119件中 91 - 100件表示
  • 和田毅

    和田毅から見た千葉マリンスタジアム

    初完投勝利・初完封勝利:2003年4月16日、対千葉ロッテマリーンズ6回戦(千葉マリンスタジアム和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た速球

    ボールの出所が見えにくい独特のフォームから最速148km/hのストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブを投げ分ける。スライダーは横変化だけでなく縦変化のものも駆使し、2010年までは被打率1割台を記録するフォークも交えていた。日本での通算与四球率2.46とストライクゾーンに集める能力はある一方で逆球も多く、やや球質が軽く本塁打を浴びやすい。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た豊田大谷高等学校

    1991年(平成3年)、父の故郷島根県出雲市へ転居。父も大学時代日体大で活躍し、首都大学野球連盟リーグの首位打者1度・ベストナインに2度選出されている。実の弟は立教大学で活躍した。高校時代浜田高校のエースとして、1997年度の全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商と対戦。9回同点から満塁策をとるが、続く打者石川にも四球を与えてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌1998年(平成10年)度の全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。この前年の秋に上腕三頭筋を断裂していることもあり、この当時は120km/h程度しか出ていなかったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た大阪ドーム

    初登板・初先発:2003年4月1日、対大阪近鉄バファローズ2回戦(大阪ドーム)、6回2/3を5失点で敗戦投手和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た世界の子どもにワクチンを日本委員会

    2005年から投球数×10本(勝利投手で20本加算、完封で30本加算)のワクチンを特定非営利活動法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」を通じて寄付している。2006年からはACジャパンのワクチン支援キャンペーンに選ばれ、2008年までCMが放送されていた(CMコピーは「僕は、続ける」)。これにより、2005・06年の2年間で10万本以上のワクチンを寄付している。この活動を評価され、第8回(2006年)ゴールデンスピリット賞を受賞した。JCV代表の細川佳代子は和田の活動に「寄付の革命を起こした」と高く評価している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た東北福祉大学

    同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で木佐貫洋・永川勝浩擁する亜大に敗れ、明治神宮野球大会でも準決勝で東北福祉大に敗れ日本一は果たせなかった。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たでんでん太鼓

    日本での通算奪三振率8.27と奪三振が多く、「自分の生命線はストレート」と語っている。平均球速は約137km/hだが、ストレートには打者の手元でのノビがあり、球持ちが長くボールの初速と球速の差が小さい。ボールの回転数もプロの平均値を大きく上回るが、本人は回転をかけようという意識はないと言い、「体幹がでんでん太鼓のようにグッと回れば、自動的に腕が振られてボールが腕から離れていく」というイメージを持っているため、手先の部分は「ボールを軽く持つ」くらいの意識しかないという。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見たアテネオリンピック (2004年) における野球競技

    アテネオリンピックに選出され銅メダル獲得に貢献。シーズンでは「2年目のジンクス」がないと言われていたが、相次ぐケガに悩まされ10勝6敗、防御率4.35と不本意な成績となった。それでも、被打率はリーグ最低の.228だった。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た江南市

    野球を始めたのは、1987年(昭和62年)、江南市立藤里小学校1年のとき、地元の「江南団地野球」に入ったのがきっかけ。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た2003年の日本シリーズ

    、新人離れした投球術で1年目から先発ローテーションの一角を担い、優勝に貢献。14勝(5敗)を挙げ、新人王を満票で獲得。阪神タイガースとの日本シリーズでは3勝3敗で迎えた第7戦に先発し、史上初めて新人で完投し、日本一の胴上げ投手となった。年末のアジア野球選手権には出場。和田毅 フレッシュアイペディアより)

119件中 91 - 100件表示

「和田毅」のニューストピックワード