164件中 91 - 100件表示
  • 和田毅

    和田毅から見た昭和建設

    昭和建設 「家族だんらんの家」和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た大阪近鉄バファローズ

    初登板・初先発登板:2003年4月1日、対大阪近鉄バファローズ2回戦(大阪ドーム)、6回2/3を5失点で敗戦投手和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たオクタゴン・ワールドワイド

    11月30日にはこの年取得した海外FA権行使の申請を行った。会見ではメジャーリーグ全球団から先発として投げられることを優先して移籍先を探したいと述べ、アラン・ニーロを代理人とした。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た福岡ドーム

    ドラフトでは自由獲得枠で福岡ダイエーホークスに入団。背番号は21。入団の理由に、秋山幸二の引退試合での、福岡のファンの温かさへの感動を挙げている。また、実際に福岡ドームに試合を観戦しに行き、熱い声援が早慶戦に似ていたことも挙げている。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た出雲市

    和田 毅(わだ つよし、1981年2月21日 - )は、島根県出雲市出身のプロ野球選手(投手)。福岡ソフトバンクホークスに所属。左投左打。夫人は元グラビアアイドルで元タレントの仲根かすみ。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たロースター (MLB)

    'はスプリングトレーニングに招待選手として参加したが、1先発を含む3試合の登板で7失点を喫した。3月23日に自由契約となり、翌24日に契約内容を変更したマイナー契約でカブスと再契約し、AAA級アイオワ・カブスで開幕を迎えた。開幕から2試合に先発し、13回1/3で7安打1失点の成績で、4月14日にはパシフィック・コーストリーグ4月第1週の週間MVPを受賞した。6月22日にメジャー契約となり40人枠入りした。ダブルヘッダー限定ルールにより即昇降格が可能な26人目のアクティブ・ロースターの補充選手として、7月8日にメジャー昇格し、同日のダブルヘッダー2試合目となったシンシナティ・レッズ戦に先発起用されメジャーデビュー。5回を投げ5安打、自責点なしの投球を見せたが、後続の投手が逆転され勝敗はつかなかった。7月9日にAAA級アイオワへ降格した。7月23日にメジャーへ再昇格。同日のサンディエゴ・パドレス戦に先発したが、4回を5安打5失点4四球の乱調でメジャー初黒星を喫した。7月28日のコロラド・ロッキーズ戦では7回1失点でメジャー初勝利を挙げた。その後は先発ローテーションに定着。この年は13試合に登板し、4勝4敗、防御率3.25だった。オフの11月3日にカブスと年俸400万ドル+出来高の1年契約に合意。翌シーズンから背番号を67から18'へ変更することも発表した。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た速球

    フォロースルーに入ってからも踏み出した足の膝を閉じる安定した下半身を持っている。球の出所が分かりにくいオーバースローから平均球速約139km/h、最速148km/hのストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブ、ツーシームを投げ分ける。スライダーは横変化だけでなく縦変化のものも駆使し、2010年までは被打率1割台を記録するフォークも交えていた。NPBでの通算与四球率2.41とボールをストライクゾーンに集める制球力がある一方で逆球も多く、やや球質が軽く本塁打を浴びやすい。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たベストナイン (日本プロ野球)

    ''4月8日の千葉ロッテマリーンズ戦で自己最多である15奪三振(9回1失点完投勝利)を記録。6月12日の読売ジャイアンツ戦で交流戦最多の通算18勝目を挙げる。6月26日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で3年ぶりの10勝を挙げ、オールスターには監督推薦で選出されて6年ぶり3度目の出場となった。9月8日の楽天戦で自己最多更新の15勝目を挙げた。ロッテ戦では24イニング無失点を記録。9月23日のロッテ戦で17勝目を挙げ、新人王以来となるタイトル、自身初の最多勝を獲得しチームの7年ぶりの優勝に大きく貢献。初のMVP・ベストナインにも選出された。この年はチームメイトの杉内俊哉も16勝を挙げ、の中日の今中慎二、山本昌(共に17勝)以来17年ぶり、パ・リーグではの大毎オリオンズの小野正一(22勝)、荒巻淳(17勝)以来51年ぶり、球団としては南海時代のの中谷信夫(21勝)、柚木進(19勝)して以来62年ぶりとなる同一チームの左腕2投手での15勝以上を記録。リーグ優勝を決めた最終戦では監督の秋山幸二、主将の小久保裕紀、選手会長の川?宗則、そして杉内に続いて胴上げをされた。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た大阪ドーム

    シーズンオフの10月8日には日米野球2014の追加メンバーとして発表され、京セラドーム大阪での第2戦と沖縄セルラースタジアム那覇での親善試合で中継ぎ登板した。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム優秀選手賞:2回 (2003年第1戦、2004年第2戦)和田毅 フレッシュアイペディアより)

164件中 91 - 100件表示

「和田毅」のニューストピックワード