毅和田毅

    は2年ぶりに開幕投手を務め、楽天打線を4安打に抑えて無四球完封勝利を挙げた。しかし、次の試合以降は調子を崩し、5月21日の対阪神戦では8点リードながら5回表にいきなり5失点KOされるなど、試合中盤に突如大量失点を喫するケースが目立った。清川栄治投手コーチによれば、「完璧を求めるタイプで、打ち取り方にまでこだわる」という繊細さが裏目に出て、コースを狙いすぎて腕が振れなかったのが、6月までの不調の要因だったようである。だが、7月1日の対楽天戦でシーズン3度目の完封勝利を挙げると、続く7月8日の対西武戦でも完封勝利を挙げた。そして、7月14日の対ロッテ戦で、米田哲也以来球団史上45年ぶりの3試合連続完封を記録した。すると、7月に5戦全勝、8月にも5戦全勝を記録して、2ヶ月連続で月間MVPに選出され、9月20日の日本ハム戦まで13連勝を達成。好不調の波はあったものの、自己最多となる17勝(球団では1993年の野田浩司以来の記録)を挙げ、ソフトバンクの和田毅と最多勝を分け合った。また、初の200イニング、自己最多となる190奪三振、7完投6完封と好成績を収めた。オフの契約更改で1億5000万円(推定)でサインをし、チームでは投手で唯一の1億円プレイヤーとなった。3完封をあげた楽天戦、2完封をあげた西武戦はいずれも5勝ずつ、防御率1点台の好成績をあげた一方で、ロッテ戦は前半戦の不調時に何度もKOされた影響で2勝5敗、防御率6.18と苦闘した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 上重聡

    上重聡から見た和田毅和田毅

    しかし、大学3年ごろからアナウンサー志望の意思も表明し、そのためのセミナーに参加するなどしていた。また当時ひじの故障に悩まされ、4年時には主将を務めるもこの頃は思った球を投げられなくなっていた。プロ野球からも声がかかっていたが、自らその進路を断念。本人は、高校時代の甲子園出場時にインタビューを受けた経験がアナウンサーを目指すきっかけとなったと語っている。六大学リーグ戦通算30試合登板、9勝3敗、防御率2.31。同い年で早大野球部エースだった和田毅や法大野球部の主砲だった後藤武敏と共に六大学野球を盛り上げた。上重聡 フレッシュアイペディアより)

141件中 71 - 80件表示

「和田毅」のニューストピックワード